角田夏実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
世界柔道選手権
2017 ブダペスト 52kg級
グランドスラム
2016 東京 52kg級
2017 パリ 52kg級

角田 夏実(つのだ なつみ、1992年8月6日 - )は、千葉県八千代市出身の、日本柔道選手である。階級は52kg級。身長161cm。握力は右32kg、左34kg。バスト93cm。リーチ166cm。血液型はA型。組み手は左組み。得意技は内股寝技(とりわけ関節技)[1][2][3]

経歴[編集]

小学校2年の時に接骨院を経営する父親の影響により、八千代警察署で柔道を始めた。その後、河野道場でも稽古を積んだ[2][3]八千代松陰中学2年の時に全国中学校柔道大会の44kg級に出場するが初戦で開始早々一本背負投で敗れた。この敗戦がきっかけで近所の八千代高校でも稽古に勤しむことになった。そのうち全国大会常連の八千代高校へ進みたいと思うようになり、3年の時には勝田台中学へ転向した[2][3]。望み通り八千代高校へ進むと、2年の時にインターハイ52kg級準決勝で南筑高校3年の谷本和に技ありで敗れるも3位となった[1]高校選手権では5位だった。3年の時にはインターハイでも5位にとどまった[1]。これ以上柔道を続けたくなかったので、ケーキ屋になるための専門学校に進むことも考えたが、顧問に叱責されたこともあって柔道の強化を始め出した東京学芸大学へ進学することになった[2][3]

大学では柔道のみならずサンボ柔術の試合にも出ていた卒業生の影響で、関節技を始めとした寝技に重点を置くこととなった[3]。3年の時には学生体重別の決勝で龍谷大学2年の田中千暁を得意の腕挫十字固で破って優勝を飾った。東京学芸大学出身者として初めてのチャンピンともなった[4]国体成年女子の部でも千葉県チームの優勝に貢献した[1]講道館杯では5位だった[1]。4年の時には国体成年女子の部で2連覇を飾った[5]

2015年には了徳寺学園の職員となると、2016年の実業個人選手権では決勝でコマツ橋本優貴に合技で敗れて2位だった[6]。講道館杯では3回戦で橋本を破るなどして決勝まで進むと、福岡大学2年の立川莉奈を指導2で破って初優勝を飾った[7]。12月のグランドスラム・東京では決勝まで進むと、夙川学院高校1年の阿部詩を腕挫十字固で破ってIJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った[8]。2017年2月のグランドスラム・パリでは決勝まで進むも、オリンピックチャンピオンであるコソボのマイリンダ・ケルメンディに技ありで敗れたものの、「自分の柔道を出せば(世界で)通用するという希望も持てた」と前向きのコメントを発した[9]。4月の体重別では決勝で同じ所属の1年後輩である志々目愛GSに入った直後に大外刈で技ありを取られて2位に終わったが、世界選手権代表に選出された[10][11]。8月の世界選手権では準々決勝でブラジルのエリカ・ミランダをGSに入ってから巴投げで破るなどオール一本勝ちで準決勝まで進むと、イスラエルのギリ・コーヘンから技あり2つを取って快勝するが、決勝ではケルメンディを破った志々目と同門対決になると、指導2を先取しながら内股で逆転負けを喫して2位だった[12]。12月のグランドスラム・東京では準々決勝でフランスのアマンディーヌ・ブシャールに技ありを2つ取られて敗れると、敗者復活戦でも志々目に敗れて7位に終わった[13]。続くワールドマスターズでは準々決勝でブラジルのジェシカ・ペレイラに指導2で敗れるなどしてまたも7位だった[14]

IJF世界ランキングは2600ポイント獲得で5位(18/2/5現在)[15]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]