2015年世界柔道選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2015年世界柔道選手権大会(第33回世界柔道選手権大会)は、2015年8月24日30日カザフスタンアスタナアラウ・アイスパレスで開催された柔道の世界選手権[1]。無差別を除いた男女7階級の個人戦と男女の団体戦が実施された。カザフスタンでは初めての世界選手権開催となる。当初はブラジルのサンパウロで開催される予定だったが、2013年9月にカザフスタンのアスタナに変更となった[2]

大会概要[編集]

正式名称 世界柔道選手権2015アスタナ大会

英語: 2015 World Judo Championships ASTANA

開催場所 アラウ・アイスパレス
主催 国際柔道連盟
開催日程 8月24日 男子60kg級、女子48kg級
25日 男子66kg級、女子52kg級
26日 男子73kg級、女子57kg級
27日 男子81kg級、女子63kg級
28日 男子90kg級、女子70kg級 78kg級
29日 男子100kg級 100kg超級、女子78kg超級
30日 男子団体戦、女子団体戦

大会結果[編集]

男子[編集]

階級
60kg以下級 カザフスタンの旗 エルドス・スメトフ カザフスタンの旗 ルスタム・イブラエフ 日本の旗 志々目徹
大韓民国の旗 金源鎮
66kg以下級 大韓民国の旗 アン・バウル ロシアの旗 ミハイル・プリャエフ ウズベキスタンの旗 リショド・ソビロフ
イスラエルの旗 ゴラン・ポラック
73kg以下級 日本の旗 大野将平 日本の旗 中矢力 モンゴルの旗 サインジャルカル・ニャムオチル
大韓民国の旗 安昌林
81kg以下級 日本の旗 永瀬貴規 フランスの旗 ロイク・ピエトリ カナダの旗 アントワーヌ・ヴァロア=フォルティエ
ブラジルの旗 ビクトル・ペナルベル
90kg以下級 大韓民国の旗 郭同韓 ロシアの旗 キリル・デニソフ 日本の旗 ベイカー茉秋
ジョージア (国)の旗 ヴァルラーム・リパルテリアニ
100kg以下級 日本の旗 羽賀龍之介 ドイツの旗 カール=リヒャルト・フライ ドイツの旗 ディミトリ・ペータース
ベルギーの旗 トマ・ニキフォロフ
100kg超級 フランスの旗 テディ・リネール 日本の旗 七戸龍 ジョージア (国)の旗 アダム・オクルアシビリ
ウクライナの旗 ヤキフ・ハンモ

女子[編集]

階級
48kg以下級 アルゼンチンの旗 パウラ・パレト 日本の旗 浅見八瑠奈 日本の旗 近藤亜美
大韓民国の旗 鄭普涇
52kg以下級 日本の旗 中村美里 ルーマニアの旗 アンドレア・キトゥ ブラジルの旗 エリカ・ミランダ
ベラルーシの旗 ダリヤ・スクリプニク
57kg以下級 日本の旗 松本薫 ルーマニアの旗 コリーナ・カプリオリウ モンゴルの旗 ドルジスレン・スミヤ
フランスの旗 オトーヌ・パヴィア
63kg以下級 スロベニアの旗 ティナ・トルステニャク フランスの旗 クラリス・アグベニュー 日本の旗 田代未来
モンゴルの旗 ツェデブスレン・ムンフザヤ
70kg以下級 フランスの旗 ジブリズ・エマヌ スペインの旗 マリア・ベルナベウ コロンビアの旗 ジュリ・アルベアル
フランスの旗 ファニー=エステル・ポスビト
78kg以下級 日本の旗 梅木真美 スロベニアの旗 アナマリ・ベレンシェク オランダの旗 マリンド・フェルケルク
ドイツの旗 ルイーゼ・マルツァン
78kg超級 中華人民共和国の旗 于頌 日本の旗 田知本愛 日本の旗 山部佳苗
キューバの旗 イダリス・オルティス

国別団体戦[編集]

男子[編集]

優勝 2位 3位 3位
日本の旗 日本
海老沼匡
高市賢悟
中矢力
大野将平
永瀬貴規
丸山剛毅
吉田優也
王子谷剛志
大韓民国の旗 韓国
アン・バウル
安昌林
イ・スンス
郭同韓
金成民
ジョージア (国)の旗 ジョージア
バジャ・マルゲベラシビリ
ラシャ・シャフダトゥアシビリ
ヌグザリ・タタラシビリ
ベカ・グビニアシビリ
ヴァルラーム・リパルテリアニ
モンゴルの旗 モンゴル
ダワードルジ・トゥムルフレグ
サインジャルカル・ニャムオチル
オトゥゴンバータル・ウーガンバータル
ルハグバスレン・オトゥゴンバータル
ナイダン・ツブシンバヤル

女子[編集]

優勝 2位 3位 3位
日本の旗 日本
中村美里
山本杏
田代未来
新井千鶴
ヌンイラ華蓮
山部佳苗
ポーランドの旗 ポーランド
カロリナ・ピエンコフスカ
アルレタ・ポドラック
アナ・ボロフスカ
キャサリン・クライス
ダリア・ポゴルゼレツ
ドイツの旗 ドイツ
マリーン・クラー
ミリアム・ローパー
マルティナ・トライドス
スツァンドラ・ディートリッヒ
ジャスミン・キュルプス
ロシアの旗 ロシア
ユリア・リジョワ
イリーナ・ザブルディナ
エカテリーナ・バルコワ
ヤナ・クリウコワ
アレクサンドラ・バビンツェワ

メダル獲得数の国別一覧[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 8 4 5 17
2 フランスの旗 フランス 2 2 2 6
3 大韓民国の旗 韓国 2 1 3 6
4  カザフスタン 1 1 0 2
スロベニアの旗 スロベニア 1 1 0 2
6 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1 0 0 1
中華人民共和国の旗 中国 1 0 0 1
8 ロシアの旗 ロシア 0 2 1 3
9  ルーマニア 0 2 0 2
10 ドイツの旗 ドイツ 0 1 3 4
11 ポーランドの旗 ポーランド 0 1 0 1
スペインの旗 スペイン 0 1 0 1
13 モンゴルの旗 モンゴル 0 0 4 4
14 ジョージア (国)の旗 ジョージア 0 0 3 3
15 ブラジルの旗 ブラジル 0 0 2 2
16  ベルギー 0 0 1 1
 ベラルーシ 0 0 1 1
カナダの旗 カナダ 0 0 1 1
 コロンビア 0 0 1 1
 キューバ 0 0 1 1
イスラエルの旗 イスラエル 0 0 1 1
オランダの旗 オランダ 0 0 1 1
 ウクライナ 0 0 1 1
 ウズベキスタン 0 0 1 1
Total 16 16 32 64

優勝者の世界ランキング[編集]

男子[編集]

60kg級   カザフスタン エルドス・スメトフ  9位
66kg級  大韓民国の旗 韓国 アン・バウル  20位
73kg級  日本の旗 日本 大野将平  10位
81kg級  日本の旗 日本 永瀬貴規  5位
90kg級  大韓民国の旗 韓国 郭同韓  5位
100kg級  日本の旗 日本 羽賀龍之介  25位
100kg超級  フランスの旗 フランス テディ・リネール  1位

女子[編集]

48kg級  アルゼンチンの旗 アルゼンチン パウラ・パレト 2位
52kg級  日本の旗 日本 中村美里  18位
57kg級  日本の旗 日本 松本薫  16位
63kg級  スロベニアの旗 スロベニア ティナ・トルステニャク  1位
70kg級  フランスの旗 フランス ジブリズ・エマヌ  7位
78kg級  日本の旗 日本 梅木真美  17位
78kg超級  中華人民共和国の旗 中国 于頌  1位

(出典[3]JudoInside.com)。

世界ランキング1位の成績[編集]

男子[編集]

60kg級  アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン オルハン・サファロフ  不出場
66kg級   ウクライナ ゲオルグリー・ザンタラヤ  初戦敗退
73kg級  アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン ルスタム・オルジョフ  不出場
81kg級  ジョージア (国)の旗 ジョージア アブタンディル・チリキシビリ  5位
90kg級   ハンガリー トート・クリスティアーン  7位
100kg級   チェコ ルカシュ・クルパレク  5位
100kg超級  フランスの旗 フランス テディ・リネール  金メダル

女子[編集]

48kg級  モンゴルの旗 モンゴル ムンフバット・ウランツェツェグ 3回戦敗退
52kg級   ルーマニア アンドレア・キトゥ  銀メダル
57kg級   ルーマニア コリーナ・カプリオリウ  銀メダル
63kg級  スロベニアの旗 スロベニア ティナ・トルステニャク  金メダル
70kg級  オランダの旗 オランダ キム・ポリング  7位
78kg級  アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ケイラ・ハリソン  3回戦敗退
78kg超級  中華人民共和国の旗 中国 于頌  金メダル

(出典[3]JudoInside.com)。

日本人選手の成績[編集]

男子[編集]

60kg級   志々目徹  銅メダル
66kg級   海老沼匡  3回戦敗退
66kg級   高市賢悟  初戦敗退
73kg級   大野将平  金メダル
73kg級   中矢力  銀メダル
81kg級   永瀬貴規  金メダル
90kg級   ベイカー茉秋  銅メダル
100kg級   羽賀龍之介  金メダル
100kg超級   七戸龍  銀メダル

女子[編集]

48kg級   浅見八瑠奈  銀メダル
48kg級   近藤亜美  銅メダル
52kg級   中村美里  金メダル
57kg級   松本薫  金メダル
63kg級   田代未来  銅メダル
70kg級   新井千鶴  5位
78kg級   梅木真美  金メダル
78kg超級   田知本愛  銀メダル
78kg超級   山部佳苗  銅メダル

(出典[3]JudoInside.com)。

賞金[編集]

なお、今大会ではメダリストの他にそのコーチにも賞金が支給されることになった。個人戦の優勝者には7200ドル、そのコーチに1800ドル、2位に4800ドル、そのコーチに1200ドル、3位に2400ドル、そのコーチに600ドル。団体戦の優勝チームには4万ドル、そのコーチに1万ドル、2位に2万4千ドル、そのコーチに6000ドル、3位に8000ドル、そのコーチに2000ドル[4]

日本での放送[編集]

今大会はフジテレビ系列で放送された。解説を穴井隆将佐藤愛子、実況を鈴木芳彦福永一茂、リポーターを三四六が担当した[5][6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]