2009年世界柔道選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2009年世界柔道選手権大会は、オランダロッテルダムアホイ競技場2009年8月26日から30日の日程で開催された第27回世界柔道選手権大会である。

日程[編集]

  • 26日 - 男子60kg級、66kg級、女子48kg級
  • 27日 - 男子73kg級、女子52kg級、57kg級
  • 28日 - 男子81kg級、女子63kg級
  • 29日 - 男子90kg級、女子70kg級、78kg級
  • 30日 - 男子100kg級、100kg超級、女子78kg超級

メダリスト[編集]

男子[編集]

階級
60kg以下級 ウクライナの旗 ゲオルグリー・ザンタラヤ 日本の旗 平岡拓晃 アルメニアの旗 ホヴァネス・ダフチャン
イタリアの旗 エリオ・ヴェルデ
66kg以下級 モンゴルの旗 ハシュバータル・ツァガンバータル スペインの旗 スゴイ・ウリアルテ ハンガリーの旗 ミクローシュ・ウングバリ
大韓民国の旗 安正煥
73kg以下級 大韓民国の旗 王己春 朝鮮民主主義人民共和国の旗 キム・チョルス ベルギーの旗 ディルク・バンティヘルト
ロシアの旗 マンスール・イサエフ
81kg以下級 ロシアの旗 イワン・ニフォントフ ベラルーシの旗 シャルヘイ・シュンジカウ ドイツの旗 オーレ・ビショフ
大韓民国の旗 金宰範
90kg以下級 大韓民国の旗 李奎遠 ロシアの旗 キリル・デニソフ エジプトの旗 ヘシャム・メシバ
ウズベキスタンの旗 ディルショド・チョリエフ
100kg以下級 カザフスタンの旗 マクシム・ラコフ オランダの旗 ヘンク・フロル エジプトの旗 ラマダン・ダルヴィッシュ
日本の旗 穴井隆将
100kg超級 フランスの旗 テディ・リネール キューバの旗 オスカル・ブライソン ウズベキスタンの旗 アブドゥロ・タングリエフ
リトアニアの旗 マリウス・パスケヴィシャス

女子[編集]

階級
48kg以下級 日本の旗 福見友子 スペインの旗 オイアナ・ブランコ 大韓民国の旗 鄭貞娟
フランスの旗 フレデリク・ジョシネ
52kg以下級 日本の旗 中村美里 キューバの旗 ヤネト・ベルモイ スペインの旗 アナ・カラスコサ
ドイツの旗 ロミー・タラングル
57kg以下級 フランスの旗 モルガネ・リボー ポルトガルの旗 テルマ・モンテイロ アゼルバイジャンの旗 キファヤト・ガシモワ
ハンガリーの旗 ヘドヴィグ・カラカス
63kg以下級 日本の旗 上野順恵 オランダの旗 エリザベト・ウィルボーダス ドイツの旗 クラウディア・マルツァン
イスラエルの旗 アリス・シュレジンガー
70kg以下級 コロンビアの旗 ジュリ・アルベアル ハンガリーの旗 アネット・メサロシュ 日本の旗 渡邉美奈
チュニジアの旗 ホウダ・ミレド
78kg以下級 オランダの旗 マリンド・フェルケルク ウクライナの旗 マリーナ・プリスチェパ ドイツの旗 ハイデ・ウォラート
中華人民共和国の旗 孫芸
78kg超級 中華人民共和国の旗 佟文[1] イギリスの旗 カリーナ・ブライアント キューバの旗 イダリス・オルティス
日本の旗 塚田真希

各国メダル数[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 3 1 3 7
2 大韓民国の旗 韓国 2 0 3 5
3 フランスの旗 フランス 2 0 1 3
4 オランダの旗 オランダ 1 2 0 3
5 ロシアの旗 ロシア 1 1 1 3
6  ウクライナ 1 1 0 2
7 中華人民共和国の旗 中国 1 0 1 2
8  コロンビア 1 0 0 1
8 モンゴルの旗 モンゴル 1 0 0 1
8  カザフスタン 1 0 0 1
11  キューバ 0 2 1 3
11 スペインの旗 スペイン 0 2 1 3
13  ハンガリー 0 1 2 3
14 ポルトガルの旗 ポルトガル 0 1 0 1
14 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 0 1 0 1
14 イギリスの旗 イギリス 0 1 0 1
14  ベラルーシ 0 1 0 1
18 ドイツの旗 ドイツ 0 0 4 4
19  ウズベキスタン 0 0 2 2
19  エジプト 0 0 2 2
21 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 0 0 1 1
21  ベルギー 0 0 1 1
21 イスラエルの旗 イスラエル 0 0 1 1
21  リトアニア 0 0 1 1
21 イタリアの旗 イタリア 0 0 1 1
21 チュニジアの旗 チュニジア 0 0 1 1
21 アルメニアの旗 アルメニア 0 0 1 1
Total 14 14 28 56

優勝者の世界ランキング[編集]

男子[編集]

60kg級   ウクライナ ゲオルグリー・ザンタラヤ  12位
66kg級  モンゴルの旗 モンゴル ハシュバータル・ツァガンバータル  1位
73kg級  大韓民国の旗 韓国 王己春 2位
81kg級  ロシアの旗 ロシア イワン・ニフォントフ 1位
90kg級  大韓民国の旗 韓国 李奎遠  34位
100kg級   カザフスタン マクシム・ラコフ  15位
100kg超級  フランスの旗 フランス テディ・リネール  9位

女子[編集]

48kg級  日本の旗 日本 福見友子 2位
52kg級  日本の旗 日本 中村美里  2位
57kg級  フランスの旗 フランス モルガネ・リボー  7位
63kg級  日本の旗 日本 上野順恵  1位
70kg級   コロンビア ジュリ・アルベアル  7位
78kg級  オランダの旗 オランダ マリンド・フェルケルク  14位
78kg超級  中華人民共和国の旗 中国 トウ文  6位

(出典[2]JudoInside.com)。


世界ランキング1位の成績[編集]

男子[編集]

60kg級   オーストリア ルートウィヒ・パイシャー  初戦敗退
66kg級  モンゴルの旗 モンゴル ハシュバータル・ツァガンバータル  金メダル
73kg級   ベルギー ディルク・バンティヘルト  銅メダル
81kg級  ロシアの旗 ロシア イワン・ニフォントフ 金メダル
90kg級   ベラルーシ アンドレイ・カズショナク  3回戦敗退
100kg級  ブラジルの旗 ブラジル ルシアーノ・コヘア  3回戦敗退
100kg超級  ロシアの旗 ロシア アレクサンドル・ミハイリン  初戦敗退

女子[編集]

48kg級  フランスの旗 フランス フレデリク・ジョシネ 銅メダル
52kg級  ロシアの旗 ロシア ナタリア・クジュティナ  初戦敗退
57kg級  ポルトガルの旗 ポルトガル テルマ・モンテイロ  銀メダル
63kg級  日本の旗 日本 上野順恵  金メダル
70kg級  フランスの旗 フランス リュシ・ドコス  2回戦敗退
78kg級  フランスの旗 フランス セリーヌ・ルブラン  5位
78kg超級  ロシアの旗 ロシア エレナ・イワシェンコ  不出場

(出典[2]JudoInside.com)。

日本人選手の成績[編集]

男子[編集]

60kg級   平岡拓晃  銀メダル
66kg級   内柴正人  3回戦敗退
73kg級   大束正彦  1回戦敗退
81kg級   塘内将彦  3回戦敗退
90kg級   小野卓志  3回戦敗退
100kg級   穴井隆将  銅メダル
100kg超級   棟田康幸  3回戦敗退

女子[編集]

48kg級   福見友子  金メダル
52kg級   中村美里  金メダル
57kg級   松本薫  5位
63kg級   上野順恵  金メダル
70kg級   渡邊美奈  銅メダル
78kg級   中沢さえ  1回戦敗退
78kg超級   塚田真希  銅メダル

(出典[2]JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ 中国の佟文が、試合後のドーピング違反が発覚したことで失格したために一度は金メダルが剥奪されたものの、それを不服としてCASに提訴していた佟文の訴えが認められたため、金メダリストとして復権することとなった。
  2. ^ a b c judobase.org

外部リンク[編集]