ナタリア・クジュティナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
ロシアの旗 ロシア
女子 柔道
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 52kg級
世界柔道選手権
2010 東京 52kg級
2014 チェリャビンスク 52kg級
2017 ブダペスト 52kg級

ナタリア・クジュティナ(Nataliya Yuryevna Kuzyutina 1989年5月1日- )はロシアブリャンスク出身の柔道選手[1]。階級は52kg級。身長159cm[2][3]

人物[編集]

柔道は11歳の時に始めた[1]。2009年にはグランドスラム・パリヨーロッパ選手権で優勝したものの、世界選手権では初戦でモンゴルのムンフバータル・ブンドゥマーに有効で敗れた[3]。2010年にはヨーロッパ選手権を2連覇して世界選手権に出場すると、準決勝で西田優香小内刈の有効で敗れるが3位となった[3]。2011年の世界選手権では準々決勝で中村美里と対戦して、背負投からの上四方固で敗れたが、この際に左手首を負傷してその後の敗者復活戦は棄権することとなり、7位にとどまった[3]。2012年にはグランプリ・デュッセルドルフで決勝まで進むものの、橋本優貴大外刈で一本負けを喫した[3]ヨーロッパ選手権では決勝でルーマニアのアンドレア・キトゥに敗れて2位だった[3]。7月のロンドンオリンピックでは初戦で敗れた[2]。2014年に地元ロシアで開催された世界選手権では準決勝でコソボのマイリンダ・ケルメンディに敗れるが3位となった[4]。2015年のワールドマスターズでは優勝するが、ヨーロッパ競技大会では3位だった[3]世界選手権では7位に終わった[3]。2016年のワールドマスターズでは決勝で中村に横四方固で敗れた[5]リオデジャネイロオリンピックでは準々決勝で中村に腕挫腕固で敗れるも、その後の敗者復活戦を勝ち上がって銅メダルを獲得した[6]。2017年の世界選手権では準々決勝で志々目愛に技ありで敗れるも3位となった[7]。地元で開催されたワールドマスターズでは優勝した[2]。2018年のヨーロッパ選手権では優勝した[3]

2008年以来、ウラジーミル・プーチンが名誉会長を務めるヤワラ・ネヴァ柔道クラブに所属している[1]

IJF世界ランキングは1964ポイント獲得で6位(18/5/7現在)[8]

主な戦績[編集]

(出典[3]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]