エレナ・イワシェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレナ・イワシェンコ
基本情報
ラテン文字 Elena Ivaschenko
原語表記 Елена Иващенко
ロシアの旗 ロシア
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国オムスク
生年月日 (1984-12-28) 1984年12月28日
没年月日 (2013-06-15) 2013年6月15日(28歳没)
ロシアの旗 ロシアチュメニ[1]
身長 184cm
選手情報
階級 女子78kg超級
 
獲得メダル
女子 柔道
世界柔道選手権
2007 リオデジャネイロ 無差別級
2008 ルヴァロワ=ペレ 無差別級
2011 パリ 78kg超級
テンプレートを表示

エレナ・イワシェンコロシア語: Елена Иващенкоラテン語: Elena Ivaschenko1984年12月28日 - 2013年6月15日[1])はシベリア連邦管区オムスク出身の女子柔道家[2]。78kg超級。身長184cm。体重103kg[3]

来歴[編集]

柔道は17歳の時に始めた[2]。2005年からは、ウラジーミル・プーチンが名誉会長を務めるヤワラ・ネヴァ柔道クラブに所属することになった[2]。2007年の世界選手権無差別で3位となった。2008年の北京オリンピックには国内予選でテア・ドングサシビリに敗れて出場できなかった。無差別の世界選手権では3位になった。2011年の世界選手権78kg超級でも3位となった。2012年8月のロンドンオリンピックでは準々決勝でキューバのイダリス・オルティスに指導2で敗れると、敗者復活戦でもウクライナのイリーナ・キンゼルスカに指導2で敗れて7位に終わった[3]

死去[編集]

2013年6月に自宅のマンションから飛び降り自殺した。チュメニ柔道センター責任者のヴャチェスラフ・ユルロフによれば、オリンピックでメダルを獲得できずに意気消沈するあまり、深刻な精神状態に陥っていたという。ロンドンオリンピックで優勝したオルティスには過去2度勝っていながら、オリンピックの舞台で敗れてしまったことで自らを苛み抑鬱状態になってしまった。さらに脚の負傷を抱えて、来月にも手術予定だった。内側に秘めていた精神的な負担にこれ以上耐えられなくなり、自殺を選択してしまったのではないかとユルロフは語った[4][5][6]

主な戦績[編集]

(階級表記のない大会は全て78kg超級での成績)

脚注[編集]

関連項目[編集]