グランドスラム・東京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グランドスラム・東京(グランドスラムとうきょう、英語: Grand Slam Tokyo)は、日本の国際柔道大会である。

来歴[編集]

2009年よりIJFワールド柔道ツアーの一環として、国際柔道連盟(IJF)主催により開催されている国際柔道大会。2008年までは嘉納治五郎杯東京国際柔道大会 (KANO CUP Judo World Grand Prix)、略して嘉納杯と呼ばれていた。

名称の変遷[編集]

  • 嘉納治五郎杯東京国際柔道大会(KANO CUP Judo World Grand Prix、1978年 - 2008年)
  • グランドスラム・東京(Grand Slam Tokyo、2009年 - 2017年)
  • グランドスラム・大阪(Grand Slam Osaka、2018年 - )

概要[編集]

現在の柔道の礎を築き、講道館を興した嘉納治五郎の功績をたたえ、柔道の国際化を推進する目的で、1978年嘉納治五郎杯国際柔道選手権大会として男子のみの大会(11月開催)としてスタートした。初期の大会では柔道のオリンピックとも称されていた[1]。ただし、開催ペースは一定ではなく、2008年までに14回行われた。

2006年3月の全日本柔道連盟の理事会と評議会で「連盟主催の大会を整理・統合する」という方針が打ち出されたことにより、同年まで福岡市で行われていた福岡国際女子柔道選手権大会を吸収し、2007年以降は男女両方が行われる大会となる。またこれに合わせ、大会名も「嘉納治五郎杯東京国際柔道大会○○○○ワールドグランプリ」(愛称:「嘉納杯柔道ワールドグランプリ○○○○」)(○○○○には開催年の西暦が入る)に改められ、会期も1ヶ月前倒しの12月開催となった[2]

2009年大会よりIJFワールド柔道ツアーにおける「グランドスラム大会」と位置づけられ、それに伴い名称もグランドスラム・東京と改められた[3]

なお、本大会とは別に「日本国際柔道大会」という名の国際大会が1981年11月に国立代々木競技場第一体育館、2002年1月には日本武道館でそれぞれ開催された。海外ではこの大会が嘉納杯とよく勘違いされる[1][4]

2018年11月のグランドスラム・東京は、開催予定会場だった東京体育館2020年東京オリンピックに向けた改修工事のため使用できないことから、大阪で開催されることになった。そのため、大会名称もグランドスラム・大阪となり、大阪市中央体育館(丸善インテックアリーナ大阪)で行われる[5][6]。2019年の大会も改修工事のため、引き続き大阪での開催となった[7]

記録[編集]

優勝者[編集]

男子[編集]

歴代優勝者
60kg以下級 65kg以下級 71kg以下級 78kg以下級 86kg以下級 95kg以下級 95kg超級 無差別
1 1978年 日本の旗鈴木克美 日本の旗秋本勝則 日本の旗吉村和郎 日本の旗藤猪省三 日本の旗園田勇 東ドイツの旗ディートマー・ローレンツ 日本の旗山下泰裕 日本の旗山下泰裕
60kg以下級 65kg以下級 71kg以下級 78kg以下級 86kg以下級 95kg以下級 無差別 国別団体戦
2 1982年 日本の旗細川伸二 日本の旗柏崎克彦 日本の旗中西英敏 日本の旗日蔭暢年 ソビエト連邦の旗ダビド・ボダベリ 日本の旗諏訪剛 日本の旗山下泰裕 日本の旗
3 1986年 ブラジルの旗セルジオ・ペッソア 日本の旗山本洋祐 日本の旗古賀稔彦 日本の旗岡田弘隆 ソビエト連邦の旗アレクサンダー・シフツェフ 日本の旗須貝等 日本の旗斉藤仁 ソビエト連邦の旗
60kg以下級 65kg以下級 71kg以下級 78kg以下級 86kg以下級 95kg以下級 95kg超級 無差別
4 1990年 日本の旗板楠忠士 ソビエト連邦の旗セルゲイ・コスミニン 日本の旗古賀稔彦 日本の旗吉田秀彦 フランスの旗ジャン=リュック・ジェモン フランスの旗ステファン・トレノー 日本の旗小川直也 日本の旗小川直也
60kg以下級 65kg以下級 71kg以下級 78kg以下級 86kg以下級 95kg以下級 無差別
5 1992年 日本の旗板楠忠士 日本の旗丸山顕志 日本の旗秀島大介 日本の旗持田達人 日本の旗中橋政彦 ポーランドの旗パウエル・ナツラ ベルギーの旗ハリー・ファンバルネベルト
60kg以下級 65kg以下級 71kg以下級 78kg以下級 86kg以下級 95kg以下級 95kg超級 無差別
6 1994年 日本の旗園田隆二 日本の旗中村行成 ドイツの旗マルティン・シュミット 日本の旗中野陽一 日本の旗吉田秀彦 日本の旗岡泉茂 ドイツの旗フランク・モラー 日本の旗真喜志慶治
7 1996年 日本の旗野村忠宏 日本の旗中村行成 大韓民国の旗金大旭 日本の旗窪田和則 フランスの旗バンサンゾ・カラベッタ 日本の旗中村佳央 日本の旗真喜志慶治 日本の旗篠原信一
60kg以下級 66kg以下級 73kg以下級 81kg以下級 90kg以下級 100kg以下級 100kg超級
8 1999年 日本の旗内柴正人 フランスの旗ラルビ・ベンブダウ ウズベキスタンの旗アンドレイ・シュトゥルバビン 日本の旗塘内将彦 オランダの旗マルク・ハイジンハ 日本の旗井上智和 日本の旗棟田康幸
無差別
9 2001年 日本の旗下出善紀
60kg以下級 66kg以下級 73kg以下級 81kg以下級 90kg以下級 100kg以下級 100kg超級
10 2003年 日本の旗小川武志 日本の旗鳥居智男 日本の旗金丸雄介 日本の旗中村兼三 日本の旗矢嵜雄大 日本の旗鈴木桂治 日本の旗棟田康幸
無差別
11 2005年 日本の旗井上康生
60kg以下級 66kg以下級 73kg以下級 81kg以下級 90kg以下級 100kg以下級 100kg超級
12 2006年 オーストリアの旗ルートウィヒ・パイシャー 日本の旗秋本啓之 イタリアの旗フランチェスコ・ブルエレ 日本の旗加藤博剛 大韓民国の旗黄禧太 日本の旗穴井隆将 日本の旗高井洋平
13 2007年 日本の旗平岡拓晃 ポーランドの旗トマシ・コヴァルスキ 大韓民国の旗王己春 大韓民国の旗宋大南 ギリシャの旗イリアス・イリアディス 日本の旗小林大輔 日本の旗石井慧
14 2008年 日本の旗秋元希星 日本の旗江種辰明 大韓民国の旗王己春 日本の旗塘内将彦 日本の旗小野卓志 日本の旗穴井隆将 日本の旗高井洋平

女子[編集]

歴代優勝者
48kg以下級 52kg以下級 57kg以下級 63kg以下級 70kg以下級 78kg以下級 78kg超級
1 2007年 キューバの旗ヤネト・ベルモイ 日本の旗中村美里 日本の旗佐藤愛子 日本の旗上野順恵 日本の旗上野雅恵 フランスの旗セリーヌ・ルブラン 日本の旗立山真衣
2 2008年 日本の旗福見友子 日本の旗西田優香 日本の旗松本薫 スロベニアの旗ウルシカ・ジョルニル フランスの旗リュシ・ドコス 中華人民共和国の旗楊秀麗 ロシアの旗エレナ・イワシェンコ

優勝者(日本国際柔道大会)[編集]

男子[編集]

歴代優勝者
60kg以下級 65kg以下級 71kg以下級 78kg以下級 86kg以下級 95kg以下級 95kg超級 無差別
1 1981年 日本の旗原口謙一 日本の旗斎藤俊郎 日本の旗中西英敏 日本の旗日蔭暢年 日本の旗野瀬清喜 ソビエト連邦の旗アレクサンダー・ショーロフ 日本の旗山下泰裕 日本の旗斉藤仁
60kg以下級 66kg以下級 73kg以下級 81kg以下級 90kg以下級 100kg以下級 100kg超級
2 2002年 日本の旗内柴正人 日本の旗小見川道浩 日本の旗高松正裕 日本の旗秋山成勲 日本の旗矢嵜雄大 日本の旗鈴木桂治 日本の旗村元辰寛

各国メダル数(2009年のグランドスラム東京以降)[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 105 69 116 290
2 大韓民国の旗 韓国 11 14 24 49
3 ロシアの旗 ロシア 4 6 14 24
4 フランスの旗 フランス 3 8 15 26
5 オランダの旗 オランダ 3 6 6 15
6 モンゴルの旗 モンゴル 2 4 11 17
7 スロベニアの旗 スロベニア 2 2 8 12
8 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2 2 0 4
9  キューバ 1 6 5 12
10 カナダの旗 カナダ 1 3 4 8
11  チェコ 1 2 1 4
12 ジョージア (国)の旗 ジョージア 1 1 7 9
ドイツの旗 ドイツ 1 1 7 9
14 イギリスの旗 イギリス 1 0 2 3
15  オーストリア 1 0 0 1
セルビアの旗 セルビア 1 0 0 1
17 ブラジルの旗 ブラジル 0 6 18 24
18 イスラエルの旗 イスラエル 0 2 1 3
19 ベルギーの旗 ベルギー 0 1 5 6
20  ハンガリー 0 1 3 4
21 スペインの旗 スペイン 0 1 2 3
22 ポルトガルの旗 ポルトガル 0 1 1 2
 スウェーデン 0 1 1 2
24 ギリシャの旗 ギリシャ 0 1 0 1
イタリアの旗 イタリア 0 1 0 1
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 0 1 0 1
27  ウズベキスタン 0 0 6 6
28  カザフスタン 0 0 4 4
29 中華人民共和国の旗 中国 0 0 3 3
 ウクライナ 0 0 3 3
31 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 0 0 2 2
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ 0 0 2 2
33 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 0 0 1 1
 ブルガリア 0 0 1 1
 コロンビア 0 0 1 1
 エストニア 0 0 1 1
ポーランドの旗 ポーランド 0 0 1 1
プエルトリコの旗 プエルトリコ 0 0 1 1
 ルーマニア 0 0 1 1
トルコの旗 トルコ 0 0 1 1
ベネズエラの旗 ベネズエラ 0 0 1 1

(出典[8]JudoInside.com)。

各国メダル数(2008年の嘉納杯まで)[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 75 67 96 238
2 フランスの旗 フランス 6 3 16 25
3 大韓民国の旗 韓国 5 9 17 31
4 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 4 5 6 15
5 ポーランドの旗 ポーランド 2 5 4 11
6 ドイツの旗 ドイツ 2 1 7 10
7 イタリアの旗 イタリア 1 2 1 4
8 ロシアの旗 ロシア 1 1 5 7
9  オーストリア 1 1 4 6
ベルギーの旗 ベルギー 1 1 4 6
中華人民共和国の旗 中国 1 1 4 6
オランダの旗 オランダ 1 1 4 6
13 ブラジルの旗 ブラジル 1 0 8 9
14  キューバ 1 0 5 6
15  ウズベキスタン 1 0 3 4
16 東ドイツの旗 東ドイツ 1 0 2 3
17 ギリシャの旗 ギリシャ 1 0 0 1
スロベニアの旗 スロベニア 1 0 0 1
19 カナダの旗 カナダ 0 3 2 5
20 モンゴルの旗 モンゴル 0 2 2 4
21 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 0 1 5 6
22 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 0 1 1 2
 ベラルーシ 0 1 1 2
24 スペインの旗 スペイン 0 1 0 1
25 イギリスの旗 イギリス 0 0 3 3
26 独立国家共同体の旗 独立国家共同体 0 0 2 2
スペインの旗 スペイン 0 0 2 2
 ハンガリー 0 0 2 2
29 アルジェリアの旗 アルジェリア 0 0 1 1
 エストニア 0 0 1 1
西ドイツの旗 西ドイツ 0 0 1 1
ジョージア (国)の旗 ジョージア 0 0 1 1
 ウクライナ 0 0 1 1

(出典JudoInside.com)。

各国メダル数(日本国際柔道大会)[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 14 11 17 42
2 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1 2 2 5
3 フランスの旗 フランス 0 2 4 6
4 大韓民国の旗 韓国 0 0 3 3
5 東ドイツの旗 東ドイツ 0 0 1 1
 カザフスタン 0 0 1 1
ロシアの旗 ロシア 0 0 1 1
 ウズベキスタン 0 0 1 1

(出典JudoInside.com)。

テレビ中継[編集]

  • 1980年代の一時期、日本テレビから生中継されたが、その後2006年の大会までNHK BS1から録画中継。
  • 2007年の男女混合大会になってからはテレビ東京BSジャパンの同時生放送(初日だけ撮って出し)になった。2007年の司会は俳優の山本耕史
  • 2008年大会(12月12日 - 14日)のテレビ中継は、テレビ東京開局45周年記念番組として放送され、MCは井上康生大橋未歩(テレビ東京アナウンサー)が担当する。
  • 2009年大会では、テレビ東京アナウンサー5名が「柔道IPPON組」を結成し告知を行った。スペシャルサポーターに清原和博を招く予定であったが、本人の体調不良により出演を取りやめた。
  • 2010年大会からはメインキャスターとして小泉孝太郎を起用し、大橋アナと共にMCを担当。
  • 2010年大会も地上波、BSジャパンともに録画放送となった。
  • 2011年大会は、地上波では3日間(12月9日 - 11日)、BSジャパンでは最終日のみ(当日の深夜にて録画中継)放送。これに先駆け、BSジャパンでは12月5日 - 9日の23:00〜24:00に「柔道グランドスラム まもなく開幕!」と題して今大会のみどころが放送された。
  • 2014年大会は、12月5日の中継は独立放送局奈良テレビは当日TXN系列で生中継(18:00~20:00)された分を21:00〜22:54に録画放送された。12月6日、12月7日の中継はTXN系列と同じく生中継だった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「激動の昭和スポーツ史⑯ 柔道 青葉号」 ベースボールマガジン社、1989年、88頁
  2. ^ 「嘉納治五郎杯東京国際2007ワールドグランプリ」近代柔道 ベースボールマガジン社、208年1月号、3頁
  3. ^ 「グランドスラム東京2009」近代柔道 ベースボールマガジン社、2010年2月号、3頁
  4. ^ 「2002年日本国際柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2002年2月号、3頁
  5. ^ “グランドスラム大阪2018 大会情報掲載(18.11.23-25)” (プレスリリース), 公益財団法人 全日本柔道連盟, (2018年9月15日), http://www.judo.or.jp/p/45624 2018年10月8日閲覧。 
  6. ^ GS東京、来年は「大阪」 改修で体育館使えず 産経新聞 2017年10月28日
  7. ^ GS大会は19年も大阪で開催の方針 東京体育館改修で2年連続/柔道 サンケイスポーツ 2018年11月22日
  8. ^ judobase.org

外部リンク[編集]