グランドスラム・大阪2018

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グランドスラム・大阪2018は2018年11月23日から25日の3日間にわたって、丸善インテックスアリーナ大阪で開催された柔道の国際大会[1]グランドスラム)。本大会はこれまでグランドスラム・東京として、東京東京体育館で開催されてきたが、2020年東京オリンピックに向けた改修工事のため使用できないことから、今回は大阪で開催されることになった[2]。そのため、大会名称もグランドスラム・大阪となった[3]。     

大会概要[編集]

正式名称 GRAND SLAM OSAKA 2018 INTERNATIONAL JUDO TOURNAMENT
開催日程 23日 男子60kg級、66kg級、女子48kg級、52kg級
24日 男子73kg級、81kg級、女子57kg級、63kg級、70kg級
25日 男子90kg級、100kg級、100kg超級、女子78kg級、78kg超級
開催場所 丸善インテックスアリーナ大阪

大会ポスターでは主催国際柔道連盟、主管全日本柔道連盟としている[4]。一方で全日本柔道連盟インターネットサイトのテキスト情報では主催全日本柔道連盟としている[4]

大会結果[編集]

男子[編集]

階級
60kg以下級 日本の旗 永山竜樹 ロシアの旗 ヤゴ・アブラゼ 日本の旗 大島優磨
大韓民国の旗 金源鎮
66kg以下級 日本の旗 丸山城志郎 日本の旗 阿部一二三 ロシアの旗 アラム・グリゴリャン
モンゴルの旗 ヨンドンペレンレイ・バスフー
73kg級 日本の旗 大野将平 日本の旗 海老沼匡 日本の旗 立川新
スウェーデンの旗 トミー・マシアス
81kg以下級 日本の旗 佐々木健志 日本の旗 小原拳哉 日本の旗 永瀬貴規
トルコの旗 ヴェダト・アルバイラク
90kg以下級 日本の旗 向翔一郎 オランダの旗 ノエル・ファントエンド 日本の旗 村尾三四郎
ドイツの旗 エドゥアルド・トリッペル
100kg以下級 日本の旗 ウルフ・アロン カナダの旗 シャディ・エルナハス 日本の旗 飯田健太郎
ポルトガルの旗 ジョルジ・フォンセカ
100kg超級 オランダの旗 ヘンク・フロル チェコの旗 ルカシュ・クルパレク 日本の旗 影浦心
ロシアの旗 タメルラン・バシャエフ

女子[編集]

階級
48kg以下級 日本の旗 渡名喜風南 モンゴルの旗 ムンフバット・ウランツェツェグ 日本の旗 近藤亜美
日本の旗 遠藤宏美
52kg以下級 日本の旗 阿部詩 日本の旗 角田夏実 日本の旗 志々目愛
フランスの旗 アマンディーヌ・ブシャール
57kg以下級 カナダの旗 ジェシカ・クリムカイト 日本の旗 玉置桃 日本の旗 舟久保遥香
大韓民国の旗 権柔貞
63kg以下級 日本の旗 土井雅子 日本の旗 鍋倉那美 日本の旗 田代未来
日本の旗 能智亜衣美
70kg以下級 日本の旗 新井千鶴 スウェーデンの旗 アンナ・ベルンホルム 日本の旗 新添左季
フランスの旗 マルゴー・ピノ
78kg以下級 日本の旗 佐藤瑠香 日本の旗 梅木真美 日本の旗 濵田尚里
キューバの旗 カリエマ・アントマルチ
78kg超級 キューバの旗 イダリス・オルティス 日本の旗 素根輝 日本の旗 朝比奈沙羅
日本の旗 稲森奈見

各国メダル数[編集]

順位 国・地域
1 日本の旗 日本 11 8 16 35
2 カナダの旗 カナダ 1 1 0 2
オランダの旗 オランダ 1 1 0 2
4  キューバ 1 0 1 2
5 モンゴルの旗 モンゴル 0 1 1 2
 スウェーデン 0 1 1 2
7  チェコ 0 1 0 1
8 フランスの旗 フランス 0 0 2 2
大韓民国の旗 韓国 0 0 2 2
10 ドイツの旗 ドイツ 0 0 1 1
ポルトガルの旗 ポルトガル 0 0 1 1
トルコの旗 トルコ 0 0 1 1

テレビ放送[編集]

今大会はテレビ東京系列により放送された。MC小泉孝太郎サブキャスター佐藤美希進行アナウンサー鷲見玲奈、現地解説を吉田秀彦、放送席解説を小野卓志杉本美香がそれぞれ担当した。また、スペシャルゲストとして谷亮子が出演した[5][6]

脚注[編集]

外部サイト[編集]