秋本啓之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秋本 啓之
基本情報
ラテン文字 Hiroyuki Akimoto
日本の旗 日本
出生地 熊本県牛深市(現・天草市[1]
生年月日 (1986-01-31) 1986年1月31日(31歳)
身長 169cm
選手情報
階級 男子73kg級
段位 3段
 
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界柔道選手権
2010 東京 73kg級
ワールドマスターズ
2012 アルマトイ 73kg級
グランドスラム
2010 リオ 73kg級
2011 東京 73kg級
2014 東京 73kg級
2015 パリ 73kg級
2015 東京 73kg級
2016 パリ 73kg級
アジア大会
2010 広州 73kg級
2014 仁川 73kg級
2006 ドーハ 66kg級
世界ジュニア
2004 ブダペスト 66kg級
テンプレートを表示

秋本 啓之(あきもと ひろゆき、1986年1月31日 - )は、日本柔道選手である。熊本県牛深市(現・天草市)出生、熊本県下益城郡松橋町(現・宇城市)出身。階級は73kg級。得意技は背負投[2]。現在は了徳寺学園職員。富合町(現・熊本市南区)の藤井道場、松橋中、桐蔭学園高校筑波大学出身。父親は1978年嘉納治五郎杯東京国際柔道大会65kg級優勝、1980年講道館杯全国柔道体重別選手権大会65kg級優勝の秋本勝則。兄は1999年全日本ジュニア柔道体重別選手権大会73kg級優勝の秋本修平[2]

人物[編集]

柔道は5歳の時に始める。桐蔭学園高等学校時代、無差別で争われる全国高校選手権で、66kgの選手ながら重量級の選手を次々破って無差別級で優勝という快挙を成し遂げる。この時の対戦相手に2010年全日本柔道選手権大会2位の立山広喜がいる[2]

筑波大学進学後は世界ジュニアを制して父子2代でチャンピオンとなり、また嘉納杯も父子2代で優勝している。2005年にはフランス国際も制して勢い付くが、体重別でオリンピックチャンピオンの内柴正人に敗れ代表にはなれず。また減量苦で過食おう吐・摂食障害になった[2]

翌年のアジア大会代表に選ばれるも、減量の影響もあり散々な試合内容で3位に終わる。2007年には世界選手権代表にも選ばれるが、直前に右ひじじん帯を断裂して4回戦負け。五輪を控えた2008年には海外遠征中に脱水症状でけいれんを起こし、五輪を断念した[2]

その後、2009年秋からは階級を73kg級に上げると本来の勝負強い柔道が甦り、講道館杯73kg級で優勝する。また、グランドスラムパリで2位、ワールドカップウィーンで優勝し国際大会でも実績を重ねる。さらに全日本選抜柔道体重別選手権大会で優勝し、世界選手権代表に選出される[2]

2010年9月に東京で開催された世界選手権では、初戦から順調に勝ち上がり、準決勝では世界選手権2連覇中の王己春を立ち技のみならず寝技でも2度抑え込みに持ち込むなど盛んに攻め立てて延長戦で3-0の判定で破り、決勝でオランダのデックス・エレモントを袈裟固めで押さえ込んで優勝。さらに今回優勝したことにより、史上初の親子2代での世界選手権メダリストとなった[3]

11月にはアジア大会に出場して、決勝で再び王を破り優勝を果たした[2]

2011年8月の世界選手権では連覇を狙ったものの準決勝で中矢力に大外刈で技ありを取られて敗れ、3位決定戦でも逆転負けを喫して5位に終わった[4]

12月のグランドスラム東京では、準決勝で中矢に背負投で一本勝ちすると、決勝でもマンスール・イサエフを破り優勝を飾った[5]

2012年1月には ワールドマスターズに出場するが、準決勝で中矢に0-3の判定負けを喫して3位に終わった[6]。また、この試合で左足の甲を傷めて全治3ヶ月と診断された[7]

5月の選抜体重別では初戦で旭化成大束匡彦に技ありを取られて敗れて、ロンドンオリンピック代表の座を逃した[8]

2013年8月8日、元バレーボール選手大友愛と結婚[9]。11月には久々の復帰戦となった講道館杯に出場するも、3位にとどまった[2]

2014年2月のグランプリ・デュッセルドルフではオール一本勝ちで優勝を果たした[10]。4月の体重別では準決勝で中矢に送襟絞で敗れて3位だった。9月のアジア大会では2連覇を達成した[11]。12月のグランドスラム・東京では準決勝まですべて一本勝ちすると、決勝でも旭化成大野将平を有効で破り今大会3年ぶり2度目の優勝を飾った[2]

2015年4月の選抜体重別では初戦でパーク24橋本壮市に有効で敗れた。10月のグランドスラム・パリでは決勝で世界ランキング1位であるアゼルバイジャンのルスタム・オルジョフを背負投で破るなど、5試合のうち4試合を一本勝ちして優勝を飾った [12][13]。12月のグランドスラム・東京では決勝で、筑波大学時代には秋本の付き人を務めていた韓国の安昌林を背負投の技ありで破って今大会2連覇を飾った。この際に次のように語った。「優勝したことで、リオデジャネイロオリンピックの代表に一歩近づいたのではないかと思います。しかし、まだ大野将平選手や中矢力選手が自分よりリードしていることは変わりません。今まで通り崖っぷちの精神、チャレンジャーの気持ちで、最後まで自分の目標や夢を追いかけていきたいですね。」[14][15][16]

2016年2月のグランドスラム・パリでは準決勝で安昌林に敗れて3位にとどまった[17]。4月の選抜体重別では初戦でパーク24の田村和也に小内刈で敗れてリオデジャネイロオリンピック代表は叶わず、引退を示唆[18]。そして同年6月11日、宮崎市で開催されていた全日本実業団対抗大会の大会終了後に現役引退を正式表明した。今後は所属先である了徳寺学園のコーチとして後進の指導にあたることになった[19]。また、全日本の女子代表特別コーチにも就任した[20]

戦績[編集]

(出典[2]JudoInside.com)。

プレースタイル[編集]

左に回ってから低めに入り、体の回転をさせて相手を投げる素早い背負投が得意である。他にも左の袖釣込腰や左の腰車、右の横巴投などがある[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「柔道世界選手権2010 in Tokyo」『熊本日日新聞』2010年9月12日付、13面、熊本日日新聞社
  2. ^ a b c d e f g h i j k 「柔道全日本強化選手名鑑 2016」近代柔道 ベースボールマガジン社、2016年4月号
  3. ^ 秋本が父超える金!寝技でつかんだ世界一 スポーツニッポン 2010年9月11日
  4. ^ 秋本、メダルつかめず=世界柔道 時事通信 2011年8月24日
  5. ^ 秋本が世界選V中矢を破る デイリースポーツ 2011年12月10日
  6. ^ 秋本判定で屈す「中矢の執念が上」 日刊スポーツ 2012年1月14日
  7. ^ 秋本が全治3カ月 時事通信 2012年1月18日
  8. ^ 秋本が初戦で敗れる波乱 時事通信 2012年5月12日
  9. ^ 「産経ニュース」2013年8月30日
  10. ^ 秋本が優勝=柔道グランプリ 時事通信 2014年2月23日
  11. ^ 秋本2連覇、山本も金=アジア大会・柔道 時事通信 2014年9月21日
  12. ^ 高藤と秋本が優勝=柔道グランドスラム 時事通信 2015年10月18日
  13. ^ Paris Grand Slam 2015, France - DAY 1
  14. ^ 秋本啓之73キロ級連覇も厳しいリオ五輪代表争い - 柔道 日刊スポーツ 2015年12月5日
  15. ^ 柔道・秋本が連覇 リオ五輪へ望み デイリースポーツ 2015年12月6日
  16. ^ 優勝選手インタビュー 男子73kg級 秋本啓之
  17. ^ 海老沼と志々目が優勝 柔道のGSパリ大会第1日 日本経済新聞 2016年2月7日
  18. ^ 世界選手権73キロ級金メダリストの秋本、1回戦負けで引退示唆 スポーツ報知 2016年4月3日
  19. ^ 秋本啓之引退 今後はコーチに…「達成感でいっぱい」 スポーツニッポン 2016年6月12日
  20. ^ 日本柔道強化メンバー

外部リンク[編集]