マイク・スウェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル

マイク・スウェイン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 柔道
オリンピック
1988 ソウル 71kg級
世界柔道選手権
1987 エッセン 71kg級
1985 ソウル 71kg級
1989 ベオグラード 71kg級

マイク・スウェイン(Michael ("Mike") Lee Swain 1960年12月21日 - )は、アメリカエリザベス出身の柔道選手。階級は71kg級。身長175cm[1]

人物[編集]

1985年の世界選手権では、決勝で韓国の安柄根背負投で技ありを取られて敗れるものの2位となった。この時期は日大で稽古を積んでいた。1986年の嘉納杯と1987年1月の正力国際では、決勝で古賀稔彦に背負投で敗れた。しかし、11月にエッセンで開催された世界選手権では、3回戦で古賀から大内刈で効果を取って破ると、決勝でもフランスのマルク・アレクサンドルを判定で下して、アメリカの男子選手として世界大会で初めて優勝を果たした。翌年の1988年ソウルオリンピックでは3位決定戦でイギリスのケリス・ブラウンに効果で敗れて5位となったが、ブラウンがドーピング違反で失格となったことから3位に繰り上がることになった[2]。1989年の世界選手権では、決勝で古賀に背負投で効果を取られて敗れた。その後、1972年ミュンヘンオリンピックの軽重量級で3位となったブラジルの日系人であるチアキ・イシイ(石井千秋)の娘であり、61kg級の選手として活躍していたタニア・イシイ(石井千惠)と結婚すると、1992年バルセロナオリンピックには夫婦揃って出場するものの(タニア・イシイはブラジル代表として出場した)、ともに初戦で敗れた[3]1996年アトランタオリンピックではアメリカチームのコーチを務めた。

長男の名はMasato(真人)。義父のチアキ・イシイバニア・イシイ(石井幸恵)が生まれる前に男の子だと思って用意していた名前である。

主な戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]