近代柔道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近代柔道』(きんだいじゅうどう)は、ベースボール・マガジン社が発行している柔道専門雑誌である。

概要[編集]

1979年に創刊。毎月22日に発売される。定価は880円だが特別定価として若干割り増しになる場合が多い。国内外の大会の結果や展望をはじめとして、指導者による技術講座や、活躍している選手の紹介記事などがよく掲載されている。

主なコーナー[編集]

  • コラム ON/OFF
  • 入門! 一流の技術
  • 柔道をカガクする
  • 小説 講道館草創期物語 
  • りれ~と~く
  • 撮ったもの勝ち!
  • 大学柔道の系譜
  • 全日本柔道連盟のページ
  • やわらパーク
  • 解体新書
  • 道場紀行
  • 全国各地の大会記録

備考[編集]

  • 1980年代は毎号のように裏表紙はアエロフロートの広告であった。1990年代はミキハウスがそれに取って替わった。
  • 1990年代の一時期は毎号のように柔道選手のカードが付録として付いていたことがあった。
  • 1983年のモスクワ世界選手権、1984年のロサンゼルスオリンピック、1995年の幕張世界選手権、2003年の大阪世界選手権の際には増刊号が出版された。さらに、1985年には山下泰裕引退記念増刊号、1986年には1945~1985激動のスポーツ40年史 柔道 早春号[1]、1989年には激動の昭和スポーツ史⑯ 柔道 青葉号がそれぞれ出版された。
  • 1998年4月号から表紙のタイトルロゴが漢字の柔道からアルファベットのJUDOに変わった。
  • 1987年11月号の創刊100号及び1996年2月号の創刊200号の際には、記念として大きな特集記事が組まれたが、2004年6月号の創刊300号の際には特にそのような特集は組まれなかった。

脚注[編集]

外部サイト[編集]