スキージヤーナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スキージヤーナル株式会社
SKI journal PUBLISHER INC.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
114-0023
東京都北区滝野川7丁目47番3号
MKビル2階
設立 1984年4月6日[1]
業種 情報・通信業
法人番号 1011501016409
事業内容 スポーツに関連する雑誌・書籍の出版
代表者 代表取締役 長橋好美
資本金 1000万円
外部リンク https://www.skijournal.co.jp/
テンプレートを表示

スキージヤーナル株式会社は、かつて「スキージャーナル」などを出版していた日本の出版社。

概要[編集]

1984年4月に株式会社スキージヤーナルの事業多角化の一環として設立。同時に、「スキージャーナル」「剣道日本」などの出版事業を継承し、株式会社スキージヤーナルはスキー場開発・経営などに専念することになった[2]

「スキージャーナル」「剣道日本」の他にも、約100点のスポーツ関連の実用書や全日本スキー連盟著作の教本、DVDなどを発売し、2004年5月期には約11億2300万円の売り上げを記録した。しかし、スキー・剣道の人気が低下したのに加えて、近年の出版不況によって業績が低迷し、2017年5月期の売り上げは約4億円に低下[3]。2016年5月期から2期連続の最終赤字となり、債務超過にも陥り、金融機関から借入金の元本返済猶予を受けるなどして経営を続けてきたが、賃金の未払いが続き、2017年12月8日に資金ショートが発生[1]。2017年12月29日に「スキージャーナル」と「剣道日本」の休刊を発表して事業を停止。会社側による債務整理が行われず、会社の資産が散逸する事を防止するため、2018年1月9日にスキージヤーナルの元従業員21人が東京地方裁判所破産申立を行い、当日受理された[1][2][3]

発行していた雑誌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c TSR速報 スキージヤーナル(株)東京商工リサーチ 2018年1月15日
  2. ^ a b 倒産・動向速報記事 スキージヤーナル株式会社帝国データバンク 2018年1月15日
  3. ^ a b 「スキージャーナル」発行元が破産 ネット上に惜しむ声ITmedia 2018年1月15日
  4. ^ 「テニスジャーナル」休刊のご案内スキージヤーナル 2010年8月16日

外部リンク[編集]