送襟絞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

送襟絞(おくりえりじめ)は、柔道固技絞技12本の1つである。絞技の中では基本的な技とされる[1]。着衣格闘技で使用される技である。

2009 パン・アメリカン柔術選手権大会で背後からの送襟絞を仕掛けるブラジリアン柔術黒帯ルーカス・ライト

概要[編集]

原形で右手で相手の首を絞める場合。

まず、背後から両脚で相手の下半身を制しながら左手で相手左脇の下から手を差し入れ相手左襟を下へ引き、襟の弛みをなくす。

次に右手を首に回し弛みをなくした左襟をなるべく深く握る。

最後に、左手を右襟に持ち替え、下に引きながら右手の手首を返して絞める。

試合ではよく見られる例として、背負投一本背負投を掛け背後を見せた相手に対してその技を潰し送襟絞に攻めるケースがある[1][2]

バリエーションは下記のように様々あり、映像資料『講道館柔道 固技 分類と名称』(講道館出版、NHKサービスセンター)では縦四方固から片脇下で相手の頭を抱え、その腕で相手の襟を持つ絞め技が送襟絞として紹介されている。

地獄絞[編集]

地獄絞(じごくじめ)は相手の片腕に両脚または片脚をかけ制して絞める技。送襟絞に包含されている。両腕の使い方を原形の送襟絞と同様にして絞める場合や片羽絞の様に絞める場合、相手の左腕を右脚のみを掛けて制し、左手を親指を中にして相手の左襟を持ち、左脚を相手の頭部に掛けて絞める場合(脚掛け地獄絞め)も送襟絞に包含される。書籍『柔道 絞め技入門』では両腕の使い方を片羽絞の様に絞める場合は片羽絞に分類している[3]。一方、映像資料『講道館柔道 固技 分類と名称』(講道館出版、NHKサービスセンター)ではこれも送襟絞に分類している。

他に地獄絞スタイルの裸絞である「門脇スペシャル」もある。

腰絞[編集]

腰絞(こしじめ)はうつ伏せの相手を絞める技。国際柔道連盟では技の分類を制定した1995年9月の分類では送襟絞とは別の技とした。1998年2月、講道館の分類に合わせる形で送襟絞に包含された。[4]

リオデジャネイロオリンピック柔道女子での相手の片脚を外側から掴んだ形の横絞

横絞[編集]

横絞(よこじめ)はうつ伏せの相手の横について絞める技。腰絞の一種である。上から回り込みながら絞める事が多い。

ブラジリアン柔術ではアナログ時計の針のように両者が回りながら絞めることが多いのでクロックチョーク(clock choke)と呼ばれる。

両腕の使い方を原形の送襟絞と同様にして絞める場合が多いが片手絞の様に相手の脚を内側か外側から掴んだり、下穿きの裾を掴んだり、片腕を相手の片腕に絡めながら手首を掴んで制したり、片肘を相手の自分側またはその反対側の側頭部に当てたりしながら絞めたりする場合も送襟絞に包含される。

2017年4月29日全日本柔道選手権3回戦で原沢久喜百瀬優に開始30秒過ぎにこの技で絞め落とされ敗れた。

俵絞[編集]

俵絞(たわらじめ)はうつ伏せの相手の頭のほうから覆いかぶさるがぶりの体勢から送襟絞をかける。腰絞の一種である。相手をうつ伏せのまま極める場合、相手もろとも横転して仰向けになって極める場合もあれば、自らガードポジションになって極める場合もある。

片手巻絞[編集]

片手巻絞(かたてまきじめ)は送襟絞の一種[3]。立ち姿勢から右脇下で相手の頭を抱え、右手で相手の右前襟を持ち、左手で内無双の形で相手の右内腿を抑え、体全体で前に推すようにして相手の首を絞める[5]

左腕は相手の右腕を掬ってシングルチキンウィングに制する片手巻絞に似た絞め技もある。

得意とした選手[編集]

通算528勝、203連勝を記録した山下泰裕は後に振り返って、自分の固技の軸は送襟絞であったと述べている[2]

実際、この連勝記録の中で決まり技が分っている一本勝ち164勝のうち19勝を送襟絞で上げている[2]

また、送襟絞から変化して横四方固に抑えるなど連絡技の起点としても機能していた。

山下は自分の太い腕、大きな手で送襟絞を得意とする選手は珍しいとしながらも、自分の重い体重をうまく利用することがポイントであると述べている[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 斉藤仁 南條充寿 『柔道パーフェクトマスター』 新星出版社 2008年 ISBN 978-4-405-08624-1
  2. ^ a b c d 山下泰裕 『山下泰裕 闘魂の柔道』 ベースボールマガジン社 1991年 ISBN 4-583-02931-4
  3. ^ a b 『柔道 絞め技入門』(柏崎克彦小室宏二ベースボールマガジン社)
  4. ^ 「腰絞」『柔道大事典』 アテネ書房、1999年 173頁 ISBN 978-4871522052
  5. ^ 「片手巻絞」『高専柔道の真髄』200ページ 原書房

外部リンク[編集]