送襟絞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

送襟絞(おくりえりじめ)は、柔道固技絞技12本の1つである。講道館国際柔道連盟(IJF)における正式名。絞技の中では基本的な技とされる[1]。着衣格闘技で使用される技である。

2009 パン・アメリカン柔術選手権大会で背後からの送襟絞を仕掛けるブラジリアン柔術黒帯ルーカス・ライト

概要[編集]

基本形で右手で相手の首を絞める場合。

まず、背後から両脚で相手の下半身を制しながら左手で相手左腋の下から手を差し入れ相手左襟を下へ引き、襟の弛みをなくす。

次に右手を首に回し弛みをなくした左襟をなるべく深く握る。

最後に、左手を右襟に持ち替え、下に引きながら右手の手首を返して絞める。

試合ではよく見られる例として、背負投一本背負投を掛け背後を見せた相手に対してその技を潰し送襟絞に攻めるケースがある[1][2]

バリエーションは下記のように様々あり、映像資料『講道館柔道 固技 分類と名称』(講道館)では縦四方固から片腋下で相手の頭を抱え、その腕で相手の襟を持つ絞技が送襟絞として紹介されている。

亀姿勢の相手の右側から右手で相手の左襟を取り、左手で相手の左脚を取り、右脚を相手の後頭部に掛け、左膝で相手の背を抑えての絞技をIJFは送襟絞と発表している。

試合での実例
×出口クリスタカナダ) (1:42 送襟絞(IJF)[3]) ラファエラ・シルバブラジル)〇 IJFサイト映像[3]

地獄絞[編集]

地獄絞(じごくじめ)は相手の片腕に両脚または片脚をかけ制して絞める技。送襟絞に包含されている。両腕の使い方を原形の送襟絞と同様にして絞める場合や片羽絞の様に絞める場合も送襟絞に包含される。書籍『柔道 絞め技入門』では両腕の使い方を片羽絞の様に絞める場合は片羽絞に分類している[4]。一方、映像資料『講道館柔道 固技 分類と名称』(講道館)ではこれも送襟絞に分類している。

他に地獄絞スタイルの裸絞である「門脇スペシャル」もある。

脚掛地獄絞[編集]

脚掛地獄絞(あしかけじごくじめ)は相手の左腕を右脚のみを掛けて制し、左手を親指を中にして相手の左襟を持ち、左脚を相手の頭部に掛けて絞める地獄絞である。

腰絞[編集]

腰絞(こしじめ)はうつ伏せの相手を絞める技。国際柔道連盟では技の分類を制定した1995年9月の分類では送襟絞とは別の技とした。1998年2月、講道館の分類に合わせる形で送襟絞に包含された。[5]

リオデジャネイロオリンピック柔道女子での相手の片脚を外側から掴んだ形の横絞を試みる楊俊霞

横絞[編集]

横絞(よこじめ)はうつ伏せの相手の横について絞める技。腰絞の一種である。試合で極まるほとんどの腰絞は横絞である。上から回り込みながら絞める事が多い。

ブラジリアン柔術ではアナログ時計の針のように両者が回りながら絞めることが多いのでクロックチョーク(clock choke)と呼ばれる。

両腕の使い方を原形の送襟絞と同様にして絞める場合が多いが片手絞の様に相手の脚を内側か外側から掴んだり、下穿きの裾を掴んだり、片腕を相手の片腕に絡めながら手首を掴んで制したり、片肘を相手の自分側またはその反対側の側頭部に当てたりしながら絞めたりする場合も送襟絞に包含される。別名横送襟絞(よこおくりえりじめ)。

試合での実例
×原沢久喜JRA) (0:38 送襟絞) 百瀬優旭化成)〇[6] 
原沢はこの技で絞め落とされ敗れた。
×近藤亜美日本) (0:37 片手絞(AJJF)[7]) ガブリエラ・チバナブラジル)〇 IJFサイト映像[8]
全柔連は片手絞としているが実際は送襟絞の一種横絞である[8]。近藤は絞め落とされた。

俵絞[編集]

俵絞(たわらじめ)はうつ伏せの相手の頭のほうから覆いかぶさるがぶりの体勢から送襟絞をかける。腰絞の一種である。相手をうつ伏せのまま極める場合、相手もろとも横転して仰向けになって極める場合もあれば、自らガードポジションになって極める場合もある。

ボウアンドアローチョーク

ボウアンドアローチョーク[編集]

ブラジリアン柔術でいうところのボウアンドアローチョーク。右手で相手の左前襟を取り、左手で相手の左脚を抱えたり、左下履きを取り、左脚または両脚で相手の胴を制する。四つんばいの相手の背後についてバッククラブから極める場合もあれば、さらに回転して極める場合もある[9]

試合での実例
×中村美里日本) (送襟絞(AJJF)[10]) チョン・ウンジョン(韓国)〇
チョン・ウンジョンは回転送襟絞を仕掛けたが回りきらずボウアンドアローチョークで絞め続けた。タイムアップとなったが、ビデオ判定で中村が落ちたとされ、一本勝ちとなった。
丸山城志郎日本) (3:43 送襟絞(IJF)[11]送襟締ママ〕(AJJF)[12]) デニス・ジュラキク(セルビア)× IJFサイト映像[11]
田代未来(日本) (1:42 送襟絞(IJF)[13]片手絞(AJJF)[14]) ステファニー・トレンブレイ(カナダ)× IJFサイト映像[13]
丸山城志郎日本) (1:29 送襟締ママ〕(AJJF)[15]送襟絞近代柔道[16]) デニス・ビエル(モルドバ)× IJFサイト映像[17]
リオデジャネイロオリンピック柔道女子78kg級決勝戦で回転送襟絞を仕掛けるケイラ・ハリソン(白柔道着)。この後、腕挫十字固に切り替え「参った」をとり優勝している。
回転送襟絞が極る一歩手前。取りは白柔道着のガシモフ。リオデジャネイロパラリンピック柔道男子73kg級 対ソロベイ戦

回転送襟絞[編集]

回転送襟絞(かいてんおくりえりじめ)は前述の四つんばいの相手にバッククラブから回転して極めるボウアンドアローチョーク。相手の横側に前転し、相手を横転させて絞める。

試合での実例
海老沼匡(日本) (1:46 片手絞(AJJF)[18]) ディオゴ・セザールポルトガル[19])× IJFサイト映像[20]
×ウルフ・アロン(日本) (0:35 送襟絞(IJF)[21]片手絞(AJJF)[22]) トマ・ニキフォロフベルギー)〇 IJFサイト映像[21] IJFサイト画像[23]
古賀若菜南筑高校2年) (2:01 片手絞) 山崎珠美自衛隊体育学校)×[24]

足片羽絞[編集]

足片羽絞(あしかたはじめ)はボウアンドアローチョークの一種。通常のボウアンドアローチョークから相手の片脚を抱えた腕の手で片羽絞の様に相手の後頭部を抑えて絞める[25]

分類問題[編集]

ボウアンドアローチョークを送襟絞に分類するか、片手絞に分類するかで柔道界で混乱が生じている。

上述のように試合での決技も送襟絞になったり、片手絞になったりしている。書籍『柔道絞め技入門』(柏崎克彦小室宏二著)では送襟絞の一種だとして、初版では表紙カバーに柏崎克彦がこの技で受け役を絞める画像が掲載されている[4]。Webサイト「柔道チャンネル」ではこの技は片手絞の一種だとして、イラストも掲載されている[26]。この技は2010年代の柔道では最頻発の絞技だが「IJFレフェリング・アンド・コーチング・セミナー2018」でプレゼンテーションされた2016年2017年一本決技頻度トップ10に入った絞技は両年とも送襟絞のみだった[27]柏崎克彦JスポーツIJFワールド柔道ツアー2018のテレビ解説で、この技は講道館としては送襟絞と呼んで欲しがっているが国際的には片手絞で通っている、と述べた。しかし、上述のように講道館特別後援の講道館杯でこの技を片手絞と発表している。

雑誌『近代柔道』は2019年2月号ではボーアンドアローチョークを「片手絞め」と称して複数ページにわたって技術特集している[28]。一方、2019年4月号では上述のようにグランドスラム・デュッセルドルフ2019での丸山城志郎がこの技で勝った際の決技を「送襟絞」と報じている。

片手巻絞[編集]

片手巻絞(かたてまきじめ)は送襟絞の一種[4]。立ち姿勢から右腋下で相手の頭を抱え、右手で相手の右前襟を持ち、左手で内無双の形で相手の右内腿を抑え、体全体で前に推すようにして相手の首を絞める[29]

左腕は相手の右腕を掬ってシングルチキンウィングに制する片手巻絞に似た絞め技もある。

小手絞[編集]

小手絞(こてじめ)はがぶりの姿勢やシッティングガードポジションから右手で相手の右襟をとり、左手首または左前腕で相手の後頭部を抑えながら自らの右手の下に左手を差し込んで絞める絞技。左手首を反らして絞める。小室宏二は自著『柔道 固技教本』(晋遊舎)では片羽絞、共著『柔道絞め技入門』では送襟絞の一種であるとしている[30]。別名腕絞り(うでしぼり)、ポケット絞(ポケットじめ)。

試合での実例
エレーヌ・ルスボーフランス) (1:49 送襟絞[31]) チ・ユンソ(韓国)× IJFサイト映像[31]

得意とした選手[編集]

通算528勝、203連勝を記録した山下泰裕は後に振り返って、自分の固技の軸は送襟絞であったと述べている[2]

実際、この連勝記録の中で決まり技が分っている一本勝ち164勝のうち19勝を送襟絞で上げている[2]。山下は基本形や横絞を得意とした。

また、送襟絞から変化して横四方固に抑えるなど連絡技の起点としても機能していた。

山下は自分の太い腕、大きな手で送襟絞を得意とする選手は珍しいとしながらも、自分の重い体重をうまく利用することがポイントであると述べている[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 斉藤仁 南條充寿 『柔道パーフェクトマスター』 新星出版社 2008年 ISBN 978-4-405-08624-1
  2. ^ a b c d 山下泰裕 『山下泰裕 闘魂の柔道』 ベースボールマガジン社 1991年 ISBN 4-583-02931-4
  3. ^ a b Budapest Grand Prix 2018 / Quarter-Final -57 kg Canada DEGUCHI,Christa VS Brazil SILVA,Rafaela (YouTube). スイス ローザンヌ: 国際柔道連盟.. https://www.ijf.org/judoka/41546/videos?currentContestCodeLong=gp_hun2018_w_0057_0060 2019年5月閲覧。 
  4. ^ a b c 『柔道 絞め技入門』(柏崎克彦小室宏二ベースボールマガジン社
  5. ^ 「腰絞」『柔道大事典』 アテネ書房、1999年 173頁 ISBN 978-4871522052
  6. ^ 平成29年全日本柔道選手権大会”. 全日本学生柔道連盟 (2017年4月29日). 2019年5月15日閲覧。
  7. ^ 2019年グランドスラム・バクー(アゼルバイジャン)大会結果・写真掲載(19.5.10-12)2019年グランドスラム・バクー(アゼルバイジャン)大会結果・写真掲載(19.5.10-12)”. 全日本柔道連盟 (2019年5月13日). 2019年5月17日閲覧。
  8. ^ a b Baku Grand Slam 2019 / Round 2 -48 kg Japan KOND,OAmi VS Brazil CHIBANA,Gabriela (YouTube). スイス ローザンヌ: 国際柔道連盟.. (2019年5月12日). https://www.ijf.org/judoka/7355/videos?currentContestCodeLong=gs_aze2019_w_0048_0017 2019年5月17日閲覧。 
  9. ^ 木村昌彦、射手矢岬、中村良夫、中村文彦『寝業の傅統』三恵社、2015年2月2日(原著2013年7月1日)、第2版、192頁。ISBN 978-4-86487-108-2。「絞めの速攻 1」
  10. ^ 第17回アジア競技大会(2014/仁川)柔道競技 大会結果(14.9.20-23)”. 全日本柔道連盟 (2014年9月25日). 2019年5月14日閲覧。 “9月23日(火) 52kg級 中村 美里 一本負(送襟絞)○JUNG, Eun jung”
  11. ^ a b Hohhot Grand Prix 2018 / Round 3 -66 kg Japan MARUYAMA,Joshiro VS Serbia JURAKIC,Denis (YouTube). スイス ローザンヌ: 国際柔道連盟.. (2018年5月25日) 
  12. ^ グランプリ・フフホト 大会結果情報掲載(18.5.25-27). (2018年5月25日). http://www.judo.or.jp/p/44975 2019年5月14日閲覧。 
  13. ^ a b World Championships Seniors Baku 2018 / Round 3 -63 kg Japan TASHIRO,Miku VS Canada TREMBLAY,Stefanie (YouTube). スイス ローザンヌ: 国際柔道連盟.. (2018年9月20日). https://www.ijf.org/judoka/3637/videos?currentContestCodeLong=wc_sen2018_w_0063_0055 2019年4月26日閲覧。 
  14. ^ 2018年バクー世界選手権大会結果情報掲載(18.9.20-27)”. 全日本柔道連盟 (2018年9月21日). 2019年4月5日閲覧。
  15. ^ 2019年グランドスラム・デュッセルドルフ(ドイツ)大会結果・写真掲載(19.2.22-24)”. 全日本柔道連盟 (2019年2月27日). 2019年5月14日閲覧。
  16. ^ [雑誌『近代柔道』2019年2月号 ベースボールマガジン社]
  17. ^ Düsseldorf Grand Slam 2019 / Semi-Final -66 kg Japan MARUYAMA,Joshiro VS Moldova VIERU,Denis. スイス ローザンヌ. (2019年2月22日) 
  18. ^ 2015年アスタナ世界柔道選手権大会 大会結果掲載 (15.8.24-30)”. 全日本柔道連盟 (2015年8月30日). 2019年5月14日閲覧。
  19. ^ 全柔連ポーランドとしている
  20. ^ World Championships Seniors 2015 / Round 1 -66 kg Japan EBINUMA,Masashi VS Portugal CESAR,Diogo (YouTube). スイス ローザンヌ: 国際柔道連盟.. (2015年8月25日). https://www.ijf.org/judoka/1787/videos?currentContestCodeLong=wc_sen2015_m_0066_0013 2019年5月14日閲覧。 
  21. ^ a b Dusseldorf Grand Prix 2017 / Final -100 kg Japan WOLF,Aaron VS Belgium NIKIFOROV,Toma (YouTube). スイス ローザンヌ: 国際柔道連盟.. https://www.ijf.org/judoka/17383/videos?currentContestCodeLong=gp_ger2017_m_0100_0035 2019年5月16日閲覧。 
  22. ^ 2017年グランプリ・デュッセルドルフ(ドイツ)大会結果(2.24-26)”. 全日本柔道連盟 (2017年2月28日). 2019年5月16日閲覧。
  23. ^ Toma NIKIFOROV / IJF.org”. 国際柔道連盟. 2019年5月16日閲覧。
  24. ^ SEIKO SPORTSLINK 平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会”. セイコースポーツリンク (2018年11月4日). 2019年5月15日閲覧。
  25. ^ 木村昌彦、射手矢岬、中村良夫、中村文彦『寝業の傅統』三恵社、2015年2月2日(原著2013年7月1日)、第2版、193頁。ISBN 978-4-86487-108-2。「絞めの速攻 2」
  26. ^ 片手絞|柔道チャンネル
  27. ^ YouTube Judoチャンネル "IJF Refereeing and Coaching Seminar 2018 - Part 1" 15分50秒頃 2019年3月10日閲覧。
  28. ^ 連載第169回 入門!一流の技術 本間大地4段「片手絞め」雑誌『近代柔道』2019年2月号 92ページ
  29. ^ 「片手巻絞」『高専柔道の真髄』200ページ 原書房
  30. ^ 柏崎克彦小室宏二『柔道絞め技入門』ベースボールマガジン社、2010年(原著2010年8月31日)、030-031頁。ISBN 978-4871522052。「[送襟絞]四つんばいの相手を前から」
  31. ^ a b World Senior Championship 2017 / Round 3 -57 kg France RECEVEAUX,Helene VS South Korea JI,Yunseo (YouTube). スイス ローザンヌ: 国際柔道連盟.. (2017年8月28日). https://www.ijf.org/judoka/3787/videos?currentContestCodeLong=wc_sen2017_w_0057_0055 2019年4月26日閲覧。 

外部リンク[編集]