裏固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

裏固(うらがため)は柔道固技で、国際柔道連盟が認定する抑込技の1つ。講道館ではこの技を抑込技と認定していなかったが、2017年に正式に採用することになった[1][2][3]

概要[編集]

うつ伏せとなった受の腕を取の右腕ですばやく上から掬い、左腕で受の下穿きを掴む。そこから受の腹の下に頭を潜り込ませて、てこの原理を利用して受をひっくり返す。そして仰向けとなった状態から受を掴んだ両手を決して離さずに、取の後頭部を受の腹部に固定して抑え込みに入る。この際、受の腹部に深く後頭部を乗せると返されやすいので、取の足を動かして抑え込み易くなるように位置を調整する。謂わば、横四方固を裏返しにしたような技。後袈裟固のような形状になりながらも、受に取の背中を完全に向けた点が後袈裟固と異なる。また、この技から後袈裟固への移行も度々見られる[1][2]

講道館における抑込技の規定では、取と受がかねがね向き合った状態を抑え込みの条件と見なしていることから、この技を抑込技と認定していなかったが、多様化する技術への対応のために講道館技研究部で技名称の再検討を行った結果、2017年にこの技を正式に認めることになった。一方、IJFでは1995年にこの技を正式に抑込技と認めた。しかし、1998年には省かれることになった。その後、2013年のルール改正において、この技が再び抑込技と認められることになった[1][2][3][4][5][6]

なお、三船久蔵は次のような技法を裏固と称した。

取は右側面からうつ伏せ状態の受けの右足を自らの右足で引っ掛ける。さらに受けの左腋下に自らの左腕を入れて抱え込みながら仰向けに倒れこんで、受を仰向けの上体に持ち込む。この際に取の両足は受けの右足に絡めておく。そこから取は自ら回転して、受けをひっくり返しながらうつ伏せ状態になって受を制御する。プロレスフォール技十字架固めの様な形である[1][7]。 柔道競技で認められている抑込技裏固はこの裏固の途中で受が取の上になった形に似た形である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「裏固」『柔道大事典』 アテネ書房、1999年 56頁 ISBN 978-4871522052
  2. ^ a b c 「柔道 実戦に役立つ全テクニック (スポーツグラフィック)」 斉藤仁 成美堂出版、1997年 94-95頁 ISBN 978-4062074155
  3. ^ a b 柔道の技名称について
  4. ^ 国際柔道連盟試合審判規定(2014-2016)
  5. ^ IJF審判規定の決定版(解釈)
  6. ^ NEW!: IJF Refereeing Rules 2017 - Explanatory Presentation
  7. ^ 記録映画『柔道の真髄 神技三船十段』

外部リンク[編集]