腕挫膝固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

腕挫膝固 (うでひしぎひざがため)は、柔道関節技。別名膝固 (ひざがため)。

腕挫膝固

概要[編集]

極め方には様々なバリエーションがある。

基本形はガードポジションから右(左)手で相手の右(左)手首を掴んで引き、相手を前に崩し、左(右)膝を相手の右(左)肘に当てて左(右)足を相手の右(左)脇腹に当てて極める。左(右)脛を相手の顔の前におく方法もある。

腕挫膝固の一つ腕挫体固

腕挫体固 [編集]

腕挫体固(うでひしぎたいがため)は柔道での正式な分類では腕挫膝固に包含される。

ブラジリアン柔術ではオモプラッタと呼ばれている。オモプラッタとはブラジルの公用語ポルトガル語でのことである。

ガードポジションで、下の選手が上の選手の腕を持ち、脚を外側から肩付近に絡め、そのまま絡めた腕の腋の下から自分の体を相手のガードポジションから回転するように脱出しつつ、相手の腕を背中側から取る技である(内オモプラッタ)。

脚をかけた状態で腕側(腕の外側)から回転して背後に移る方法もある(外オモプラッタ)。

掛け方はこれだけではなく上から下の選手にかけるものなどもあり、連絡技も多い。

Vクロスアームロック[編集]

Vクロスアームロック(ぶいクロスアームロック)は柔道での正式な分類では腕挫膝固に包含される。 掛けかたは相手を本袈裟固崩袈裟固で抑え込み、曲げた右(左)脚で頭部側に曲げた相手の右(左)腕を絡めて固定し右(左)腕で相手の頭部を持ち上げ、腹を突き出して極める。自らの右(左)脚と相手の右(左)腕がそれぞれVの字状で交差しているのでこの名が付けられた。

Vクロスアームロックに似た肘関節技で極める腕をVの字状にせずに伸ばして極めるものがあるがこれも柔道での正式な分類では腕挫膝固に包含される[1]

キーロック[編集]

プロレスでよく用いられるキーロックも柔道での正式な分類では腕挫膝固に包含される。 グラウンド状態で相手の片方の腕を「く」の字にして二の腕と手首のあたりを片脚ではさみ、曲がった腕の間に自分の腕を通し4の字の形になるよう両脚を組んで固め、自分のいる方向に体重をかけて引っ張ることで肘関節を極める技。

柔道 極の形 居取 摺上での腕挫膝固[編集]

柔道 極の形(きめのかた) 居取(いどり) 摺上(すりあげ)で演じられる腕挫膝固はうつ伏せの相手の片方の肩と手を掴み床に着けて伸ばし、片膝を相手のその腕の肘に乗せて体重を掛けて極める。古流柔術の演武でもよく演じられる。格闘技の試合では滅多に使われない技である。映像資料『講道館柔道 固技 分類と名称』(講道館出版、NHKサービスセンター)で紹介されている。

腕挫膝固返からの腕挫膝固[編集]

腕挫膝固返(うでひしぎひざがためがえし)というスイープがある。ガードポジションから左手で相手の右袖口を取り、左脚を外から相手の右腕に絡める。右脛を相手の腹に当て、右手で相手の左足首をとり、相手の左脚を持ち上げながら、左脚で相手を外側に揺さぶって相手を仰向けに返す。そのまま、相手の右腕をくの字に曲げて中に左脚を通し、相手の右腕に体重を掛けて極める。

出典[編集]

外部リンク[編集]