絞め技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

絞め技(しめわざ)とは、格闘技で、人間のを絞めて相手を屈伏、失神させる技である。

古流柔術などで、相手を殺傷するための技。

なお、「め技」と表記した場合、首以外の体を固定し締め上げる別の技分類となる。

絞め技と締め技関節技を一まとめしたものを極技サブミッションホールド、略称サブミッション)と言う。

概要[編集]

古流柔術ブラジリアン柔術柔道高専柔道)、合気道少林寺拳法プロレスルタ・リーブリ逮捕術護身術総合格闘技などに見られる。

絞め技で失神することを落ちるという。

頚動脈洞を圧迫されて失神した者は絞めるのを止めるとすぐに脳への血流が再開するため問題はないが、気管を圧迫されて失神した者は放置しておくと危険なため、直ぐに蘇生のため応急処置が必要である。

絞め技も関節技投げ技と同じく独特に高度に洗練された技術である。

実戦で有効なものにするためには、かなりの稽古量を必要とする。

主に絞め技は3つに分かれている。

  1. 直接、頚動脈洞を圧迫し、頚動脈洞反射を引き起こし、酸素が行き届かないようにする。(頚動脈洞性失神
  2. 喉頭隆起を押し込め、気管を塞いで空気が行き届かないようにし、窒息させる。
  3. といった呼吸器を塞ぎ、呼吸できないようにし、窒息させる。

といったものである。

なお、首の喉仏周辺の骨筋肉のない部分や筋肉の少ない頚動脈の部分を指などで圧迫させる方法もある。

長時間絞めたままにしたり、喉仏を潰すように絞めると死亡事故に繋がるので注意が必要である。

しょっちゅう落とされたりしていると、少し絞められただけで落ちる落ち癖が付いてしまう(ただし、もともとしっかり絞められるとわずか数秒で落ちてしまうため、落ちやすさの比較実験が難しく、落ち癖は迷信ではないかという意見もある。

頚動脈洞反射の性質上、その時の血圧状態が一番落ちやすさに影響する。

酸欠で血圧が異常に高い状態だったら失神しやすい)。

なお、短時間に複数回絞め落とされると、ほぼ間違いなく失禁してしまうため注意が必要である。

かける人間もかけられる人間も事前にトイレに行くことが望ましい。

カルガリー大学医学部のドクターが発表した「首血管圧迫における意識喪失のメカニズム」という論文において、首の太い人ほど早く落ちやすい、という結論が出ている[1]

ただ、古武術は基本的に刀などで武装した複数の侍を相手に想定された技がほとんどであり、絞め技は捨て身技になる。

だから、柔道や総合格闘技のような絞める技は少なく、打突での頸動脈やのどへの攻撃が多い。

フロントストラングルホールドに似た袖車絞。下の腕の袖を持って絞めている。通常は上の腕の袖を持つことが多い。
突込絞。両手で相手の両襟を持って絞める。

絞め技の例[編集]

三角絞

前三角絞(正三角絞、表三角絞)
横三角絞
後三角絞(縦三角絞)
裏三角絞

裸絞

バックチョーク
スリーパーホールド
チョークスリーパー
フロントストラングルホールド
グランドチョーク
フロントチョーク(ギロチンチョーク)

肩固め

腕三角絞め
がぶり絞め
スピニングチョーク(アナコンダチョーク、ブラボーチョーク)

片羽絞

送襟絞

地獄絞

腰絞(クロックチョーク、横絞、時計絞め)

小手絞(腕絞り)

十字絞(クロスチョーク)

逆十字絞
並十字絞
片十字絞
ベースボールチョーク(野球絞め)

袖車絞

突込絞

ネクタイ絞

両手絞

片手絞

フットチョーク(ゴゴプラッタ)

ラペラチョーク

ラッソーチョーク

ハンドチョーク

ロコプラッタ

脚注[編集]

関連項目[編集]