内股巻込

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内股巻込(うちまたまきこみ)は柔道捨身技の一つ。

概要[編集]

内股を掛けたときに相手を崩せず投げられないと判断した際に、即座に体を浴びせるようにして、無理矢理投げる技。基本的に「一本」を取れる技ではない。

また、大外巻込と同じくこの技を練習すれば逆に内股の上達を妨げる。

外部リンク[編集]