大内刈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大内刈

大内刈(おおうちがり)は、柔道投げ技の足技21本の一つ。

概要[編集]

自分の足の外側で相手の足の内側を刈る技。

右組の場合、前さばきで、体を相手の内ふところに入り、真後ろまたは左後ろすみに崩して内側から右足で相手の左足を開かせるように大きく刈って倒す技。小内刈と同様に牽制や崩しに使うのに便利な技であるため、内股大外刈背負投などへの連携に使われることが多いが、単独で一本になるケースも多く見られる。

なお、刈る足を相手の足に絡ませてしまうと禁止技の河津掛となり反則になってしまうので、注意が必要である。

また、踏み込んだ時に体勢が斜めになっていると、小外刈大内返で返されやすく、うまい人でも、この体制のまま技を決めるケースは少ない。 基本は正面から正対し、前に踏み込む。 うまい人も体勢を真横にするか、体勢が斜めでも技を掛けるときには、正面から正対する様に調整する。

大内掛(大内落)は正式な技としては認められておらず、技を掛ける事は出来るが、踏み込んだ際に、大外刈大外落小外刈小外掛に比べると、遊びが出来てしまい、相手に反撃されやすい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]