内巻込

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内巻込(うちまきこみ)は、柔道投技横捨身技15本の一つ。

概要[編集]

片袖で組み(両手共、片方の袖を掴み)、相手の腕を首に巻き付ける様に引いて、倒れこみながら投げる技。

右組の場合、技を仕掛ける側(取)は相手(受)を前または右前隅に崩し、受の左腕を脇から差し入れて抱え込み(一本背負投のように抱えることになる)、腰を受の外側に出して受の足が出るのを防ぎつつ、前方に倒れ込みながら(体を捨てて)、抱えた腕を首に巻き付けるように引きつけて投げる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]