出足払

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
出足払

出足払(であしばらい、であしはらい)は、柔道投技足技21本の一つ。

概要[編集]

足払い系の技の一種である。

前に出ようとする相手の出足(相手が踏み込んだ足相手が後ろに引いた時に前に出たというよりも、前になった足)が畳に着こうとして体重の乗った瞬間を狙い、相手の足首を外側から自分の足裏で払う。

同時に腕で相手の上半身をひねり、横向きざまに倒す技である。

熟練者のタイミング良い出足払をこらえることは困難であり、受けの側は常に基本の摺り足を心がけてなるべく足を浮かさないことが防止策となる。

また返し技として、出足払に来た相手の足をすかして逆に自分が出足払をかける燕返がある。

この技の名手としては正木嘉美が挙げられる。

蹴返しと蹴手繰り[編集]

相撲決まり手で出足払にあたる技に蹴返し蹴手繰りがある。

蹴返し

四つに組んでいる時に掛ける(すなわち、組んでいる時に掛ける)。
送足払もこれにあたる。

蹴手繰り

柔道でいう組み際にあたる立ち合いの際に掛ける。
また、立ち合いの際に掛けるため、こちらの方が体勢が低い。

このため、立ち合いの際に掛けるかどうかのタイミングと体勢の低いかどうかの違いがある。

その他[編集]

ストリートファイターIIエドモンド本田は「出足払い」という技を持つが手を使って相手の足をはらっている。

外部リンク[編集]