上四方固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上四方固.jpg

上四方固(かみしほうがため)は、柔道固技抑込技9本の一つ。

ブラジリアン柔術総合格闘技では同様の体勢をノースサウス・ポジション (North-south position) と呼ぶ。

概要[編集]

仰向けにした相手の(上)側から相手に乗り被さり、相手の両肩の上または、両方の腕の横から、抱き着く様に、自分の両腕で抑え込む技。

両手で横帯を取って、相手の両腕が抜けないようにをしめて抑える方法と、相手の両腕をバンザイさせるように固定し抑え込む方法がある。

総合格闘家のジェフ・モンソンは上四方固からのノースサウス・チョークを得意技としている。

崩上四方固[編集]

崩上四方固(くずれかみしほうがため)は、上四方固の変化技である。

崩袈裟固袈裟固から変化して生まれたのと同じ形で名前が付いた。

いわば、正式な上四方固でないものの事を崩上四方固という。

①自分の片方の腕を相手の脇の下から、もう片方の腕を相手の肩の上(上四方固と同じ。)から、自分の両腕で抑え込む。
②相手の両方の脇の下から、自分の両腕で抑え込む。

等の様々なパターンがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]