帯落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

帯落(おびおとし)は、柔道投技の一つである。手技15本の一つ。1920年(大正9年)に五教の技から外された。[1][2]

概要[編集]

後ろから、相手の帯を掴んで、足を伸ばして支点にし、相手を後方に投げる技。

右組の場合、自分(取)は右手で相手(受)の前帯を取り引きつける。

次に左手で前から脇に抱えるように受の腰に手を回し体を密着させ受の下履をつかむ。

両手をすくい上げるように相手を持ち上げながら取は背中を反らして後に投げる。

両手で下半身をすくう掬投と類似の技になるが、前帯をつかむ点が異なる。

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ http://www.kodokan.org/j_waza/index.html 講道館HP 技の名称一覧
  2. ^ 醍醐敏郎『写真解説 講道館柔道投技 上』本の友社 1999年 ISBN 4-89439-188-0

外部リンク[編集]