隅返

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

隅返(すみがえし)は、柔道投技真捨身技5本の一つ。

日本の選手はあまり使わないが、旧ソ連圏のサンボにも類似している技であることから、ロシアやグルジアなどの地域出身の選手は得意技としていることが多い[1]

概要[編集]

相手を前に崩し、仰向けに身を捨てつつ、足(足の表側、足の甲)を相手の太腿の内側に引っ掛けて、跳ね上げ、頭越しに投げる技。

巴投と混同しやすいが、巴投は足裏を相手の下腹に当てて投げる技で、この点で区別できる。

発声せずに失敗すると自分が投げられたように見えてしまうことや、読まれて大内刈小内刈などを合わせられると打つ手がないといった弱点は、他の捨身技同様である。

リスクを持つ捨身技でありながら、この技を主力とする珍しい選手としては、旧ソ連のグリゴリー・ベリチェフハンガリーチェース・イムレ、最近ではベラルーシユーリ・ルイバクフランステディ・リネール等がいる。

特に、ルイバクは2005年嘉納杯において、3試合で隅返による一本勝ちを収めている。

河津掛のように足をからませて横に投げる方法もあり、最近の国際大会で多用されている。

投の形[編集]

投の形の真捨身技の3本目にある。

脚注[編集]

  1. ^ 『スポーツレベルアップシリーズ上達する!柔道』99頁。

外部リンク[編集]