グリゴリー・ベリチェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
男子 柔道
オリンピック
1988 ソウル 95kg超級
世界柔道選手権
1987 エッセン 95kg超級
1981 マーストリヒト 95kg超級
1985 ソウル 95kg超級
1989 ベオグラード 95kg超級

グリゴリー・ベリチェフ(Grigory Verichev 1957年4月4日-2006年5月25日 )は、旧ソ連クングル出身の柔道選手。階級は95kg超級。身長187cm。体重125kg[1]

人物[編集]

1981年の世界選手権95kg超級では決勝で山下泰裕横四方固で敗れたが2位となった。1984年のロサンゼルスオリンピックはソ連がボイコットしたために出場できなかったが、その実質的な対抗大会としてワルシャワで開催されたフレンドシップ・ゲームズでは優勝を飾った。1985年の世界選手権では、準決勝で斉藤仁内股で一本負けして3位となった。1986年の正力国際では2階級制覇を達成した。この当時は外国勢として最強の選手とみなされていたが、1987年の正力国際では準決勝で明治大学1年の小川直也払腰で敗れて3位に終わった。しかし、世界選手権では初戦で正木嘉美隅返の有効で破ると、決勝ではエジプトのモハメド・ラシュワンを判定で破って、30歳にして世界チャンピオンとなった。1988年のソウルオリンピックでは準決勝で東ドイツのヘンリー・ストールに判定で敗れて3位に終わった。1989年の世界選手権では3位だった。その後引退すると、ソ連のプロ格闘家の組織であるDILA所属となり、大仁田厚率いるFMWにも参加することで話題になった。

主な戦績[編集]

(階級表記のない大会は全て95kg超級での成績)

脚注[編集]

外部リンク[編集]