後腰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古流の後腰

後腰(うしろごし)は柔道投技の一つ。

概要[編集]

後ろから、膝を沈めて、相手のひかがみにあてて、後ろに引く事で相手の体勢を崩す。

相手を抱きかかえ、裏投抱上の様に、腰と膝のバネを生かして相手を持ち上げ、腰の回転を利かせて、空中で捻り倒す形で叩き落とす。

単純な様で、難易度の高い技である。

相撲で言えば、後ろから仕掛ける吊り落としの様な形となる。

足を伸ばして支点にして投げると、帯落となる。

背負投払腰内股など背を向ける技を読んでカウンターで出せば非常に決まりやすい。

不意を突かれた上に真下に思い切り叩きつけられるため受ける側は注意が必要である。

起源[編集]

『通説・柔道図解』によると昔の後腰は現代とは違う。

「左手で相手の左腰を、右手で右腰を押し、背後を左前に密着させる」ような技であった。

外部リンク[編集]