大外落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大外落 (おおそとおとし)は、柔道投げ技足技21本の一つ。当初は手業に分類された[1]


概要[編集]

いわば、大外版小外掛である。

大外掛ともいえる。

投げ方は、大外刈同様、自分の足の外側で相手の足の外側に仕掛けるが、小外掛の様に、縦に踏み込んで引っ掛ける(足を止める)様にして相手を倒す技である。

右技で説明する。

  1. 左引き手で受の右外奥袖を取り、右釣り手で受の左から後襟を取る。
  2. 受が引く時、又はその場に踏ん張る時、左足で受の右足の脇へ充分に踏み込む。
  3. 右足を上げて受の右太ももの外側から両足の後の中間に踏み込む。
  4. 左引き手は下へ引き、右釣り手で押す。
  5. 受の右足は居ついて抜き差しならないようになり、仰向けに倒れる。

この技は後頭部を強打する可能性が高く、受は受身をきちんと取り、取は受が畳に着く寸前に引き手を引くこと。

類似の技[編集]

大外車大外刈大外巻込

参考文献[編集]

  1. ^ 『柔道手引草』 磯貝一著 武徳会誌発売所,明43.2月

外部リンク[編集]

柔道チャンネル