並十字絞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

並十字絞(なみじゅうじじめ)は、柔道絞技12本の1つである。

十字絞の一種。

腕を十字にして、両手の甲が上になる様に、相手の両襟を掴んで、前腕で相手の頸部を絞める技[1][2][3]

概要[編集]

まずは取が両腕を交差させて受の両方の横襟を握る。

この際に取は両手の親指を内にして受の両横襟を握るようにする(両手の四指を受の道衣の外側に出す)[1][2][3]

そして、その状態から取は自らに引き付けるように力を入れて両手の小指をうまく利用しながら、受の両側頚部を圧迫して絞め上げる。

受が仰向けの場合は取の体を前に乗せかけながら、両脚で受の体を制しながら両腕を引いて絞める[1][2][3]

なお、受が上になっている状態からでも技を仕掛けることが可能。

受がこの技に対処するには、体を右側に移動させて取の左手の下に受の左手を入れて、その状態から手のひらを左後頭部に押し当てて防御する。

もしくは、右手か場合によっては両手で取の両肘を押して左横に転がりながら立ち上がるようにする[1][2][3]


脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「決定版 講道館柔道」 講道館 講談社、1995年 123頁 ISBN 978-4871522052
  2. ^ a b c d 「柔道絞め技入門」 柏崎克彦小室宏二、2010年 60頁 ISBN 978-4871522052
  3. ^ a b c d 「柔道技の見極めハンドブック」 柏崎克彦 ベースボールマガジン社、2004年 96頁 ISBN 978-4583612836

外部リンク[編集]