アンクルホールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アンクル・ホールドAnkle Hold)は、総合格闘技プロレスレスリングで用いられる関節技の一種である。アンクル・ロックAnkle Lock)、トウ・ホールドToe Hold)とも呼ばれる。日本名は足首固め(あしくびがため)。

概要[編集]

相手の足首を手を使って固定して捻って極める技である。かけ方は主に以下の3つがある。いずれも、てこの原理を使う。

総合格闘技[編集]

総合格闘技におけるアンクル・ホールド。

総合格闘技では相手の足首を両腕で胸に抱え込むように取り、自身の肘の内側に相手のアキレス腱のあたりを当てて支点として、もう一方の手でつま先を折り込んで上体ごと折り曲げながら足首を伸ばしきるようにして極める。

エスケープ方法としては、つま先を捉えている相手の腕をもう一方の足で蹴り、技をほどいてから脚を抜く方法や、つま先が捻られる方向へと体ごと回転して、もう一方の足で相手の尻を蹴って脚を抜く方法が一般的である。ただし、後者は足をまっすぐ伸ばしきるように極められた場合には効果はない。

ヒール・ホールドアキレス腱固め膝十字固め等、他の足関節技からの連携としても柔軟に使用することができる。

プロレス[編集]

カート・アングルが仕掛けるプロレスにおけるアンクル・ホールド。
ジャック・スワガーが仕掛けるプロレスにおけるアンクル・ホールド。

プロレスでは相手を、うつ伏せに倒してから(もしくは相手が既に、うつ伏せの状態の時)相手の足首を両腕で胸に抱え込むように取り、相手の膝裏に自らの両腕で引っ張り込みながらて、この支点を作り、相手の足首を肩口付近に押し付けて自身の体重を乗せるように押し込み足首を極める。

返し方としては自身がとられている足と同じ方向(右足を攻められているなら右方向)へと回転するのが有効。技を仕掛ける側も自身の足を絡めて回転されにくくすることがあるが、この場合は自身の自由が効かなくなるため、ロープエスケープされやすくなってしまう(この状態をアメリカではブドウの蔦に擬えてグレイプバイン・アンクル・ロックと呼ばれている)。

日本での初公開は1989年、ヨーロッパ修行から凱旋した船木誠勝がドイツでミレ・ツルノから習得した技として使用[1]

主な使用者[編集]

レスリング(フリースタイル)[編集]

レスリング(フリースタイル)におけるアンクル・ホールド。

同名の技術がレスリング(フリースタイル)でも使用されているが英語でレッグ・レースLeg Lace)、アンクル・レースAnkle Lace)とも呼ばれるもので特徴は前述の技とは異なる。

レスリングでは相手の足首をクロスさせてがっちりと固めることで動きを封じて、そこから相手を1回転させると2点を獲得できる。そのまま2回転以上してもポイントにはならず、1度別の技に移行して1点以上獲得すれば再び、有効になる。このように点が入ることから貴重な技術でもある[2]。成功すると相手を瞬間的にフォールに近い状態にもっていくことができ、その後の攻撃に選択の幅ができる。

脚注[編集]

  1. ^ 『Gスピリッツ Vol.23』P73(2012年、辰巳出版ISBN 4777810054
  2. ^ 『最新レスリング教室』P134