橋本和樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
橋本 和樹
Kazuki Hashimoto
橋本 和樹Kazuki Hashimotoの画像
プロフィール
リングネーム 橋本 和樹
本名 同じ
ニックネーム 悪童
大日本の橋本
身長 170cm
体重 80kg
誕生日 (1990-05-25) 1990年5月25日(27歳)
出身地 埼玉県草加市
所属 大日本プロレス
スポーツ歴 サッカー
トレーナー アニマル浜口
デビュー 2009年9月21日
テンプレートを表示

橋本 和樹(はしもと かずき、1990年5月25日 - )は、日本のプロレスラー。埼玉県草加市出身。大日本プロレス所属。身長170cm、体重80kg。

経歴[編集]

2009年3月、高校卒業と同時に大日本に入団し(同期は塚本拓海)、 同年9月21日、札幌テイセンホール大会でデビュー。

2010年は4月29日から5月5日までのKAIENTAI-DOJO主催K-METAL LEAGUEに初出場で初優勝。さらに同年6月20日K-DOJO千葉大会、前述のK-METAL LEAGUE優勝の副賞として要求したマリーンズマスクインディージュニアヘビー級王座に挑戦し敗戦、王座獲得に失敗。

2012年、ZERO1に参戦。同じ姓の橋本大地との抗争に発展。6月には大地とシングルマッチを行うが敗れている。しかし同年の大日本最侠タッグリーグ戦では抗争していた大地と参戦し予選敗退ながら2勝をあげた。後に大地とのチーム名を、それぞれの名前(地・樹)を取り、「チーム大和(やまと)」と命名。

その後も最侠タッグには2013年に小幡優作と出場したが予選敗退。2014年は金本浩二と組んで初めて決勝トーナメントに進出したが準決勝敗退。

2016年2月、全日本プロレスJr. BATTLE OF GLORYに参戦。優勝決定戦まで駒を進めるが、最終公式戦にて左腕尺骨骨折、長期欠場に加え、一騎当千のエントリーも取り消しとなる。8月23日に復帰。欠場中に肉体改造を施し16キロ減量(80キロ台に)。蹴りの切れ味を増して帰ってきた。

8月22日の上野恩賜公園大会では、6人タッグマッチを行う。忍、野村卓矢の3人タッグで、吉野達彦、関札皓太、青木優也との3人タッグと対決。10分55秒に野村が吉野にアスリート・ジャーマン・スープレックス・ホールドでフォールされて、橋本組は敗戦[1]

得意技[編集]

上弦の月
ケガからの復帰戦で披露した変形の三角絞め
三脚巴
2017年より対ヘビー級対策で使用している元大日本プロレス所属の石川晋也が使用していた腕決め卍固めと同型の技。
ノーザンライトボム
デスバレーボム
顔面ウォッシュ
先輩格の使い手である大谷晋二郎金本浩二の2人に対しても使用している。
アンクルホールド
バズソーキック
仰向けになった相手の上半身を起こして相手の左側頭部を振り抜いた右足の甲で蹴り飛ばす。
各種キック

タイトル歴[編集]

  • K-METAL LEAGUE優勝
  • 横浜ショッピングストリート6人タッグ王座
  • 酒田港インターコンチネンタルタッグ王座

人物[編集]

  • 小学校からサッカーをやっていたが、高校3年間はアニマル浜口レスリング道場に通い、レスラーの基礎を身に付ける。
  • 大会では試合前の凶器の設置から試合中の安全対策に至るまで、デスマッチの全てを指揮する現場責任者としての役割を果たしている。

入場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号p.90.

外部リンク[編集]