河上隆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河上 隆一
Ryuichi Kawakami
河上 隆一Ryuichi Kawakamiの画像
プロフィール
リングネーム 河上 隆一
トランザム★リュウイチ
本名 河上 隆一
ニックネーム 情熱スカーレット
身長 180cm
体重 100kg
誕生日 (1988-11-29) 1988年11月29日(28歳)
出身地 神奈川県藤沢市
所属 大日本プロレス
スポーツ歴 レスリング
空手
トレーナー 関本大介
デビュー 2008年12月4日
テンプレートを表示

河上 隆一(かわかみ りゅういち、1988年11月29日-)は、日本のプロレスラー。神奈川県藤沢市出身。180cm、100kg。大日本プロレス所属。

経歴[編集]

2008年に大日本プロレスへ入団。同年12月4日、横浜にぎわい座大会(Dダッシュ)でのvs関本大介戦でデビュー。2009年6月9日のDダッシュで佐々木大輔と組んでのvs関本・佐々木義人戦でMVPを獲得。

2010年2月13日の大会よりヘビー級7番勝負を実施する。

河上の0勝7敗となった。

2011年5月15日の全日本プロレス後楽園ホール大会に、関本・岡林に続くストロングBJ第三の戦士として参戦し、真田聖也征矢学中之上靖文と対戦、真田のタイガースープレックスホールドの前に敗れた。全日本プロレス7月18日後楽園ホール大会に再び参戦し、パートナーの岡林が中之上からフォールを奪い勝利し、雪辱を果たす。

2012年の一騎当千strong climbに参戦中、3月の試合で左膝を痛め年内一杯休養となったが、2013年1月14日の北千住大会でのエキシビジョンマッチより復帰し、6月に初開催された大日本のストロングトーナメント『RISING』で優勝。9月には天龍プロジェクトのリーグ戦『蛟龍R』で優勝した。

2015年8月に再び左膝を負傷し、当初は軽度の靭帯損傷と診断されたが10月の復帰戦で再発。本人の希望により11月の天龍源一郎最終興行に出場したあと手術を行ない、2016年の夏頃まで休養。両国大会の関本大介とのシングルマッチにて復帰。

2016年9月8日BASARA北沢大会にトランザム★リュウイチとして参戦。以降も同団体にはトランザム★リュウイチ名義で参戦。

2017年8月24日に新木場1stRINGで行われたユニオンMAX選手権試合では久保佑允と防衛戦を行った。中盤から徹底してリュウイチの左膝を狙き、追い込んだ久保であったが届かず。18分49秒で片エビ固めに仕留めて、第8代王者として3度目の防衛に成功[1]

得意技[編集]

タイトル歴[編集]

  • 横浜ショッピングストリート6人タッグ王座(4代目、パートナーは岡林裕二&石川晋也
  • 第8代ユニオンMAX王座(トランザム★リュウイチとしてベルト奪取)
  • 頂天〜itadaki〜2017優勝(トランザム★リュウイチとして優勝)

入場曲[編集]

『Multiple Progressing』(BJW MUSIC FILE 収録)

テレビドラマ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号pp.56.

外部リンク[編集]