マグニチュード岸和田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マグニチュード岸和田
マグニチュード岸和田の画像
プロフィール
リングネーム マグニチュード岸和田
"ビッグボス"MA-G-MA
怪獣Zマンドラ
紫炎龍
闘龍
藤田 豊成
本名 藤田 豊成
ニックネーム 大阪で一番強い男
身長 175cm
体重 95kg
誕生日 (1971-05-09) 1971年5月9日(48歳)
出身地 大阪府岸和田市
所属 フリー
スポーツ歴 器械体操
パワーリフティング
デビュー 1993年1月20日
テンプレートを表示

マグニチュード岸和田(マグニチュードきしわだ、1971年5月9日 - )は、日本覆面レスラー。本名:藤田 豊成(ふじた とよなり)。

経歴[編集]

1993年1月20日オリエンタルプロレス後楽園ホール大会で藤田 豊成(ふじた とよなり)として対高杉正彦戦でデビュー。12月、オリエンタルプロレスが解散。

1994年2月、新格闘プロレスに入団。11月、新格闘プロレスが解散。

1995年SPWFレッスル夢ファクトリー西日本プロレス東京プロレスPWCFMWなどに参戦していた。

1996年から1997年新生W★ING闘龍(とうりゅう)としてレギュラー参戦していた。

1998年、SPWFに紫炎龍(しえんりゅう)としてレギュラー参戦していた。

1999年大阪プロレスに入団して怪獣Zマンドラ(怪獣ゼータ・マンドラ)として登場。

2001年8月24日ブラックバファロー&ツバサ組に勝利して村浜武洋と共に大阪プロレスタッグ王座を獲得。同年、ルード軍「FLUxx」に加入。

2002年1月、"ビッグボス"MA-G-MA("ビッグボス"マグマ)として登場。1月3日アステカ&ミラクルマン組に勝利して大王QUALLTと共に大阪プロレスタッグ王座を獲得。11月9日、「天王山」に出場して優勝。

2003年2月、リーダーのGammaがFLUxxを離脱したことで解散。同年、ルード軍「岸和田愚連隊」を結成。11月9日、「天王山」に出場して優勝。

2004年5月から6月、新日本プロレスで開催された「BEST OF THE SUPER Jr.」に出場。10月2日ビリーケン・キッドに勝利して大阪プロレス王座を獲得。11月3日、「天王山」に出場して優勝。

2005年4月、大阪プロレスを退団。6月22日DRAGON GATE後楽園ホール大会でヒールユニット「Blood Generation」に加入してリングネームをマグニチュード岸和田(マグニチュードきしわだ)に改名。

2006年4月23日、DRAGON GATE大田区体育館大会でBlood Generationを脱退してヒールユニット「マッスル・アウトローズ」を結成。

2008年2月3日アゼリア大正でデビュー15周年記念興行を開催。5月14日、マッスル・アウトローズが解散。5月31日、DRAGON GATE神戸サンボーホール大会でユニット「絶倫ズ」を結成。8月10日、アゼリア大正で自主興行「MAGNITUDE 1.0」を開催。

2009年1月11日、アゼリア大正で自主興行「MAGNITUDE 2.0」を開催。4月、絶倫ズが解散。11月7日、DRAGON GATE後楽園ホール大会でユニット「ベテラン軍」に加入。11月15日世界館で自主興行を開催。

2010年1月、ベテラン軍が解散。

2012年7月8日、淀川区民センターで自主興行「お前ら見たらわかるやろ!」を開催。

2013年9月23日道頓堀プロレス道頓堀アリーナ大会でユニット「道頓堀防衛軍」を結成。11月17日、道頓堀アリーナでデビュー20周年記念大会を開催。12月16日、アサヒスーパーライト館岸和田店駐車場特設リングで自主興行を開催。

2014年1月13日、道頓堀防衛軍を脱退。

得意技[編集]

投げ技と巨体をいかしたパワーファイターだが見た目から想像が及ばないほど身が軽く空中技も得意としている。

ムーンサルトプレス
ダイビングボディプレス
ラストライド
垂直落下式ブレーンバスター
ドラゴンスープレックス
ジャーマンスープレックス
ダブルアームスープレックス
マンドリラー
フィッシャーマンズバスターと同型。
ラリアット

入場曲[編集]

タイトル歴[編集]

リングネーム[編集]

  • 藤田豊成
  • バイオレンス・リベンジャー
  • ザ・ウルフ(初代)
  • 闘竜
  • ドラゴン・ウィンガー
  • タンクマン
  • 紫炎龍
  • 怪獣ザガラウス
  • 怪獣トリトス
  • 怪獣Zマンドラ
  • "ビッグボス"MA-G-MA
  • マグニチュード岸和田(現在使用中)

映画出演[編集]

  • おっさんのケーフェイ(2019年2月16日) ‐ 本人役[1]

脚注[編集]

  1. ^ おっさんのケーフェイ” (日本語). 映画-Movie Walker. 2019年2月24日閲覧。

外部リンク[編集]