戸澤陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戸澤陽
戸澤陽の画像
プロフィール
リングネーム 戸澤陽
トザワ
戸澤
戸澤アキラ
TOZAWA圏外
本名 戸澤陽
ニックネーム ビッグオーバー
Mr.ハイテンション
戸澤塾一号生筆頭
リングの太陽頭
スタミナモンスター
身長 170cm
体重 80kg
誕生日 1985年7月22日(31歳)
出身地 兵庫県西宮市
所属 WWE
スポーツ歴 ラグビー[1]
トレーナー 望月成晃
新井健一郎
デビュー 2005年
テンプレートを表示

戸澤 陽(とざわ あきら、1985年7月22日 - )は、兵庫県西宮市出身の日本プロレスラーである。

経歴[編集]

兵庫県西宮市で育った戸澤陽は3人きょうだいの次男坊で、5つ上の兄、5つ下の妹がいる。特に兄と仲が良く、いつも一緒に遊んでいた。戸澤曰く兄はとても喧嘩が強く、戸澤は兄とのケンカに一度も勝ったことがないという。正義感の強い兄とは対照的に戸澤はやんちゃであった。学校が終わればすぐ公園で野球やサッカーなどのスポーツや鬼ごっこなどをして日が暮れるまで遊んでいた。初めてプロレスと出会ったのは小学校高学年の頃であり、兄と一緒に夜遅くにテレビを見ていると新日本プロレスの東京ドーム大会が中継されていた。これは長州力が引退試合で5人掛けを行った試合である。初めて観た感想は「これがプロレスかぁ」というストレートなものであり、この時はまだプロレスを好きになるまでには至らなかった。この頃好きだったのはK-1であり、アンディ・フグ、マイク・ベルナルド、ピーター・アーツ、アーネスト・ホーストなどに憧れていた。しかしそれからしばらく経ったある日WCWの放送を観て、筋肉隆々としたスコット・スタイナーの姿を見て以来プロレスにハマった。この頃からプロレスごっこをするために近所の大学に行ってその大学の陸上部の備品である棒高跳び用のクッションを使ってプロレスごっこを行っていた。中学生の頃には進路志望の書類を提出する時に「プロレスラー」と書いて提出したために親が呼び出され、その時親から「あなたバカじゃないの。高校だけは卒業して」と反対を受けた[2]

中学卒業後は普通に高校に進学、兵庫県立西宮甲山高等学校ではラグビー部に所属。本当は柔道部に入部したくて実際に柔道部へ入部届を描いたが、ラグビー部の顧問から「柔道部は今あまり活動していないからラグビー部に入った方がいい」と言われてラグビー部に入部したという。ラグビーのルールすらわからなかったが、公立高校の弱いチームであったため厳しくはなく、フォワードでレギュラーの座を得た。高校時代のある年の夏休みにラグビーの強豪校として有名な京都市立伏見工業高等学校と練習試合で対戦したことがあり、1年生だけのチームで挑んできた伏見工業に100対0で完敗した思い出がある。練習は毎日のようにあったが、小学・中学と同じように目いっぱい遊び、相変わらずのやんちゃぶりから学校では先生からずっと怒られたという。高校卒業間近、「高校を卒業してほしい」という家族の希望をかなえたためか、プロレス入りに関しては両親から「頑張りなさい」と背中を押された。プロレスラーになる方法を知るためにインターネットで調べると闘龍門の募集告知が目に飛び込み、早速書類を揃えて応募した[2]

2004年に高校を卒業後、DRAGON GATEに入門。先にデビューした鷹木信悟B×Bハルクとは同期入門。練習生時代は走り込みやスクワットなど基礎体力トレーニング中心であったが、ラグビーで鍛えていたため練習についていくことは容易であった。それよりもちゃんこ番が苦痛であり、入門前は料理などやったことがなかったためちゃんこ番になる度に気持ちが病んできたという。練習生の頃からドン・フジイに襲われ、抗争が始まっていた[2]

新人時代[編集]

2005年4月3日、フジイの暴挙に腹を立てた新井健一郎により戸澤を見切り発進的にデビューさせることになり、戸澤リングネーム神戸サンボーホール大会のフジイ戦でデビュー。デビュー戦ではリングで走るムーブさえまともにできず、何もできない悔しさから涙した。DRAGON GATEの選手には珍しくギミックなしの新人となった。その後10番勝負を行うが全敗、道場に強制送還され再修業を行うことになる[2]

同年10月にフジイを相手に大野勇樹と共に再デビュー、ハンディキャップマッチだったが敗れ、戸澤からトザワにリングネームを変更させられる。しばらくはファイナルM2K預かりとして活動していたが2006年、OPEN THE BRAVE GATE王座決定リーグ戦に出場。アラケンに「一勝でもしたらFinal M2Kに入れてやってもいい」と言われて奮起し、土井成樹に勝利。アラケンからスカジャンを手渡され、涙のフィナーレかと思いきや、「他にやりたいことがある」とスカジャンをその場で返した。

戸澤塾 - メタボリック・ブラザーズ[編集]

後にリングネームを戸澤アキラに改名。学ランを羽織り、魁!!男塾を模したような硬派ギミックにチェンジし、新ユニット「戸澤塾」を開校。戸澤塾一号生筆頭を名乗り、岩佐拓森隆行大野勇樹と塾生(メンバー)を拡大しデビューからわずか1年でユニットの長となった。

2007年1月25日の「武勇伝」では「戸澤塾vs男塾」と題して男色ディーノと対戦、最初はディーノのゲイっぷりに苦戦を強いられるが次第に何かに目覚め、全試合後には二人ともバスタオル姿で肩を組んで出て来た。現在もたまに何らかの拍子(ストーカー市川のカンチョー攻撃に耐える等)で目覚めることがある。

2007年5月12日に行われたマッスル・アウトローズ自主興業「マッスル・ライヴ Vol.1」ではDr.マッスルストーカー市川Zとマスカラ・コントラ・カベジェラ・コントラ・離婚3WAYマッチで対戦。最初に勝ち抜けるも、岩佐拓の発言によりルール上に不備があったことが判明。そしてこの試合の発案者の土井がケリを付けると言うことで自ら坊主になると言い、その後も岩佐、アラケン、マッスルのメンバー、挙句の果てには菊池リングアナまでが坊主になると手を挙げ、戸澤が泣きそうな顔で手を挙げると全員が「どうぞどうぞどうぞ!」とダチョウ倶楽部方式で坊主になった。

2007年9月1日666新木場1stRING大会では、デスマッチファイター葛西純と初対戦。松ぼっくり・秋刀魚・イガグリなどの、「ふざけた凶器(葛西純・談)」が使われながらも、自身初となるハードコアで大奮闘。

2008年に入ってからは、戸澤塾内で大野勇樹と「メタボリック・ブラザーズ」というタッグで活動し(タッグを組んでいた大野と共にデブキャラに転身)、学ラン、ボンタンなしで闘っていた[2]

奮起[編集]

武勇伝にてデブ-1グランプリに優勝し、吉江豊と対戦するも完敗、デブであることに限界を感じ始める。

以降は髪の毛の色は金髪であるが、太っているとはいえかなりの戦果をあげている大野、飛び入りだがトライアングル王座を獲得した等、刺激材料によってNEX2周年興行にてダイエット宣言、大野にも勧めるが断られ、亀裂が生じる。団体内外の選手と「ダイエット7番勝負」が行われ、3勝2敗2引き分け(内、2戦は反則勝ち、ノーコンテストの不完全決着もある)と、成長を見せる。最終戦でフジイに勝利し、トライアングルゲートに挑戦表明、11月16日にユニット解散を賭けて挑戦するも善戦むなしく敗れ、結局戸澤塾は解散となった。

その後、同期である鷹木、戸澤塾で兄貴的存在だった岩佐拓と共に新ユニットKAMIKAZEを結成する。なお、1月16日からはリングネームを戸澤アキラから本名の戸澤陽に変更した。以降はハイテンションキャラとなり、リング上、バックステージ等ところかまわず雄たけびを上げる。4月12日にはタッグマッチながら大谷晋二郎と対戦し、大谷にも一目置かれる。

5月にはCIMAの持つオープン・ザ・ブレイブ・ゲートに挑戦する(シングルタイトル初挑戦)。得意のジャーマン・スープレックスであと一歩というところに迫るものの、CIMAの経験には勝てず敗北した。その後CIMAに罵られ、悔し涙を流した。ブレイブゲートにはその後も挑戦が続いたが戴冠には至らなかった。

2010年にサイバー・コングがリング復帰し、KAMIKAZE入りしたが戸澤はそれを快くは思っていなかった。そして何度もサイバーに挑発し、5月の愛知県体育館大会で「負けたら今後しばらくは第0試合(ダークマッチ)」という条件の下で対戦したが、破れてしまい条件通りしばらくは第0試合で組まれる事になった。

5月のアメリカ遠征では同僚が帰国する中で一人残る事を宣言、その後無期限の武者修行に入った。アメリカ遠征でDragon Gate USA(DGUSA)に参戦した戸澤はアメリカの熱狂的なファンたちの姿に衝撃を受け、これがアメリカ残留の動機となったという[2]

アメリカ武者修行[編集]

7月の神戸ワールド記念ホール大会でNOSAWA論外とのタッグでTOZAWA圏外として帰国、一時的に凱旋試合を行った。

戸澤はその後も再渡米し、武者修行を再開。アメリカでは全く無名の戸澤は興業に出場する機会にも事欠き、Dragon GateとのパイプがあるPWGですら興行は月1回であった。裁定で月に1、2試合という時期もあり、酷い時にはギャラが現金ではなくブリトーであるということもあった。武者修行を始めて4ヶ月後、9月のPWGのバトル・オブ・ロサンゼルス2回戦となるクリス・ヒーローとの対戦がPWGにおけるマッチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。その翌日から戸澤に試合のオファーが次々と届き、オースチン・エイリース、ケビン・スティーン、エル・ジェネリコ、ロウ・キーなど名だたる選手たちとシングルで戦うことも多くなった。武者修行初期にはほとんど仕事がなかった状況から一転し、週末には試合のない日がなかったほどであった。この時について戸澤は「どこへ行ってもクリス・ヒーローとの試合を見たぞって言われるんや。こんなこともあった。アメリカのアパートに住んでたときのことやけど、ご近所さんが昨日見たよとか言ってくるわけや。そのおっちゃんは絶対に俺がレスラーってことを知らないはずなんや。でもお前はファイターだろ?みたいなことを言ってくる。ファイヤーには違いないけど、そのあとにジムへ行っても昨日見たぞと。オレってそんなに有名になったのかなと。PWGとかDGUSAとかみんな見てるのかなと思って、不思議な感じやったんやけど、4人目くらいで気づいたんや。どうやらオレに似た日本人選手が金網マッチ(ケージフォース=総合格闘技)で試合をしてたらしくて、その人と勘違いしていたと。道端で握手と化していた自分が恥ずかしくなったわ」と話している[2]

着実に力をつけACWやチカラなどで主要レスラーとして活躍するまでになった。そしてドラゴンゲートのアメリカ興行でもシングルプレイヤーとしての自信を高める試合をするようになる。さらに並みいる強豪を倒し絶好調のPAC相手にブレイブゲート王座にも挑み、あと一歩のところまで迫る試合となった。結果は破れてしまったものの、更なる自信を付けた。アメリカで骨をうずめる気で武者修行を続けていた戸澤は当時すでにインターネットで日本の情報が簡単に手に入る時代であったにも関わらず日本の情報は軽く確認する程度であった。2011年に入ってからも先々までアメリカでの予定が入っている状態であったが、ブラッド・ウォリアーズの仲間たちから日本で一緒にやらないかと誘いを受けた[2]

帰国[編集]

2011年6月8日の後楽園大会で凱旋帰国し、同時にBlood WARRIORSに加入した。そして様々な相手に勝利するなど結果を残し、今までは格下扱いしていたYAMATOや鷹木にも一目置かれるようになった。YAMATOにはシングルで敗戦するものの、7月17日の神戸ワールド記念ホール大会で鷹木にシングルで勝利し、アメリカでの修行が無駄ではなかった事を証明してみせた。

さらに8月にはハルクとタッグを組み、Summer Adventure Tag Tournament 2011優勝を果たす。10月にYAMATOとのノーロープノーDQマッチに勝利しドリームゲート王者の望月成晃を挑発、これに望月が戸澤を逆指名する形で王座戦が実現した。善戦したものの結果は敗北。しかし、12月の後楽園ホール大会でハルクと組み、横須賀享KAGETORA組を破りオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座を奪取する。戸澤自身初のベルトを腰に巻く事となった。その際、破った両名を「ジミー・ススム」「ジミー・カゲトラ」に強制改名させる(これがきっかけで翌年ジミーズが誕生した)。

2012年1月、Blood WARRIORSのリーダーであったCIMAを追い出す事に成功。Blood WARRIORSを消滅させ、残りのサイバー、ハルク、Kzy、谷崎とMAD BLANKEYを立ち上げ、2回目のユニットリーダーとなる。傍若無人に暴れ回り、KING OF GATE2012ではセコンドの手は借りつつも準優勝するなど破竹の勢いで実績を重ねた。更にCIMAに出場選手として選ばれた「CIMAロワイヤル5」では、YAMATOや土井、吉野正人と言った元ドリームゲート王者達を相手に反則技をほとんど使わずに勝利し、CIMAが持つオープン・ザ・ドリームゲート王座の挑戦権を獲得し、団体の年間最大の興行である神戸ワールド記念ホール大会のメインイベントのリングに立った。試合には敗れたものの、これで団体に在籍しているドラゴンゲート1期生全員が神戸ワールド記念ホール大会のメインイベンターを務めた。

2013年は5月に再びCIMAのオープン・ザ・ドリームゲート王座に挑戦するも惜敗、その翌月にはハルクと組み、オープン・ザ・ツインゲート王者の鷹木・YAMATO組と対戦、試合はYAMATOの裏切りもあって勝利しベルトを奪取した。しかし、土井・リコシェ組に敗れ防衛0で王座から陥落。2013年8月1日後楽園ホール大会での暁との解散マッチで自身がフォールをとり勝利するもMAD BLANKEYを追放される。その際マイクで呼びかけた望月に対し、戸澤は「オレは、お客さんを楽しませたいだけなんや!!」と叫び、観客からの大歓声に表情こそ崩さなかったものの涙を流した。

ベビーターン後の8月23日後楽園ホール大会では望月とともにかつて戸澤塾のメンバーだった新井、上記のようにデビュー当時から因縁のあったフジイとタッグマッチで対戦。入場時から終始大歓声を浴び続け、試合は新井に勝利し直後に戸澤はドリームゲート防衛戦に挑む鷹木のセコンドに着いた。鷹木は敗れてしまうが、CIMAの呼びかけもあって鷹木と共闘していくことを決意した。その際に戸澤は、「(略)ふたりで手をつなぎ、幸せになろうやないか!!」と呼びかけ(鷹木は長渕剛の大ファン))、鷹木とともにSummer Adventure Tag Tournament 2013に参戦する。

Tag Leagueの直前には追放されたMAD BLANKEYとのシングル5番勝負も決定した。セコンドの介入もあって1勝3敗と負け越して迎えた5戦目の際、対戦相手のウーハー・ネイションは「友であるお前とは戦えない」と試合放棄し自らゴングを鳴らし無効試合になった。これに激怒したMAD BLANKEYに対し救出に入った鷹木・サイバー・コングとの8人タッグマッチが急遽決定するが、今度はサイバーがMBに寝返り敗北。また、Tag Leagueでは順調に星を伸ばすものの9月12日の後楽園ホール大会での吉野・土井戦で土井が吉野を裏切りMB入りしたため無効試合となってしまう。しかしこのことがきっかけで、この日解散したWORLD-1 INTERNATIONALから吉野、リコシェしゃちほこBOYが合流。その後正式に「MONSTER EXPRESS」を結成する。

2015年2月にKzyが持つオープン・ザ・ブレイブゲート王座に挑戦して勝利し第27代王者となった。戸澤にとっては初のシングル王座戴冠となり、11月1日にKotokaに奪われるまで6回の防衛に成功した。

2016年7月から9月にWWEで開催されるWWEクルーザー級クラシックに出場、準々決勝でグラン・メタリックに敗退。

2016年9月25日の神戸大会終了後に11月3日の大阪大会を最後にDRAGON GATEを退団を発表。退団後はアメリカ・WWEでの挑戦が決定した。これに伴って日本での最後の試合に現世代での6人(戸澤、吉野、土井、鷹木、YAMATO、ハルク)での6人タッグマッチを戸澤自らが提案し、吉野とYAMATOとハルクは快く了承したが土井と鷹木はこれを拒否した。だが後日10月2日の博多スターレーン大会でYAMATOと戸澤の巧みな?土井と鷹木へのマイクのやり取りで参戦が決定。何故か乗り気になった土井が当日の対戦カードを土井ダーツで決めると発表し、10月23日の京都大会メイン終了後に行われた土井ダーツの結果、戸澤は土井と吉野の二人と組むことになり、対戦相手は鷹木とYAMATOとハルクに決定した。そして11月3日大阪大会のメインイベントとして行われた卒業試合は戸澤がYAMATOのギャラリアで敗北し、DRAGON GATEマット最後の試合を終えた。

WWE参戦[編集]

11月5日、クルーザー級部門の一員としてWWEに参戦することが決まった[3]

得意技[編集]

運動神経は良く、高さのあるドロップキックや綺麗なブリッジで放つジャーマン・スープレックス・ホールドが特徴。

  • パッケージ・ジャーマン・スープレックス・ホールド
2段式で落とす、だるま式ジャーマン・スープレックス・ホールド。相手を持ち上げ、空中で一定時間溜めを作った後真っ逆さまに落とすのが特徴。遠征中に編み出し、アメリカの幾多の強豪を倒してきた現在の戸澤のフィニッシュ技。帰国後のドラゴンゲートの試合でも同期の鷹木信悟や先輩の横須賀享など、ドリームゲートの歴代王者に対し、この技で直接勝利をあげている。腕のクラッチが完璧に決まると一発で勝負が決まるレベルで、決まった際の勝率が非常に高い。この技でオープン・ザ・ブレイブゲート王座を獲得した。過去に土井成樹がこの技を返したことがある。
ダイエット後から使用するようになった。かなりの高角度であるため、威力は高い。
  • デットリフト・ジャーマン・スープレックス・ホールド
マットにうつ伏せや四つん這いの状態の相手の背後から組み付き、そのままぶっこ抜き、溜めをつくってから放つジャーマンスープレックスホールド。この時、手をロックしないで放つ。
  • 高速ジャーマン・スープレックス・ホールド
相手のラリアットを避け、すぐに相手のバックをとり、低空式のジャーマン・スープレックス・ホールドを放つ技。フィニッシャーになる事もある。
ジャーマン・スープレックス並みの威力を持つ。へそで投げるタイプで、危険な角度で落ちる事が多い。サイバーなどの巨漢レスラーも軽々と投げてしまう。
  • ニーアタック
アメリカ遠征後から多用している。主は相手を座らせた状態でランニング式で放つ。奇声を発しながら放つ場合もある。
アメリカ遠征中から使用している二段蹴り。劣勢になった流れを変えるための一撃やジャーマン・スープレックスへの繋ぎとして使用される。コーナー上の相手にしかける場合もある。
  • 逆水平チョップ
主はコーナーポストに立たせて、連打で放つ。連打が終わるとフェイントし、顔面へのグーパンチで締める。
得意としている場外技。素早く戻って2発あるいは3発程度放つことが多い。
  • ミッション・インポッシブル
トペ・コン・ヒーロ。場外の相手に対しリング内からダッシュし、セカンドロープを踏み台にして場外に向けて放つ。
カウンターで使うなど、試合の流れを変える局面で使用する。ジャンプの上昇中に蹴りを繰り出すスタイル。さらにアメリカ遠征中から回転して蹴るタイプの延髄斬りも使用している。読まれて交わされた場合、マット上にうつ伏せに倒れ込んでしまうが、そこでバックを取ろうとする相手の股下を抜けて、ジャーマンスープレックスを狙う事が多い。
  • ヒップアタック
メタボリックキャラになってから使用し、ダイエット後もカウンターに使用する。対戦相手にコスチュームを捲られ尻出しになった状態のまま見舞うこともある。
メタボリックキャラだった時の戸澤のフィニッシュ技。ダイエット後はしばらく使用していなかったが、戸澤塾解散後から再び使用し始めた。MAD BLANKEY加入からはセコンドがレフェリーを引きつけた感に倒した相手の上に椅子を敷き詰め、その上にたたき込む(ただしこれは本来は反則であり、また自分へのダメージも大きい)攻撃を使用。コンビネーションとして、ウーハー・ネイションや鷹木のサポートで繰り出すこともある。MB追放後は椅子の用意をリングサイドの練習生にさせていた。時折コーナートップからのダイビングセントーンも見せる。
通常のものと違い、そのままエビ固めになるため、ウラカン・ラナに近い。
  • 雪崩式ブレーンバスター
コーナー上にいる相手に向かってダッシュし、その勢いのままコーナーを駆け上がって相手を捕らえ、「ブレインーーーバッスター!」と叫んで客を煽ってから敢行する。
  • 戸澤塾秘伝・戸澤バックドロップホールド
右手で相手の右手を、左手で相手の左足をクラッチして投げる変形のバックドロップホールド。現在はジャーマン・スープレックスを使用しているためかほとんど使用していない。
  • (戸澤塾秘伝・)厳鬼
ジャンピングダブルニーアタックのまま、両膝で相手の両肩を押すようにのしかかり、そのまま倒してフォールを取る技。
  • エプロンからトザワ
マットに倒れている相手に対し、エプロンを走ってコーナー付近でリング内に向けてジャンし、そのままダイビング・ヘッドバットを仕掛ける。
  • 戸澤塾秘伝・フレー!フレー!戸澤
コーナートップで「フレー!フレー!ト・ザ・ワ!ハイッ!」と自らにエールを送ってから、後ろ手を組んでダイビングヘッドバットをする。当然自爆の確率は高い。現在はお笑いを封印しているため、使用していない。
  • 戸澤塾秘伝・油風呂式固め
相手の上で胡坐をかいてフォールをとる技。これを3人でやると戸澤塾秘伝・鏡餅式体固めになる。元ネタは魁!!男塾に登場する度胸試し。現在はお笑いを中止しているため、使用していない。
  • 戸澤の爪
鷹木信悟戦で初使用。鷹木信悟の奥の手でもある鷹の爪と同型の技。使用者である鷹木からもフォールを奪った。

王者・優勝歴[編集]

  • ACW認定 U-30選手権
  • Summer Adventure Tag Tournament 2011優勝
パートナーはBxBハルク
パートナーはBxBハルク:2回→鷹木信悟
パートナーはB×Bハルク谷崎なおき
パートナーはB×Bハルク谷崎なおき

入場曲[編集]

  • 戸澤塾・塾歌
初期に間奏の部分で新井健一郎へのメッセージが入ったバージョンが使われていた。

リングネーム[編集]

  • トザワ
  • 戸澤アキラ
  • 戸澤陽
  • TOZAWA圏外

その他[編集]

  • 直接的ではないが、低迷していた新井健一郎岩佐拓のブレイク、スタッフだった宍戸幸之がデビューできたのも戸澤の成果と言える。
  • かつては謹慎処分を受けていたが、最近は受けていない。
  • 男色ディーノとの一戦の後、なぜか赤フンドシで、ことあるごとに自らズボンを脱いで披露していた。
  • マグナムTOKYOが退団した際、DRAGON GATE所属の選手達はこの件に関して一言も触れていなかったが、唯一戸澤だけが公式掲示板でマグナムに関するコメントを書いていた。
  • デビュー時より演じるキャラクターが多く、マイクパフォーマンスや表現力が上手い[1]。「千の風になって」を歌ったこともある。
  • 2010-2011年のアメリカ遠征で英語を身につけたため、ウーハー・ネイションリコシェらとも英語で会話できる。マイクパフォーマンスでは彼らの通訳もこなす。
  • ピンク色が好きなようである。
  • ジミーズのブレイクも、最初は戸澤の命名(罰)がきっかけになった。
  • 腕にしているロングのサポーターは、アメリカ遠征時のNBAのバスケットの選手の影響らしい。
  • 長年金髪で通してきたが、2014年初めの短期間のみ黒髪になった。
  • ハルクとのドリームゲート戦前、自身のブログで共に闘龍門15期生であることを明かした。
  • スペル・シーサーヨシタニックを返した選手の一人である。
  • CIMAの上げたDRAGON GATEの6人のキーマンの1人だが、その6人の中で唯一、ドリームゲートを戴冠しておらず、KING OF GATEも優勝した事が無い(準優勝はした事がある)。
  • 太りにくい体質であり、90kgから中々体重が増えず、夕食を大量に食べたり寝る前にプロテインを飲んだりしても増量の効果がないため、プロテインのかわりにカップ焼きそば2個を食べるなどした。メタボリック・ブラザーズの結成に際してはこうした努力で体重を100kgの大台に乗せた。逆に痩せるのは得意であり、103kgあった体重は3ヶ月で75kgまで落とした[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 「2014プロレスラー カラー写真名鑑」p.11、週刊プロレスNo.1714、2013年12月5日増刊、ベースボール・マガジン社
  2. ^ a b c d e f g h i ベースボールマガジン社『レスラーヒューマンストーリーII プロレスラー男の履歴書』p96-103
  3. ^ “戸澤陽、WWEに正式参戦へ!” (プレスリリース), WWE, (2016年11月5日), http://www.wwe.co.jp/article/2016/11/1300.html 2016年11月8日閲覧。 

外部リンク[編集]