吉岡世起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
吉岡 世起
プロフィール
リングネーム 吉岡 世起
SEIKI
本名 吉岡 世起
ニックネーム 褐色のウルフ
身長 170cm
体重 77kg
誕生日 (1988-01-05) 1988年1月5日(30歳)
出身地 熊本県熊本市
所属 WRESTLE-1
スポーツ歴 テコンドー
トレーナー HANZO
田中稔
デビュー 2008年10月5日
テンプレートを表示

吉岡 世起(よしおか せいき、1988年1月5日[1] - )は、日本プロレスラー薬剤師

略歴[編集]

両親、2人の兄は医師[1]。小学校時代にプロレス中継のビデオを見て、武藤敬司に憧れる[1]。中学3年の時、トリプルH大腿四頭筋断裂の重傷から復帰を目指す姿を見て衝撃を受け、プロレスラーになることを決意する[1]熊本県立熊本高等学校[2]時代にはテコンドー道場に通い、技術を習得した[1]。大学進学先は、気になるプロレス団体兼レスラー養成ジムであるレッスルゲートに近いという理由で一浪後、岡山大学薬学部に進学[3][4][1]

2007年4月、大学入学翌日からレッスルゲートに入門し、2008年10月5日、レッスルゲート広島大会で本名の吉岡世起として正式デビューした[1]。ただし、それ以前にもマスクをかぶって試合を行っていた[1]。以降、学業とレスラーの文武両道の道を歩む。その後、リングネームをSEIKI(せいき)に改称。2011年11月には、当時レッスルゲートに所属していたSUSUMU(進祐哉)とのタッグで、プロレスリング・華激の管理するタッグ選手権である博多タッグ王座を奪取した[1]。同王座は2012年5月にレッスルゲート所属のHANZO(中島半蔵)&ビクトリー上海に敗れるまで保持した[5][3]

また、全日本プロレス岡山倉敷福山などで興行を行った際、他のレッスルゲート所属選手とともに、主に前座戦線に度々参戦した[6]

薬剤師の資格を取得し、大学を卒業した2013年4月、レッスルゲート主宰のHANZOに卒業を機に東京でプロレスラーとしての活動に専念したい意志を表明。HANZOがかねてから親交のあるカズ・ハヤシに相談、ハヤシを通じて全日本プロレスへ連絡がいき、5月1日付けで同団体への移籍が決定。再び本名の吉岡世起をリングネームとし、再デビューを目標に新弟子扱いとしてトレーニングを積む[6][4]。2013年6月30日に全日本を退団、7月10日にWRESTLE-1に練習生として移籍。9月15日の名古屋国際会議場大会で大和ヒロシとのシングルマッチで再デビューを果たした[1]。WRESTLE-1所属後の2014年1月31日、後楽園ホール大会ではシングルでカズ・ハヤシから大金星を奪っている[1]

2014年にWRESTLE-1のエクストリームロイヤルを勝ち抜き、見事3月22日後楽園ホール大会でのTNA Xディヴィジョン王座挑戦権を獲得する。王座戦は善戦したが敗北、王者の真田聖也からは「たった2週間でこんなに変わった」と評され、WRESTLE-1の若手の中では頭一つ抜きん出た。

人物[編集]

父が脳外科医、母が消化器内科、2人の兄は消化器外科、心臓外科という医者一家に育ち、おじ、いとこなど親戚一同も医者である。家には脳や消化器の写真が常にあり、以来、血が苦手になる[7]

得意技[編集]

スワントーンボム
clock strike
ゴリー・スペシャルの体勢から片腕のクラッチを解き、もう片方の腕を軸に相手の体を横回転させ、落ちてきた相手の顔面から腹にかけてニーアッパーを突き刺す。
SK(スライディング・キック)
ゼロ戦キック
シザーズキック
バズソーキック
仰向けになった相手の上半身を起こして相手の左側頭部を振り抜いた右足の甲で蹴り飛ばす。
各種キック

獲得タイトル[編集]

出演[編集]

舞台[編集]

  • 撃弾☆ボディプレス『イキザマ』(2015年12月25日 - 27日、北千住シアター1010)[8]

ウェブテレビ[編集]

  • ぶるぺん(2017年、GYAO!)家族全員医者の薬剤師のプロレスラー[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 「レスラーヒューマンストーリー第189回 吉岡世起」、『週刊プロレス』No.1734、平成26年4月23日号(4月9日発行)、71-74頁、2014年。
  2. ^ 2013年10月30日 - 13:23、吉岡世起‏@SEIKI1005 - Twitter
  3. ^ a b 『WINK福山・備後』2012年6月号(株式会社アスコン)
  4. ^ a b “全日本に国立大卒“薬剤師”レスラー吉岡が入団”. デイリースポーツ. (2013年5月2日). http://www.daily.co.jp/ring/2013/05/02/0005947024.shtml 2013年5月9日閲覧。 
  5. ^ レッスルゲート公式サイト2013年5月閲覧
  6. ^ a b 吉岡「第一線で戦えるように頑張っていきます」~吉岡世起、入団会見|全日本プロレス オフィシャルサイト2013年5月閲覧
  7. ^ 家族全員医者の薬剤師がレスラーになった訳 ぶるぺん”. GYAO!. 2018年2月24日閲覧。
  8. ^ W-1のAKIRAが主宰する「撃弾ボディ☆プレス」の旗揚げ公演に向け、大和や征矢らが“役者”として意気込みを語る”. バトルニュース (2015年11月11日). 2015年12月28日閲覧。
  9. ^ 運動神経悪い芸人がプロレス技を受けたら…… ぶるぺん”. GYAO!. 2018年2月24日閲覧。

参考文献・参考サイト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]