タナカ岩石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太嘉文 
プロフィール
リングネーム

太嘉文

(旧)タナカ岩石
本名 田中 太嘉文
ニックネーム

ガンガン岩石 

孤高のローンウルフ 
身長 177cm
体重 94kg
誕生日 (1993-10-03) 1993年10月3日(27歳)
出身地 埼玉県上尾市
所属 プロレスリングZERO1
スポーツ歴

柔道(2段)

ブラジリアン柔術(紫帯)
トレーナー

武藤敬司

AKIRA (プロレスラー)

ハートリー・ジャクソン

近藤修司

カズ・ハヤシ
デビュー 2016年9月27日
テンプレートを表示

太嘉文(たかふみ、1993年10月3日 - )は、プロレスラー埼玉県上尾市出身。旧リングネームはタナカ岩石(タナカがんせき)。本名:田中 太嘉文(たなか たかふみ)。血液型はAB型。

経歴[編集]

WRESTLE-1が設立したプロレス総合学院2期生。

2016年9月27日、WRESTLE-1道場で行われた2期生卒業試合での頓所隼戦でプロデビュー[1]。11月12日のプロレスリングA.C.E.旗揚げ戦ではダイスケと激突。

2016年12月5日に本名からタナカ岩石への改名が発表された[2]

2017年1月14日、改名第1戦となったプロレスリングA.C.E.・W-1道場大会では野村卓矢と対戦。1月22日、静岡大会でリザルト王座決定トーナメント1回戦で藤村康平に勝利[3]

3月後楽園ホール大会にて 稲葉大樹児玉裕輔藤村康平組の持つUWA世界6人タッグ王座立花誠吾頓所隼と共に挑戦し敗れる。

4月2日、プロレスリングA.C.E.・W-1道場大会で進藤翔と組み、伊藤貴則復帰戦の相手を務める[4]

4月19日、WRESTLE-1・後楽園ホール大会に参戦。第1試合で進藤翔とをパートナーに藤村康平&進祐哉三富政行組と対戦。敗北するが、NOSAWA論外征矢学の勧誘に会い、反WRESTLE-1軍に合流[5]。「この陰謀……打ち破ってやりますよ!」とコメントした。

5月征矢学とタッグを結成。後楽園ホール大会で河野真幸伊藤貴則の持つWRESTLE-1タッグチャンピオンシップに挑戦し敗れる。

6月征矢学NOSAWA論外に振り回される形でUWA世界6人タッグ王座を獲得。

9月WRESTLE-1 Tag League2017に征矢学とタッグチーム"Wild & Rock"を結成し初出場するが全敗に終わる。その後近藤修司によるペナルティで東京ドイツ村全域を舞台にエニウェアフォールマッチで悪天候の中1日2試合パートナー同士で対戦する。

2018年元日ZERO1に初参戦 後輩の佐藤嗣崇と組み 岩崎永遠福島昇治組から 直接勝利をあげる。

1月全日本プロレス山梨大会にて 岡田佑介と対戦しドロー。

米国ロサンゼルスにて行われたPCWULTRAにグレート・ムタと共に参戦

2018年8月12日、WRESTLE-1に昇格。

2018年9月WRESTLE-1 Tag League2018に佐藤嗣崇と"Sugar & Rock"を結成し出場。

第5代WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ王者黒潮"イケメン"二郎が怪我により王座を返上。それに伴い行われた次期王者決定ワンデイトーナメントを制して第6代王者となる。

10月新木場1stRINGにて新井健一郎 を下し初防衛

11月千葉大会羆嵐 (プロレスラー)と防衛戦を行うが防衛に失敗。この試合は急遽組まれたカードで熊嵐は望んでもいない挑戦であり、 防衛を失敗した岩石は体格差のある熊嵐相手に健闘したものの、己の現状の不甲斐なさに控室で号泣した。

11月左肩肩鎖関節亜脱臼により欠場。

2019年2月、地元上尾大会で復帰し、土方隆司と半年間にわたる抗争開始。 現状からの苦悩の日々から脱出を目指す 岩石とそんな苦悩する岩石を気に食わず 見ていた土方とのカードが毎月後楽園で組まれる。

2019年7月、土方隆司に「見た目から全てやり直せ。じゃなきゃお前に未来はない」と言葉を浴びせられ、新人のように坊主頭に黒のショートタイツコスチュームになる。

2019年9月、W-1夏のビックマッチ 横浜文化体育館大会で大勝利を挙げ ると生まれ変わった姿で再起を狙うが マッチメイクで陽の目を見ない カードが続く。

2019年11月WRESTLE-1若手主体の興行 「WRESTLE SOUL」Vol2でプロデュース興行を行い、柔術やプロ格闘技出身の関根"シュレック"秀樹とWRESTLE-1のプロレススタイルとはまた違う試合をする。

年に何度か行う横浜大会などで伊藤崇文とも幾度も試合をするが互いに得意のグランド勝負が光る。

12月31日WRESTLE-1大晦日大阪府立体育会館にてDRAGONGATEストロングマシーン軍団と対戦。この時のパートナーは河野真幸、アレハンドロ(藤村康平)と "アレハンドロ軍団"で対抗。

2020年2月、後楽園ホール大会にて これまでのイメージからは考えられない 金髪の髪型に髭を貯えて登場し周囲を 驚かせた。

4月1日、WRESTLE-1の活動休止に伴いフリーとなる。引退を考えたがZERO1にレギュラー参戦。

7月ZERO1天下一Jr.2020に初出場 初戦でエル・リンダマンに敗れるが 好勝負を演じる。

8月27日、ZERO1新木場1stRING大会において、ZERO1への入団を発表。一夜明けた8月28日、記者会見においてリングネームを太嘉文に変更することを発表[6]

9月、浅草大会にて大谷晋二郎と念願の シングルマッチ。熱い15分近くにわたる試合 後に火祭り (ZERO1)出場を直訴。 それと同時にこの試合を見ていた ジェネラルマネージャーの 工藤めぐみより強い推薦を受ける。

火祭り (ZERO1)2020に初出場。開幕戦で王者だった田村ハヤトを1分58秒ギブアップ勝ちで下し、大金星を挙げる。

10月3日、火祭り2戦目で右肩を肩鎖関節亜脱臼し、欠場を余儀なくされる。

11月奉納プロレス第1試合で田村ハヤトの持つZERO1 世界ヘビー級王座への挑戦が欠場により白紙となる。

2021年2月、赤髪にイメージチェンジし、後楽園ホールにて復帰。

5月後楽園ホール大会にて因縁の田村ハヤトに追い詰められるも再び隙をついたサブミッションで勝利を収める。 その後2年ぶり夏開催となる火祭り (ZERO1) 2021を直訴しエントリーされる。

人物[編集]

生まれは福島県須賀川市、小学校5年生まで埼玉県毛呂山町で過ごす。両親や親戚が教員であり、教育一家で育つ。 父が当初「光」という名を考えていたが、スパルタ教師であった叔母がこれを却下したというエピソードがある。 長年校長先生であった母方の祖父が悩んだ挙句多くの意味を込め「太嘉文」と名付けた。 本人言わくこれは大事な形見のようなものだからこの名前でプロレスラーとして活動したかったとのこと。(後にリングネームをタナカ岩石から太嘉文に改名)

小学生の頃にスイミングスクールに通っていた。近い学年でありながら上のコースには後のオリンピックメダリスト瀬戸大也がいた。

昔から絵や写真などを好み芸術的なセンスを伺わす。小学生の頃授業や夏休みの宿題で描いた絵で数々の賞を受賞する。この頃の夢は漫画家だった。

キャナァーリ倶楽部の元メンバーでファッションモデルの岡田怜子は毛呂山町にいた頃の小学校の同級生。

全寮制の中高一貫校に進学し、 中学高校時代は練習の虫で柔道に打ち込む が肘の怪我で悩み大きな結果は残せなかった。 今でも右肘は真っ直ぐに伸ばせない。 (しかし講道館2段を取得している)

中学高校時代の6年間は娯楽が禁じられた寮生活だったため、毎朝の楽しみは生徒に配布された新聞を読むことだった。 中学時代は寮のフロア長、高校時代は学級委員長を担任の先生から任せられたこともある。

俳優の板橋駿谷と映画監督の 奥田庸介とは同じ中学高校の先輩で3人共柔道部出身。 歌手のGReeeeNのメンバーSOH も同校の先輩である。

宝塚歌劇団雪組に所属する娘役彩みちるは中学時代の同級生(高校進学の際に彩みちるは転校)。

高校卒業後にブラジリアン柔術に打ち込み、数々の大会へ出場。単身米国へ練習に行ったこともある。 プロレス界入りにあたり一度柔術から離れるが、国内屈指の柔術家岩﨑正寛と出会い 柔術の名門CARPEDIEM BJJで練習の一環として再開する。

2020年には岩﨑正寛よりブラジリアン柔術紫帯を授与される。

デビュー前は柔道や柔術の格闘技のバックボーンがあったが、いわゆるプロレス的な部分のセンスは程遠かった。同期の中でも1番出遅れておりデビューを言い渡された際には「お前をデビューさせるか迷った」と先輩レスラーから言われたという。

デビューからWRESTLE-1活動停止まで武藤敬司の付き人をつとめる。 付き人に付いてから身の回りのことは勿論、武藤が両膝人工関節手術をするまで膝のテーピングを試合の度に巻いていたのも太嘉文である。

WRESTLE-1のレフェリーであった神林大介のレフェリングに信頼を置いていた。 またWRESTLE-1時代のリングネームから WRESTLE-1の女性スタッフ達や一部先輩レスラーからの愛称は岩(ガン)ちゃんだった。

旧リングネーム「岩石」の命名は本名が読みにくく、呼びにくいことから近藤修司が命名。 [7]。岩石をイメージする技を使おうと思い、ヘッドバットを得意技とするようになったのは改名後のことである。

リング上で自分に身につけるものや格好をただのカッコつけにするのを嫌い、イメージチェンジをした髪型やリングシューズのデザイン、時々拳に巻くテーピングなどにもそれぞれ意味合いがあるという。

乃木坂46欅坂46櫻坂46のファンである。箱推しだが特に高山一実菅井友香推し

ダンサーで女優の平手友梨奈の表現やパフォーマンスに対する姿勢をとても尊敬している。

ドラマや映画、演劇やミュージックビデオのPVやコメディドラマ、絵や造形芸術などの芸術作品に表現するという部分でプロレスに通じるものがあると考えており好んでいる。

幼少期から特撮物の大ファン。

ラジオ好きで読書家でもあり ジャンル問わず多くの本を読む。 ニーチェのような哲学的な考えを持ち、SNSなどで度々みられる。

初めて読んだプロレス関連の書籍は 小学生の頃図書館で借りた小学館の入門百科シリーズ「プロレス入門」で、 中学生の頃初めて読んだプロレスラーの自伝本はエディ・ゲレロの自伝。 その次が元レフェリーミスター高橋の「流血の魔術 最強の演技」だった。

中学の頃国語の課題で本の小論文を書くというもので、高田延彦「泣き虫」を題材で 提出したところ再提出を言い渡された。 アントニオ猪木自伝を題材で改めて提出したところOKをもらった。

高校生の頃当時単行本化された700ページを越える2段組大著の 「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」を読破した。 これを含む作家増田俊也の作品を読み、 後に柔術やグラップリングをはじめる程 影響を受けた。 また当時から格闘技ファンでもあった為 自身を寝技へ導いてくれたものだと言う。

ロックバンドBase Ball Bear のメンバーでプロレス好きの堀之内大介は太嘉文のファンである。

海洋恐怖症高所恐怖症揺れ恐怖症である。  一時期は左側恐怖症(シニストロフォビア)でもあった。

リング上の姿と普段のギャップが凄い。 性格はとても真面目である。 右利きだか幼少期は左利きで、現在もふとした時に左手で物を扱う。

リングを降りると普段は育ちの良さがうかがえる。

もし生まれ変わったら表現者の仕事に就きたいと思っている。

好きな花は彼岸花

得意技[編集]

  • 一意専心
  • 関節技各種
  • 払腰
  • 大外刈り
  • 後方回転逆エビ固め[8]
  • 岩石落とし
  • エルボー[8]
  • 頭突き[8]
  • ランニングヘッドバット
  • ダイビングヘッドバット
  • ダブルアームスープレックス
  • 河津落とし
  • 田中ロック

入場テーマ曲[編集]

1一世風靡セピア「前略、道の上より」(前) 先輩に決められたものらしく当の本人は入場曲として好んではいなかった。

2 「動天」(現在) 高梨康治NARUTO-ナルト-疾風伝 オリジナル・サウンドトラック

タイトル歴[編集]

WRESTLE-1

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画 [編集]

– 練習生役

バラエティ [編集]

–プロレス総合学院2期生

小林且弥のス〜ス〜とストレッチ -ストレッチ講師 (2019年3月〜2020年3月 歴代最長)

-武藤敬司ラストムーンサルト(武藤の付き人)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ プロレス総合学院2期生卒業試合リポート”. W-1公式ウェブサイト (2016年9月27日). 2017年1月23日閲覧。
  2. ^ Pro-Wrestling ACE 所属3選手リングネーム変更のお知らせ”. W-1公式ウェブサイト (2016年12月5日). 2017年1月19日閲覧。
  3. ^ ベースボールマガジン社「週プロモバイル」2017年1月22日付けニュース
  4. ^ 【新鋭達の煌めきから目が離せない!!】プロレスリングA.C.E.-vol.4- 4.2GENスポーツパレス大会 中継!”. ニコプロ (2017年4月14日). 2017年4月15日閲覧。
  5. ^ “【試合結果】4・19 WRESTLE-1後楽園ホール大会 【W-1王座】芦野祥太郎vs近藤修司 【W-1タッグ王座】土肥孝司&熊ゴローvs稲葉大樹&児玉裕輔 【クルーザーディビジョン】吉岡世起vsアンディ・ウー”. バトルニュース. (2017年4月20日). http://battle-news.com/?p=29141 2017年4月21日閲覧。 
  6. ^ 【ZERO1】タナカ岩石が改名し太嘉文(たかふみ)としてZERO1入団、北村、岩崎がコメント/沖田リングアナと工藤GMより一部ファンのマナー違反をお詫び”. プロレスTODAY (2020年8月28日). 2020年8月29日閲覧。
  7. ^ 【インタビュー】タナカ岩石が5・4後楽園大会でタッグ王座挑戦の伊藤にジェラシー爆発!「最近名前を上げているのは間違いなく自分」”. バトルニュース (2017年4月28日). 2017年4月28日閲覧。
  8. ^ a b c ベースボールマガジン社「保存版2017プロレスラー全身写真名鑑」

外部リンク[編集]