タナカ岩石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タナカ 岩石
タナカ 岩石の画像
プロフィール
リングネーム タナカ 岩石
本名 田中 太嘉文
ニックネーム ガンガンガンセキ
身長 177cm
体重 83kg
誕生日 (1993-10-03) 1993年10月3日(25歳)
出身地 埼玉県上尾市
所属 WRESTLE-1
デビュー 2016年9月27日
頓所隼戦
テンプレートを表示

タナカ 岩石(たなか がんせき、1993年10月3日 - )は、WRESTLE-1所属のプロレスラー埼玉県上尾市出身。本名は田中 太嘉文(たなか たかふみ)。

経歴[編集]

W-1主催のプロレス総合学院2期生。2016年9月27日、WRESTLE-1道場で行われた2期生卒業試合での頓所隼戦でプロデビュー[1]。11月12日のプロレスリングエース旗揚げ戦ではダイスケと激突。

2016年12月5日に本名から「タナカ岩石」への改名が発表された[2]。その後、12月の巡業参戦が発表されるも、練習中のけがにより流れ欠場。

2017年1月14日、改名第1戦となったプロレスリングエース・W-1道場大会では野村卓矢と対戦。1月22日、静岡大会でリザルト王座決定トーナメント1回戦で藤村康平に勝利[3]

4月2日、プロレスリングエース・W-1道場大会で進藤翔と組み、伊藤貴則復帰戦の相手を務める[4]

4月19日、WRESTLE-1・後楽園ホール大会に参戦。第1試合で藤村康平&進祐哉、三富政行組に敗北(パートナーは進藤翔、一)するが、NOSAWA論外&征矢学の勧誘に会い、反WRESTLE-1軍に合流[5]。「この陰謀……打ち破ってやりますよ!」とコメントした。

人物[編集]

リングネーム「岩石」の命名者や由来は不明。当人は本名が読みにくく、呼びにくいことからの命名だと思っている [6]。岩石をイメージする技を使おうと思い、ヘッドバットを得意技とするようになったのは改名後のことである。

得意技[編集]

  • 後方回転逆エビ固め[7]
  • 岩石落とし
  • エルボー[7]
  • 頭突き[7]
  • ランニングヘッドバット
  • ダイビングヘッドバット
  • ダブルアームスープレックス
  • 河津落とし
  • 田中ロック

入場テーマ曲[編集]

タイトル座[編集]

WRESTLE-1

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロレス総合学院2期生卒業試合リポート”. W-1公式ウェブサイト (2016年9月27日). 2017年1月23日閲覧。
  2. ^ Pro-Wrestling ACE 所属3選手リングネーム変更のお知らせ”. W-1公式ウェブサイト (2016年12月5日). 2017年1月19日閲覧。
  3. ^ ベースボールマガジン社「週プロモバイル」2017年1月22日付けニュース
  4. ^ 【新鋭達の煌めきから目が離せない!!】プロレスリングA.C.E.-vol.4- 4.2GENスポーツパレス大会 中継!”. ニコプロ (2017年4月14日). 2017年4月15日閲覧。
  5. ^ “【試合結果】4・19 WRESTLE-1後楽園ホール大会 【W-1王座】芦野祥太郎vs近藤修司 【W-1タッグ王座】土肥孝司&熊ゴローvs稲葉大樹&児玉裕輔 【クルーザーディビジョン】吉岡世起vsアンディ・ウー”. バトルニュース. (2017年4月20日). http://battle-news.com/?p=29141 2017年4月21日閲覧。 
  6. ^ 【インタビュー】タナカ岩石が5・4後楽園大会でタッグ王座挑戦の伊藤にジェラシー爆発!「最近名前を上げているのは間違いなく自分」”. バトルニュース (2017年4月28日). 2017年4月28日閲覧。
  7. ^ a b c ベースボールマガジン社「保存版2017プロレスラー全身写真名鑑」

外部リンク[編集]