木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか
著者 増田俊也
発行日 2011年9月30日
発行元 新潮社
ジャンル ノンフィクション
評伝
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 701
コード ISBN 978-4-10-330071-7
Portal.svg ウィキポータル 書物
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(きむらまさひこはなぜりきどうざんをころさなかったのか)は、増田俊也による長編ノンフィクション

ゴング格闘技』誌上で2008年1月号から2011年7月号にかけて連載、2011年9月30日に新潮社から単行本として発売され、発売半年で18刷のベストセラーとなった[1]。第43回大宅壮一ノンフィクション賞、第11回新潮ドキュメント賞受賞作。

概要[編集]

史上最強の柔道家と呼ばれる木村政彦の生涯を書いた評伝。その過程で、明治、大正、昭和、平成にかけての柔道史と、世界の総合格闘技(MMA)史や、空手合気道ブラジリアン柔術プロレス史などに触れられている。

昭和12年から全日本柔道選手権を13年連続で保持、「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」「鬼の木村」と讃えられた木村の生涯を、新聞記者出身の作者が、これまでに築いた取材力と人脈を活かしながら、18年の取材執筆を元に書かれている[2][3]

2013年4月からは『週刊大衆』(双葉社)にて、内容を大幅にアレンジした漫画化作品『KIMURA』(原田久仁信作画)が連載開始された。

あらすじ[編集]

天覧試合昭和天皇から下賜された短刀を手にする木村政彦(1940年、22歳)

同郷熊本出身で「鬼の牛島」と呼ばれた牛島辰熊によって才能を見出された木村政彦は故郷熊本を離れ、東京の牛島塾で訓練を受け、全日本選手権を連覇、1940年天覧試合を制する。しかし、戦争で柔道から離れざるをえず、戦後もGHQによって軍国主義的との烙印を押された柔道は禁止され続け、不遇の時代を過ごす柔道家のために師匠牛島はプロ柔道を旗揚げし、木村政彦も参戦する。

しかし、興行の失敗で師弟は袂を分かち、木村は海外へ渡る。ブラジルマラカナンスタジアムエリオ・グレイシーの挑戦を受け、これを退けた木村はアメリカ本土に渡りプロレスラーとなった。やがて帰国した木村は、別ルートでプロレスラーとなり、日本にプロレスブームを引き起こした元大相撲関脇力道山とタッグを組むようになる。しかし、プロレスに適応できず、負け役ばかりの現状に耐えかねた木村は、「真剣勝負で決着をつけよう」とマスコミを通じ力道山に宣戦布告する。ここに「昭和の巌流島」と呼ばれる試合が行われることとなった。

反響と評価[編集]

原稿用紙1600枚、700ページを超える2段組という異例の大著のため、新潮社から単行本が発売されると、新聞各紙、週刊誌、月刊誌などで書評が次々と出され、様々な意見が交差した。以下に代表的な書評を一部引用する。

  • 杉江松恋は「増田は心情の上で明らかに木村贔屓だ。なんとか文章によって木村を救おう、名誉を回復しようという気持ちが行間から滲んで見える。しかしノンフィクションの著者として公平でもあろうとする。その揺れ方に著者・増田俊也の人間が見えている」[4]
  • 後藤正治は緻密な内容と迫力を評価しつつも「執念には感服するが、表題にも示される過剰なまでの思い入れ、さらに少々大仰な言葉遣いに引っ掛かる」とタイトル名を含め批評しつつも、「違和感を伴いつつも引き込まれたのは、著者の柔術的腕力に押さえ込まれたからだろう」と作品の力を認めている[5]
  • 夢枕獏は「木村のさまよえる魂を追いつめてゆき、いよいよ著者は木村の介錯を試みるのだが、これはむしろ著者が著者自身の首を自ら介錯するシーンとして読むべきだろう」[6]
  • 五木寛之は「木村政彦という一人の男の天才と同時に、その人間的な弱さをもきちんと書いている」[7]
  • 佐野眞一は「取材に18年かかった本書の結末は、著者の木村への愛情が涙となってにじんでいる」[8]
  • 椹木野衣は「十八年に及ぶ探求の果て、著者が末尾に書き付けた言葉は、格闘技の極北の姿を示すものとして、壮絶かつ想像を絶していた。ニーチェの言葉を借りて言えば、この本は正に血と化した精神で書かれている」[9]
  • 平野啓一郎は「生き恥をさらし続けた木村政彦に対し、著者は最後まで、爽やかな憧れと敬愛の念を捨てない。その目差しのやさしさが読者の胸を打つ。この本にはやるせなさが満ちている」[10]

連載版と書籍版[編集]

話数 『ゴング格闘技』サブタイトル 新潮社書籍 初出
第一回   プロローグ 2008年1月号
第二回   第1章 巌流島の朝 2008年2月号
第三回 木村政彦vs力道山、闇に葬られた6分間の真実に迫る   2008年3月号
第四回 “鬼の師弟”の誕生 第2章 熊本の怪童 2008年4月号
第五回   第3章 鬼の牛島辰熊 2008年5月号
第六回   第4章 武徳会と阿部謙四郎 2008年6月号
第七回   第5章 木村政彦と高専柔道 2008年7月号
第八回 木村政彦、知られざる高専柔道での戦い 第6章 拓大予科の高専大会優勝 2008年8月号
第九回 全日本選士権三連覇、いよいよ全盛時代へ 第7章 全日本選士権3連覇 2008年9月号
第十回 「最強柔道家」論争!
木村、ヘーシンク、ルスカ、そして山下泰裕
  2008年10月号
第十一回 木村政彦vs山下泰裕、もし戦わば〈立ち技篇〉   2008年11月号
第十二回 木村政彦vs山下泰裕、もし戦わば〈寝技篇〉   2008年12月号
第十三回 バンカラ牛島塾時代 第9章 悪童木村と思想家牛島 2009年1月号
第十四回 鬼の師弟悲願の天覧試合制覇 第8章 師弟悲願の天覧試合制覇 2009年2月号
第十五回 柔道家として、思想家として― 第9章 悪童木村と思想家牛島 2009年4月号
第十六回 東条英機を暗殺せよ! 第10章 東條英機を暗殺せよ 2009年5月号
第十七回 “すてごろ”木村の闇屋時代 第11章 終戦、そして戦後闇屋の頃 2009年6月号
第十八回 “不遇の天才”阿部謙四郎と“三角絞めの父”金光弥一兵衛 第12章 武徳会と高専柔道の消滅 2009年7月号
第十九回 木村最後の全日本選手権 第13章 アマ最後の伝説の2試合 2009年8月号
第二十回 「プロ柔道」の始まり 第14章 プロ柔道の旗揚げ 2009年9月号
第二十一回 プロ柔道の旗揚げ 第15章 木村、プロ柔道でも王者に 2009年10月号
第二十二回 「プロ柔道」はなぜ崩壊したのか? 第16章 プロ柔道崩壊の本当の理由 2009年11月号
第二十三回 激動のハワイ篇 第17章 ハワイへの逃亡 2010年1月号
第二十四回 ブラジルを目指した柔道家たち 第18章 ブラジルと柔道、そしてブラジリアン柔術 2010年2月号
第二十五回 木村政彦、ブラジルに立つ 第19章 鬼の木村、ブラジルに立つ 2010年3月号
第二十六回 エリオ・グレイシー、現る 第20章 エリオ・グレイシーの挑戦 2010年4月号
第二十七回 木村政彦対エリオ・グレイシー 第21章 マラカナンスタジアムの戦い 2010年5月号
番外篇 それは猪瀬直樹への挑戦から始まった   2010年6月号
第二十八回 力道山という、もう一人の怪物 第22章 もう一人の怪物、力道山 2010年7月号
第二十九回 “プロレスラー”力道山、誕生 第23章 日本のプロレスの夜明け 2010年8月号
第三十回 大山倍達は本物だったのか? 第24章 大山倍達の虚実 2010年10月号
第三十一回 プロレスという“興行”戦争 第25章 プロレス団体旗揚げをめぐる攻防 2010年11月号
第三十二回 木村は力道山の“引き立て役”だったのか? 第26章 木村は本当に負け役だったのか 2010年12月号
第三十三回 巌流島決戦前夜 第27章 「真剣勝負なら負けない」 2011年1月号
第三十四回 木村政彦vs力道山 第28章 木村政彦vs力道山 2011年2月号
第三十五回 木村政彦、拓大に帰る 第29章 海外放浪へ 2011年4月号
第三十六回 力道山、死す 第30章 木村政彦、拓大へ帰る 2011年5月号
第三十七回 復讐の夏 第31章 復讐の夏 2011年6月号
最終回 木村政彦の柔 第32章 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか 2011年7月号

脚注[編集]

  1. ^ 神戸新聞2012年4月19日
  2. ^ 格闘技だけでなく、木村が石原莞爾と共に東条英機首相暗殺に関わった事件についても触れられている。
  3. ^ 本書後書き、日本経済新聞、週刊朝日、本の雑誌等より
  4. ^ エキサイトレビュー2011年10月3日
  5. ^ 朝日新聞2011年10月30日
  6. ^ 週刊文春2011年11月17日
  7. ^ 日刊ゲンダイ2011年11月9日
  8. ^ 日本経済新聞2011年11月13日
  9. ^ 読売新聞2011年11月21日
  10. ^ 「波」2011年10月号