後藤正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

後藤 正治(ごとう まさはる、1946年12月13日 - )は、日本ノンフィクション作家神戸夙川学院大学元学長。大佛次郎賞司馬遼太郎賞河合隼雄物語賞選考委員。

来歴・人物[編集]

京都市出身。大阪府立四條畷高等学校を経て、1972年京都大学農学部卒業後、執筆活動に専念。スポーツや医療問題をテーマとした著作が多い。2007年4月から、神戸夙川学院大学観光文化学部教授、副学長をへて2010年学長。2012年3月末をもって、同学長を退職。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『はたらく若者たちの記録』日本評論社 1983.8 「はたらく若者たち―1979~81」岩波現代文庫 解説:太田順一(写真家)
  • 『空白の軌跡―心臓移植に賭けた男たち』潮出版社、1985 のち講談社文庫 解説:本田靖春  
  • 『人工心臓に挑む』中公新書、1987 
  • 『きらめく生命の海よ』潮出版社 1988.5 「ふたつの生命」岩波同時代ライブラリー 
  • 『遠いリング』講談社、1989 のち文庫、岩波現代文庫 岩波現代文庫解説:高樹のぶ子  
  • 『私だけの勲章』日本経済新聞社、1990 のち岩波同時代ライブラリー、現代文庫   
  • 『関西の新実力者たち』ブレーンセンター 1990.8
  • 『甦る鼓動』講談社、1991 のち岩波現代文庫 解説:岩城裕一 
  • 『漂流世代のメッセージ』講談社 1992.11
  • 『咬ませ犬』日本経済新聞社、1993 のち岩波同時代ライブラリー、現代文庫   
  • 『リターンマッチ』文芸春秋、1994 のち文庫 解説:柳田邦男  
  • 『刻まれたシーン』ブレーンセンター 1995.11
  • 『奪われぬもの スポーツ・ノンフィクション短篇集』文芸春秋 1997.1 のち講談社文庫 
  • 『人生の冒険者たち』岩波書店、1997 
  • 『スカウト』講談社、1998 のち文庫 
  • 『孤塁に刻む 自選エッセイ&ノンフィクション集』三五館 1998.12
  • 『復活 十の不死鳥伝説』文藝春秋 2000.3
  • 『牙―江夏豊とその時代』講談社、2002 のち文庫 
  • 『生体肝移植―京大チームの挑戦』岩波新書、2002 
  • 『秋の季節に 自選エッセイ集』ブレーンセンター 2003.6
  • 『マラソンランナー』文春新書、2003 
  • ベラ・チャスラフスカ 最も美しく』文藝春秋 2004.7 のち文庫 解説:白石一文 
  • 『不屈者』新潮社 2005.12
  • 『ラグビー・ロマン―岡仁詩とリベラル水脈』岩波新書、2006 
  • 『一九六〇年代の肖像』 岩波現代文庫、2009 
  • 『表現者の航跡』 岩波現代文庫、2009 
  • 『孤高の戦い人』 岩波現代文庫、2009 
  • 『奇蹟の画家』講談社、2009 のち文庫 解説:白石一文 
  • 後藤正治ノンフィクション集 全10巻 ブレーンセンター 2010-2016 
  • 『清冽 詩人茨木のり子の肖像』中央公論新社 2010.10 のち文庫 解説:梯久美子
  • 『探訪 名ノンフィクション』中央公論新社 2013.10
  • 『天人 深代惇郎と新聞の時代』講談社 2014.10 のち文庫 解説:河原理子 
  • 『言葉を旅する』潮出版社 2015.3

共著

関連サイト[編集]