稲葉大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
稲葉 大樹
プロフィール
リングネーム 稲葉 大樹
本名 稲葉 大樹
身長 172cm
体重 82kg
誕生日 (1988-02-28) 1988年2月28日(30歳)
出身地 熊本県山鹿市
所属 WRESTLE-1
スポーツ歴 レスリング
柔道
トレーナー 武藤敬司
デビュー 2013年5月24日
テンプレートを表示

稲葉 大樹(いなば だいき、1988年2月28日 - )は、日本男性プロレスラー。本名同じ、熊本県山鹿市出身。WRESTLE-1に所属。

略歴[編集]

大学時代は柔道アマチュアレスリングを経験。新日本プロレス元選手でメディカルトレーナーである三澤威の整骨院で働きながらトレーニングを積む。2012年1月に全日本プロレス開催の公開オーディションに合格し、同団体へ入団。練習生であった2013年4月よりカナダへ海外遠征に出発。同国のアトランティック・グランプリ・レスリング(Atlantic Grand prix Wrestling)に参戦し、2013年5月24日の対ボビー・シャープ戦でデビューを飾る。その後は、ペイントレスラーとして活動[1][2]

海外遠征中である2013年6月一杯で他選手とともに全日本プロレスを退団して新団体のWRESTLE-1に移籍。同年9月8日の同団体旗揚げ戦で凱旋帰国し、日本で初めての試合を行った。以降は、同団体の興行に参戦を継続[1][2]

2015年2月13日、TAJIRIをスクールボーイで丸め込み大金星を挙げる。

3月12日、KASSEN2 ~合戦 ZERO1vsW-1全面対抗戦~でかねてより痛めていた右肩を試合中に負傷し長期欠場に入る。

11月27日、後輩の芦野祥太郎と復帰戦を行う。試合後には各ユニットから勧誘の声が上がるも現在もユニットには属していない。しかし、ヒールにあこがれがあることからリアル・デスペラードには興味があるという。[3]

2016年8月11日、WRESTLE-1チャンピオンシップに挑戦予定であった征矢学の欠場により近藤修司の王座挑戦者決定戦を制して挑戦者となる。極反り卍固めでKAIから勝利。

2017年、ZERO1大谷晋二郎推薦の元で火祭りに参戦。

8月27日の千葉Blue Field興業では6人タッグマッチが行われ、黒潮"イケメン"二郎と伊藤貴則の3にタッグで芦野祥太郎、児玉裕輔、立花誠吾の3人タッグと対戦。16分13秒で黒潮が立花からムーンサルトで勝利。記録は片エビ固め[4]

得意技[編集]

  • 極反り卍固め
  • #178
  • タイガースープレックスホールド

獲得タイトル[編集]

出演[編集]

舞台[編集]

  • 撃弾☆ボディプレス『イキザマ』(2015年12月25日 - 27日、北千住シアター1010)[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b PLAYER|W-1 Official Website
  2. ^ a b Wrestle-1『First Trip』公式パンフレット(2013年)
  3. ^ 週刊プロレス No.1831 イチオシ選手特集より
  4. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号p.99
  5. ^ W-1のAKIRAが主宰する「撃弾ボディ☆プレス」の旗揚げ公演に向け、大和や征矢らが“役者”として意気込みを語る”. バトルニュース (2015年11月11日). 2015年12月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]