福田明彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福田 明彦
プロフィール
リングネーム 福田 明彦
本名 福田 明彦
身長 165cm
体重 73kg
誕生日 (1964-01-14) 1964年1月14日(54歳)
出身地 群馬県前橋市[1]
所属 プロレスリング・ノア
スポーツ歴 ラグビー
デビュー 1987年3月31日
テンプレートを表示

福田 明彦(ふくだ あきひこ、1964年1月14日[1]- 、)は、日本プロレスレフェリー。かつて株式会社プロレスリング・ノア代表取締役社長の三沢光晴の秘書を務めていた[1][2]

経歴[編集]

小学生の頃から父親の影響でプロレスファンとなり、主に全日本プロレスを見ていた[1]前橋育英高等学校 [2]時代から全日本プロレスのリングスタッフを手伝うようになる[1]。プロレス団体に入れなくても、カメラマンとしてプロレスに携わることができるようにと、1982年の高校卒業後は上京して写真関連の専門学校に入学[1]。しかし約4ヶ月で通うのを辞め、全日本プロレスのリングスタッフにアルバイトで入り、巡業に参加するようになった[1]

1983年1月、欠員が出たため晴れて全日本プロレスに入社し、リング作り、売店の売り子、テレビ放映時以外の音響を担当する[1]

1987年3月、ジャパンプロレス勢の離脱に伴いタイガー服部も抜けたため、レフェリーがジョー樋口和田京平の2人だけとなった。3月31日ジャイアント馬場にレフェリー転向を打診され、和田の勧めもあって受け入れる[1]。そのまま、同日の富山県魚津市総合体育館大会における渕正信vs川田利明戦でデビューした[1]

2000年6月、三沢光晴らとともに全日本プロレスを離脱し、プロレスリング・ノアの旗揚げにレフェリーとして参加。旗揚げ後、三沢の下で8年間社長秘書を兼務した[1]

2012年2月26日グリーンドーム前橋サブアリーナ大会ではレフェリー25周年記念セレモニーが行われ、実父と田上明社長から花束が贈呈された[1]

プロレスリング・ノア所属のレフェリーの中では最もキャリアが長く、主にセミファイナルの試合のレフェリングを担当している。巡業部長の役職に就き[2]、2014年現在はレフェリーの他に選手バスの運転手、グッズ売店の責任者、リングスタッフの補助などを務め、巡業に全戦帯同している[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 「プロレス界で働く人々 第121回」、『週刊プロレス』(ベースボール・マガジン社)、No.1719、2014年1月8日・15日合併号、平成25年12月25日発行、48-49頁。
  2. ^ a b c 「《がんばってます》 三沢さんの遺志大切に」、上毛新聞、2010年10月20日、17頁。

外部リンク[編集]