世界オープンタッグ選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

世界オープンタッグ選手権(せかいオープンタッグせんしゅけん)は、1977年12月に全日本プロレスが行ったタッグマッチリーグ戦である。正式名称は「全日本プロレス創立5周年記念・世界オープン・タッグ選手権大会」[1]

日本のプロレス界では長い間「タッグ・リーグ戦や年末の興行は不振である」(NWAタッグ・リーグ戦参照)と言われてきた[2]。こういったマイナス要素を打破するため「世界で一番強いタッグチームを決める」と銘打って企画されたのが「世界オープンタッグ選手権」であり、その結果この企画は大成功をおさめ、翌年から「世界最強タッグ決定リーグ戦」へと発展し全日本プロレスの看板シリーズとなった[2]

概要[編集]

  • 会長 : ロード・ブレアース(当時PWF会長)
  • 実行委員長 : 八田一朗(同日本レスリング協会会長)
  • ルール : PWFルール
  • 各チームで45分1本勝負のリーグ戦を行い、あらゆる勝ち : 2点、時間切れ引き分け : 1点、両者リングアウト : 0点、あらゆる負け : 0点と計算して優勝チームを決定する。
  • 優勝賞金 : 1000万円
  • 殊勲賞、敢闘賞、技能賞 : 各100万円

参加チーム[編集]

参加9チーム[1]

展開[編集]

  • 馬場&鶴田組13点
  • ザ・ファンクス12点
  • ブッチャー&シーク組12点 

 となっており、優勝決定は最終試合の結果次第となった。

最終戦[編集]

1977年12月15日に蔵前国技館で行われたザ・ファンクスVSブッチャー・シーク組の最終戦は、ブッチャー組のフォークなどを使った凶器攻撃でかつての力道山VSフレッド・ブラッシー戦を超える壮絶な試合展開となり、その模様が日本テレビ・全日本プロレス中継(同年12月24日放送分)にて全国に中継されたために反響も大きかった。苦情や抗議の声も寄せられたという。

結果[編集]

最終試合で勝ち点2を加えたザ・ファンクスが優勝チームとなった。試合後引き続いて行われた表彰式では、ファンクスのテーマ曲「スピニング・トーホールド」が場内に流れると大ドリーコール・テリーコールに包まれた。特に凶器攻撃でズタズタになった右腕を包帯でつるしたテリー・ファンクには、プロレスに理解を示していた日本アマレス界のドン・八田一朗から表彰状が渡されると、多くの拍手と声援が送られた。

  • ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク組(ザ・ファンクス)14点(優勝、技能賞)
  • ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田組 13点(殊勲賞)
  • アブドーラ・ザ・ブッチャー&ザ・シーク組 12点
  • ラッシャー木村&グレート草津組 8点(敢闘賞)
  • 大木金太郎&キム・ドク組 8点
  • ビル・ロビンソン&ホースト・ホフマン組 7点
  • ザ・デストロイヤー&テキサス・レッド組 4点
  • 天龍&ロッキー羽田組 1点
  • 高千穂明久&マイティ井上組 1点

出典[編集]

  1. ^ a b 『世界オープン・タッグ選手権大会 公式パンフレット』
  2. ^ a b 『世界最強タッグ戦名勝負100』 pp4-9 (1996年、日本スポーツ出版社
  3. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P54(2002年、日本スポーツ出版社)