BI砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

BI砲(BIほう)とは、1960年代後半から1970年代初頭にかけて日本プロレスで活動した、ジャイアント馬場アントニオ猪木によるプロレスタッグチームである。

「BI砲」の名称は、当時のプロ野球界で王貞治(Oh)と長嶋茂雄(Nagashima)のコンビが「ON砲」と呼ばれていたことから、馬場(Baba)と猪木の(Inoki)の頭文字を取って名付けられた。

概要[編集]

1967年5月12日、岐阜大会でのワルドー・フォン・エリック&マイク・デビアス戦において、東京プロレスが崩壊し同月より日本プロレスに復帰したアントニオ猪木と、当時の団体エースであるジャイアント馬場とのタッグチームが実現。これが「BI砲」としての正式なチーム初結成であり[1]、以降、日本プロレスの看板コンビとして活躍するようになる。

同年10月31日、カウボーイ・ビル・ワット&ターザン・タイラーを破りインターナショナル・タッグ王座を獲得、第9代のチャンピオン・チームとなる。日本プロレスのタッグにおけるフラッグシップ・タイトルだった同王座には、第9代、10代、12代、14代(防衛回数は順に0、11、4、14回)と、合計4回にわたって戴冠した。

1971年12月7日、札幌での防衛戦において、ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンクザ・ファンクス)に敗れて王座から陥落したのを最後にコンビは消滅。以後、両者とも日本プロレスを離れ、独自の団体を旗揚げして袂を分かったため再結成は実現しなかったが、1979年8月26日、日本武道館で行われたプロレス夢のオールスター戦にて、一夜限りの復活を果たした(対戦相手はアブドーラ・ザ・ブッチャー&タイガー・ジェット・シン)。

なお、馬場は「日本プロレス時代に戻れるとしたら、もう一度組みたいのは吉村道明さんか坂口征二」と語っていた。

年譜[編集]

主な対戦チーム[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『Gスピリッツ Vol.31』P33(2014年、辰巳出版ISBN 4777812936
  2. ^ 東京スポーツ. “復興への希望のアーチを描いた〝平成のBI砲〟”. 2012年3月30日閲覧。