池田大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池田 大輔
プロフィール
リングネーム 池田 大輔
本名 池田 大助
ニックネーム バチバチレスラー
身長 180cm
体重 100kg
誕生日 (1968-02-13) 1968年2月13日(49歳)
出身地 熊本県牛深市(現:天草市
所属 フーテン プロモーション
スポーツ歴 柔道
水泳
トレーナー 山本小鉄
藤原喜明
デビュー 1993年12月5日
テンプレートを表示

池田 大輔(いけだ だいすけ、1968年2月13日 - )は、日本プロレスラー。本名:池田 大助(いけだ だいすけ)。

経歴[編集]

プロフェッショナルレスリング藤原組に入門して1993年12月5日の後楽園ホールにおけるドン荒川戦でデビュー。1995年9月には藤原喜明と組んでFMWに参戦し、世界ブラスナックルタッグ王座を獲得。同年12月に格闘探偵団バトラーツ旗揚げに参加し、独特の「バチバチファイト」で人気を博す。バトラーツでの試合のほか、当時、三沢光晴が社長を務めていた全日本プロレスにも継続参戦、三沢が率いるアンタッチャブルの構成員として、三沢らと共闘していた。

2000年5月にバトラーツを退団するが、同年6月に継続参戦していた全日本プロレスが分裂。池田も多くのレスラーと共に旗揚げ間もないプロレスリング・ノアに入団。2004年6月1日、森嶋猛を破り、WLW世界ヘビー級王座を獲得。

2004年12月にノアを退団し、2005年3月にフーテン プロモーションを設立。現在は「バチバチ」、「バチバチの穴」と銘打った興行を開催している。

得意技[編集]

大ちゃんボンバー
通常のラリアットとは違い顔面めがけて、思い切り腕を振るので、破壊力は絶大。
稲妻レッグラリアット
本家の稲妻とは異なり、技を繰り出した後にイナズマアピールを行う。
長井殺し
コーナーポストからのローリング踵落とし。漫画「ベルセルク」に登場する大剣「ドラゴン殺し」と、バトラーツ時代に、対長井満也用として開発したためこの名前が付いた。
デスバレーボム
垂直落下式ブレーンバスター
落とす直前、「死になさい」と言ってから落とす。
キン肉バスター
抱えあげる前にボソッと「行きますよ」と言い、舌を出しながら落とす(「お待たせしました!」と客にアピールする場合もある)。
ハーフハッチ
池田ロック
頭を両足でロックしてのチキンウィングアームロック
各種キック
ムーンサルトプレス
現在は殆ど使わないが若手の頃に使用。初披露したのは大胆にもメキシカンスタイルのみちのくプロレスでの試合である(1994年11月、藤原喜明の地元凱旋興行にて)。本人によると「初代タイガーマスクに憧れて入門前から練習していた」とのこと。

入場テーマ曲[編集]

  • TELL ME WHY(シングル・バージョン)

タイトル歴[編集]

FMW
世界ブラスナックルタッグ(第8代・第19代 パートナーは藤原喜明ハヤブサ、共に防衛1回)
WLW
WLW世界ヘビー(第13代、防衛1回)

その他[編集]

  • 不思議キャラと評されることもある。
  • 十六茶CMに出演していた(共演は小林聡美)。
  • 漫画「ベルセルク」が大好きであると言われ、試合入場の時に使うために、コスプレショップで約10万円のドラゴン殺しレプリカを買ったという経歴がある。また、入場時にこのドラゴン殺しを高く掲げた際に自分の頭に刀身を落とし、試合前から大流血したというエピソードがある。全日本プロレスにスポット参戦していた時は垣原賢人とのタッグチーム名を「チーム・ベヘリット」(ベヘリットとは作中に登場するアイテム)にしようとして断られたことがある。
  • 現在の入場曲はアニメ版「ベルセルク」の主題歌である、PENPALS「TELL ME WHY」。
  • 長渕剛のファンであり、バトラーツ時代には長渕の「Captain of the Ship」「RUN」をテーマ曲としていた。
  • 迷彩のベトナム風ズボンと戦闘靴を履き自衛隊員のいでたちである。またリングインと同時に水を口に含んでおり、自分の頭上に吹きかける。
  • 「カレーは別腹」というTシャツを作るほどのカレー中毒[1]、「かまずに飲め」とも過去に発言している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]