ドン荒川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドン荒川
プロフィール
リングネーム ドン荒川
荒川真
本名 荒川真
ニックネーム 前座の力道山
身長 170cm
体重 95kg
誕生日 (1946-03-06) 1946年3月6日(71歳)
出身地 鹿児島県出水市
スポーツ歴 柔道レスリング
デビュー 1972年9月19日
テンプレートを表示

ドン荒川(ドンあらかわ、1946年3月6日 - )は、日本プロレスラー。本名は荒川 真(あらかわ まこと)。鹿児島県出水市出身。

来歴[編集]

学生時代は柔道に打ち込む。出水学園出水中央高等学校卒業後上京。レスリングの試合に出場し、ドロップキックを放って反則負けとなるという、後のトンパチ伝説につながるエピソードを残す。なおその時の相手は後に国会議員となる松浪健四郎だった。

1972年7月、新日本プロレスに入門。9月19日、リトル浜田(後のグラン浜田)戦でデビュー。ともに前座戦線にいた栗栖正伸とは同郷で体格も似ていたことから激しくいがみ合い、両者のシングルマッチは前座試合とは思えないほど熾烈を極めたため、『鹿児島選手権』と称された。1979年プエルトリコへ初遠征。カルロス・コロンの主宰するWWCにて、ケンドーキムラとのコンビでカリビアン・タッグ王座を獲得した[1]。なお、同遠征での戦績は自己申告であるが46戦45勝1敗で、負けたのは「」相手だった。

キャリアを重ねるにつれ、ストロングスタイルと呼ばれるシリアスな戦いを信条としていた新日本の中で唯一、永源遙らを相手に前座戦線で『ひょうきんプロレス』を展開。カンチョー攻撃などで笑いを取る。体格やリング上の(見た目の)スタイルが力道山に似ていたことから、『前座の力道山』とも呼ばれた(テレビ番組で力道山が扱われた際、再現ドラマで力道山役を演じたこともある)。

以降も前座を沸かせるが、UWF維新軍団カルガリーハリケーンズと離脱が相次いで薄くなった選手層を補うためにジュニアヘビー級戦線に参戦し、1985年8月にはザ・コブラNWA世界ジュニアヘビー級王座に挑戦している。また、この時期は選手としてのみならず、道場ではコーチとしての顔も持ち、若手選手のまとめ役となっていた。

1989年3月に1度一線から退いた(本人曰く新日を円満退社しただけで、引退ではないとのこと)が、1990年SWSの旗揚げに参加して現役復帰。SWS崩壊後も一人メガネスーパー社員としてSWS所属を名乗り、藤原組などに参戦する。1996年藤原喜明とともに全日本プロレスに初参戦、6人タッグながらジャイアント馬場との対戦が実現した。1997年には全日本プロレスの25周年記念の前夜祭に、馬場&永源遙とトリオを組んで出場。2006年ビッグマウス・ラウドなどへ参戦している。

2007年5月、新日本プロレス創立35周年の節目となる後楽園ホール2連戦で、18年ぶりに古巣マットに登場。いずれも第1試合で若手をコミカルなファイトで下し、健在ぶりをアピールした。

2011年3月6日NJPWグレーテストレスラーズを受賞[2]

エピソード[編集]

  • すぐ人と仲良くなれる性質を生かし、多彩なタニマチ付き合いを誇った。金がなくても全国各地でうまいものが食えたと豪語しているほど。メガネスーパー社長(当時)田中八郎との付き合いが、後のSWS設立へとつながった。また長嶋茂雄をSWSの会場に招待したこともある。知合ったキッカケは荒川曰く「多摩川沿いをジョギングしていて、よく会ったんで顔見知りになったから」(なお新日本在籍当時から定期的に、横浜中華街にある、長嶋が名付け親の店「天外天」で会食しており、新日本の若手達を長嶋に紹介していた)。
  • 試合ではコミカルな動きに徹していたが、実際にはシュートにも対応できる新日本随一の実力者であり、スパーリングでは容赦なく若手選手を翻弄していた。
  • 前座クラスの試合ばかりだったのにもかかわらず、新日本の選手全員が集まる席では、アントニオ猪木坂口征二の次の席にいたという。また猪木に「今日は二日酔いなんです」と申し出ると「じゃあ休んでいい」といわれる程の特別待遇だった。
  • 永源遙との大会場限定で行われたコミカルなシングルマッチは、新日本ファンのみならず、当時社長であったアントニオ猪木自身も楽しみにしていたと言う位であった。
  • 橋本真也は生前、荒川に「人生を教えてもらったよ」と語るほど師事していた。荒川の酒席における無茶ぶりは有名で、橋本にちらし寿司3杯食わせてから巻き寿司を食わせたり、生肉を食わせたり、尋常でない量の酒を飲ませたりしていた。またタニマチの前で生意気な口をきいた橋本の手の甲に割り箸を突き刺したなどのエピソードもある。とはいえ荒川が橋本のことをかわいがっていたのは確かで、地元鹿児島の酒造会社神酒造に「破壊王」という名の焼酎を造らせたりしている。また、プロレスリングZERO-ONE崩壊後に復帰準備を進めていた橋本のため、スポンサー獲得にも奔走した(その後橋本は逝去し、復帰は叶わなかった)。
  • ホノルルマラソン完走経験あり(ホノルルマラソンでのパートナーは永源遙)。
  • 股割りが得意であり、試合開始前にコーナーで股割りをして、観客を笑わせることも多い。
  • 1980年2月、札幌での2日間興行に合わせて新日本勢が北海道テレビ放送の雪祭りイベントに参加した際、「締めくくりにレスラーの方の歌を」というテレビ局側の要望があり、木村健悟と荒川が指名されたことがある(しかし、猪木がインタビューでブラジルに賭ける夢を語りすぎ、時間切れとなって曲を披露することはできなかった)。
  • 1982年には、西田敏行主演の日本テレビ系ドラマ『池中玄太80キロ』に大京グラフの編集部員「荒木」役としてレギュラー出演。ニックネームは「土佐犬」で、暴れる玄太(西田)を力尽くで抑えたり、日本酒1升を1晩で飲むなど、本人のキャラクターがそのまま反映されていた。

逸話[編集]

  • 新日本プロレスの合宿所で食べ過ぎて苦しくなり救急車で病院に運ばれて胃の洗浄をして帰って来たら「あぁ腹減った」と言った。
  • レストランなどのテーブルの上にある醤油や酢を「これジュース」と飲んだ。
  • 若い頃、中性脂肪の正常値が150以内なのに3250だったことが自慢。
  • 巡業先の旅館で連日、藤原喜明佐山サトル前田日明らと女風呂を覗きに行き、腕立て状態、懸垂状態で覗いた。前田は「練習の腕立てや懸垂はそんなに出来ないのに、覗きだと不思議と何回でもできる」と若手時代を回顧している。
  • 旅館の女風呂を外から覗こうと外に回り、暗闇の中、歩を進めたところ足元がなくなり奈落の底に落ちて何かにド〜ンとぶつかって止まった。翌朝、荒川がいないと坂口征二号令のもと「いいかぁ、便所の中からゴミ箱の中まで捜せ」と全選手で捜索に向かった。数分後、若手が「坂口さん、大変です。荒川さんが木の枝に引っかかってます」。女風呂の外が崖になっており崖の中に生えていた松の木の枝にひっかかっていたのであった。
  • 藤原と佐山に女風呂の覗きに誘われたが「俺は今日は行かない」と覗きに行かなかった。明け方4時になっても女風呂には誰1人入って来ず佐山は風邪をひいた。それから30年ほど経過した時、荒川は藤原に「旅館にチェックインした時に女将さんに、お客さんたくさん来てますか?って聞いたら、お宅方だけで誰も来ていないんですよって言われたから、女いねえこと分かってたから行かなかったんだよ」と告白し、藤原は「何でそれを先に言わないんだ!! 朝の4時まで覗いていたけど女が来なくって佐山風邪ひいたんだぞ」。
  • 体の細かった前田日明から肩の筋肉を付けるにはどうしたらいいですか?と聞かれ「ベンチプレスだ」。じゃあ背中の筋肉はと聞かれ「ベンチプレスだ」と教えた。
  • 「(ガチで)行け!!」と選手を焚き付ける。
  • 前座試合が多いため、荒川の試合はテレビ中継が無い。しかしメインイベントのテレビ中継では、試合後の荒川はテレビに映る位置のリングサイドにちゃっかり陣取り、試合が終わると真っ先にリングインしてテレビに映ろうとする目立ちたがり屋である。
  • 若手を飲食やソープランドに連れて行くなど面倒見が良いが、先に酔い潰れてしまい若手に送迎してもらうことが多い。15歳で入門した船木優治(現・船木誠勝)をソープランドへ連れて行き、どんな女の子がタイプだと聞き、船木が「年下がタイプです」と言ったため、「15歳より年下のソープ嬢なんて、いる訳ねえだろう!」と怒鳴り、結局23歳位の娘をあてがった。
  • 宴席の際に猪木、坂口らが帰りたくなると「荒川…」と助けを求めてくるので、アイスベールにレミーマルタンを入れて一気飲みし、「あぁおいしい!! もう一杯いただきます」というと、支援者もレミーを何本も一気飲みされたらいくらお金があっても足りないため「そろそろ帰ろうか」となるという宴席での役割を心得ていた。
  • 長州軍が大量離脱した日、荒川と新人だったがスター候補の武藤敬司橋本真也らの姿がなく、新日首脳陣は「あいつらも引き抜かれたか…」と思っていたところ荒川らが帰って来た。荒川が彼らをソープランドに連れて行っただけであった。
  • 試合で体力を使わないため、試合後に1時間ランニングをする。

得意技[編集]

  • ジャーマン・スープレックス・ホールド - ひょうきんプロレスといわれた前座試合でも、深いブリッジのフィニッシュホールドで決めて見せ、観客を湧かせた。
  • パイルドライバー - 相手のタイツのすそを引っ張り上げ、Tバック状にして観客のさらし者にするのがお約束。
  • アッパー - 前に踏み込みつつ、なぜか左拳を突き上げながら、右拳で相手の顎を打つ。形勢逆転を狙うときによく使う。
  • カンチョー攻撃
  • ローリングキョンシーアタック - 相手をコーナーに飛ばし、走りこんで前転してからジャンプ、前に突き出した両手で喉を突く。
  • 看護婦固め - 監獄固めのパロディ技。
  • 市役所固め
  • サラ金固め - 首を極める技。名前の由来は「(借金で)首が回らなくなるから」。
  • 年金固め

その他奇天烈な名前の極め技・関節技多数。

脚注[編集]

  1. ^ WWC Caribbean Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月8日閲覧。
  2. ^ [1]