北沢幹之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
魁 勝司
プロフィール
リングネーム 魁 勝司
高崎山猿吉
新海弘勝
本名 北沢 幹之
身長 175cm
体重 94kg
誕生日 (1942-02-15) 1942年2月15日(75歳)
出身地 大分県東国東郡安岐町
トレーナー 力道山
デビュー 1962年1月21日
引退 1981年4月3日
テンプレートを表示

北沢 幹之(きたざわ もとゆき、男性、1942年2月15日 -)は、日本の元プロレスラーレフェリー大分県東国東郡安岐町出身。

現役時代は魁 勝司(かい しょうじ)というリングネームで活躍した。

来歴[編集]

1961年10月に日本プロレスに入門。1962年1月21日、台東区体育館にて、林幸一を対戦相手としてデビュー戦を行う[1]

北沢が大分県出身であったため、豊登から「高崎山猿吉」というリングネームをつけられたこともある。1966年にその豊登とアントニオ猪木が旗揚げした東京プロレスに参加、後に猪木と共に日本プロレスに復帰。

1972年に猪木が新日本プロレスを旗揚げした際も設立当初から参加した。1976年カール・ゴッチ杯木村聖裔を破って優勝した。

ラッシャー木村山本小鉄藤波辰巳百田光雄ヒロ斎藤佐山聡と、数多くの選手のデビュー戦の相手を務めたことでも知られた。同郷(大分県出身)の後輩でもあった藤波が日本プロレスに入門した際に、当時の日本プロレス幹部に入門許可を得る橋渡しをしたのも北沢である。

1981年4月3日、後楽園ホール永源遙とタッグを組んで木戸修星野勘太郎組と対戦、この試合を最後に現役を引退した[1]

レスラー引退後はUWFリングスでレフェリーとして活動、最近ではドラディションでレフェリーを行っている。

新日レスラーの中でも極めっこ(関節スパーリング)の強さには定評があり、後にリングスでヴォルク・ハンアンドレイ・コピィロフらとスパーリングをした際にも、安易に関節を極めさせなかったと前田日明が証言している。

2009年3月6日に新日本プロレスグレーテストレスラーズ(新日本プロレス版プロレス殿堂)表彰を受けた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 魁 勝司(北沢 幹之) グレーテストレスラーズ 新日本プロレス
  2. ^ 旗揚げ記念日~STRONG STYLE 37th ANNIVERSARY~ 新日本プロレスオフィシャルサイト 2009年3月6日