ドラディション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラディションDRADITION PRO-WESTLING -PUREST COMBATIVE SPORTS-)は、日本プロレス団体

歴史[編集]

無我ワールド・プロレスリング[編集]

  • 2006年1月、西村修が方向性の違いから新日本プロレスを退団。同時に契約更改で新日本と決裂したヒロ斎藤後藤達俊、新日本を退社した元執行役員・田中秀和らと後楽園ホールにて自主興行を行うことを表明する。
  • 西村の師匠に当たり、かつてから自主興行「無我」を一緒に運営してきた藤波辰爾が6月末に紆余曲折の末に新日本を電撃退団。藤波は、裏から彼らの自主興行をサポートすることを発表しており、7月に入り、中心として興行に関わることとなった。また7月12日には、田中秀和が中心となり、無我ワールド・プロレスリング(むがワールド・プロレスリング)の設立を発表した。
  • 2006年7月12日、無我ワールド・プロレスリングを設立した。
  • 2006年7月15日、名誉顧問にカール・ゴッチが就任した。
  • 2006年8月2日、「新無我伝説エピローグ 〜BLACK CAT MEMORIAL〜」旗揚げ戦を開催した。
  • 2006年8月28日、吉江豊竹村豪氏の2名が正式入団した。
  • 2006年9月15日、ヒロ斎藤、後藤達俊、長井満也が正式入団した。
  • 2006年9月15日から25日、無我2006 プレミアム「始動」シリーズ巡業、西日本地域中心に5戦開催。9月16日には東北地域を含む5戦の追加日程が発表された。
  • 2006年9月、スポーツ紙で藤波辰爾社長が、「1年後には両国国技館日本武道館、3年後には東京ドームでの興行を行いたい」と述べた。9月25日の後楽園大会で新弟子を迎えるための入団テストを実施したい意向を表明し、「格闘技経験はなくてもいいので、光る個性を持っている人を一から育ててみたい」と語った。
  • 2006年10月31日 - 11月5日、無我2006 プレミアムII「闘秋」シリーズ3戦開催した。
  • 会場では選手が会場のフロントでサイン会をするなどファンサービスも充実している。また2007年1月28日には、CMLLHIROKAマルセラが特別参戦をした。
  • 2007年7月、名誉顧問のカール・ゴッチが死去。
  • 2007年10月19日、所属選手であり中心メンバーでもあった西村修が、試合数の少なさ(1か月単位でしか興行が行われない)を理由に、新人である征矢学を率いて退団、全日本プロレスに電撃移籍することが発表された。11月29日には後藤達俊の新聞などのインタビューによって団体側との信用を損なったとして即日出場契約を打ち切った。
  • 2007年12月13日に行われた後楽園ホール大会のリング上で、藤波自身が「無我ワールドとしての興行は今日が最後」と語り、このあと新しい団体名をドラディションと発表した。藤波のニックネーム「ドラゴン」と英語の「tradition(伝統、伝説)」を組み合わせた造語である。2008年1月1日よりこの団体名で活動している。
  • 竹村豪氏が退団した。

ドラディション[編集]

所属選手[編集]

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

役員[編集]

代表取締役社長[編集]

過去の所属選手[編集]

過去のスタッフ[編集]

故人[編集]

名称、商標問題[編集]

ワールドプロレスリングは、日本教育テレビ(現:テレビ朝日)において1969年から放送されているプロレス中継番組名でもあるが、この名称は商標登録が無いまま長年使用されていた。2006年3月、藤波辰爾の個人事務所「シーホースコーポレーション」がこの「ワールドプロレスリング」の名称について商標登録を申請、「無我」、「無我ワールド」の名称は、2005年10月に西村修が商標登録申請しており、このうち「無我」については2006年6月に商標登録が認められている(商標第4962762号)[1]。しかし2007年10月に「無我」の商標を持つ西村が団体を離脱し、年内で「無我ワールド・プロレスリング」としての活動を打ち切った[2]

エピソード[編集]

藤波辰爾と親交のある島田紳助が司会を務めるABCの番組「クイズ!紳助くん」のリポーターが2006年9月15日から18日までの無我ワールド・プロレスリング巡業の密着取材を行い、10月上旬に「なにわ突撃隊」のコーナーで放送された。11年前の新日本プロレス在籍時の無我プロジェクトが紳助の同番組で紹介されたのが縁で、今回の無我旗揚げの経過も取り上げられた。これが地上波テレビ・メディアにおける初めての無我の紹介となった。

大麻取締法違反で逮捕された元プロレスラーの高木功(現:嵐)が2007年4月11日後楽園大会に来場し、藤波に参戦を直訴した。これに対して藤波は「前向きに考えるが、すぐに復帰させることはできない」とコメントした。

まだ社員を幅広く雇用することができないこともあって、選手の妻たちが巡業にも同行し、売り場などに立っている。

無我ワールド・プロレスリング旗揚げ戦[編集]

新無我伝説エピローグ 〜BLACK CAT MEMORIAL〜

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお「ワールドプロレスリング」、「無我ワールド」については、2007年10月22日現在特許庁の特許電子図書館における検索にヒットするものがないことから、おそらくは拒絶査定となったのではないかと思われる。
  2. ^ 日刊スポーツ・2007年10月28日付

外部リンク[編集]