クイズ!紳助くん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クイズ!紳助くん
Quiz Shinsukekun
ジャンル バラエティ番組 / クイズ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
プロデューサー 山口正樹(ABC)
中山一郎(吉本興業
出演者 島田紳助
堀友理子(ABCアナウンサー
円広志
板東英二
長原成樹
ロザン菅広文宇治原史規
麒麟川島明田村裕) ほか
音声 モノステレオ放送[注 1](編成上の場合)
字幕 字幕放送
土曜深夜時代
放送時間 土曜日 23:55 - 24:50(55分)
放送期間 1993年10月2日 - 1994年
月曜ナイトinナイト時代
放送時間 月曜日 23:17 - 24:17(60分)
放送期間 1994年 - 2011年8月22日
熱血!なにわ突撃隊スペシャル
放送時間 月曜日 23:17 - 24:17(60分)
放送期間 2011年8月29日 - 2011年9月26日

特記事項:
ナレーション:川下大洋
テンプレートを表示

クイズ!紳助くん』(クイズ!しんすけくん)は、1993年10月2日から2011年9月26日まで朝日放送ABCテレビ)で毎週月曜日の23:17 - 24:17(JST)の深夜番組ナイトinナイト』枠で放送されていたクイズバラエティ番組トーク番組島田紳助の冠番組。

『クイズ!紳助くん』としての放送は、司会の島田紳助の引退直前の2011年8月22日まで放送され、同年8月29日から9月26日まではリポーター集団『なにわ突撃隊』を前面に出し『熱血!なにわ突撃隊スペシャル』として放送されていた。字幕放送。『クイズ!紳助くん』の放送では、当時、CS放送スカイ・A sports+」でも放送されていた。

概要[編集]

本番組の原点となる番組『クイズ仕事人』が1980年代後半に放送され1990年には全国放送に発展(その後内容を一新した『クイズバトルロイヤル待ったあり』となった)したものの、関東エリアでの視聴率がまったく振るわずその結果短期間(通算1年半)で打ち切りとなった。その後、1993年10月2日に土曜日 23:55 - 24:50の枠で放送をスタート。しかし、視聴率がいまひとつ伸びなかった。翌年『ナイトinナイト』月曜日の枠へ移動した。曜日移動後は視聴率が上昇、安定した人気番組となる。なお、2007年4月9日放送分より字幕放送対応になった。2007年10月からはハイビジョン制作となった。

ちなみに、この番組は1998年の一時期にテレビ朝日逆ネットで放送されたことがある(当時、金曜深夜に放送されていた『探偵!ナイトスクープ』が日曜正午に移った際の後番組)。

毎回、関西を活動拠点としている若手お笑い芸人が中心となって編成されたリポーター軍団「なにわ突撃隊」から1 - 3名程度が全国を飛び回り決死の覚悟での体当たり取材を展開し、それを基にクイズを出題するとともに司会の島田紳助とゲストパネラーの白熱のトークバトルを展開する。

ただ、余りにも紳助の熱弁振りにトークが長いため、収録に使うビデオテープは毎回2本分になるという。紳助自身も番組内で「クイズは短く、トークは長く」とまで発言しているほどである(詳細は下記)。

アシスタントはその後女優タレントして活躍する藤原紀香永田杏奈和希沙也大沢あかねらが務めた。2009年4月から、ABCアナウンサー堀友理子が7代目アシスタントに就任した。歴代アシスタントの中で、ABCの現役女子アナのアシスタント起用は堀が最初で最後であった。

基本的には隔週月曜日昼~夜に大阪・ヨシモト∞ホール大阪(旧NGKスタジオ)で収録し、その1カ月後に放送。以前はABC第1スタジオにて収録された。

なお、2007年2月28日には初のDVDとなる『クイズ!紳助くん~なにわ突撃隊 傑作選~』が発売された。

2009年より、夏の全国高校野球大会の開催中は自社製作の特別番組を組むため、2週間にわたり休止した。

紳助芸能界引退、番組打ち切り決定[編集]

  • 紳助の芸能界引退に伴い、収録済みで放送予定だった2011年8月29日から9月12日放送分までの計3回分が、放送されないことになった[1]。また、放送継続か否かの処置が決まる、8月29日から9月26日放送分まで『熱血!なにわ突撃隊スペシャル』が放送された(詳細は#熱血!なにわ突撃隊スペシャル参照)。
  • 放送継続に関しては、朝日放送は8月30日に検討中であることを発表[2][3][4]。番組ホームページ本体は、紳助の芸能界引退から2日後の8月25日に閉鎖。朝日放送のホームページ上からも本番組の公式サイトが消去されている(ABCの本番組の公式サイトへのリンクも消されているなど)。
  • 朝日放送は2011年9月20日に本番組を打ち切ると同時に、10月から新番組を開始することを正式発表した[5]。同時に朝日放送の公式サイトからも本番組が完全に削除された。ナイトinナイト月曜における後番組は、2011年10月25日までナイトinナイト火曜に放送されていた『ごきげん!ブランニュ』が2011年10月31日から月曜に移動して放送されている。2011年10月3日から24日までの月曜日は、2011年8月に特番で放送され好評を得た『品川・千鳥のラブリー芸人家族』をつなぎ番組として放送した[6]。ナイトinナイト火曜には、雨上がり決死隊が司会を務める『雨上がりのやまとナゼ?しこ[7]が『ごきげん!ブランニュ』の後番組として、2011年11月1日から放送されている[8][9]
  • また毎年開催されている大晦日特番はナイトスクープ単独となった。
  • また、遅れネット系列局では本番組の放送枠に別番組を放送した他、スカイ・Aでは8月29日以降の放送を『探偵!ナイトスクープ』に差し替えた[10]

出演者[編集]

司会[編集]

歴代アシスタント[編集]

  • 初代 :藤原紀香(1994年 - 1997年12月)
  • 2代目:萩原由紀(1998年1月 - 1998年6月)
  • 3代目:柳明日香(1998年7月 - 2000年12月)
  • 4代目:永田杏奈(2001年1月 - 2004年10月)
  • 5代目:和希沙也(2004年10月 - 2006年12月)
  • 6代目:大沢あかね(2007年1月 - 2009年3月)※アシスタントを卒業した翌週にゲストとして登場。
  • 7代目:堀友理子(当時朝日放送アナウンサー、2009年4月 - 2011年8月)

※アシスタントはこれまですべてタレントだったが、7代目は局アナとなった。紳助曰く「経費節減のため」のとのこと[11]

※2008年3月3日・3月10日放送分は大沢が体調不良のため当時なにわ突撃隊のメンバーだった大西初愛が代役を務めた。なお番組開始当初はアシスタントが存在しておらず、紳助が1人で問題読み・進行を行っていた。

  • これに関しては著書「いつも心に紳助を」に記述されている上、2010年11月23日に放送された朝日放送開局60周年特番内の「ナイトinナイトの歴史」において1人で司会進行をしている紳助の姿が放送されている。

解答者[編集]

レギュラー

※円以外のパネラー陣は隔週出演で、番組末期は板東・麒麟、長原・ロザンの組み合わせで出演する例が多かった。回答席は向かって左から板東(ゲスト)、長原(ゲスト)、女性ゲスト、ロザン(麒麟)、円の順。

過去のレギュラー

ナレーション[編集]

なにわ突撃隊[編集]

歴代隊長
  • 初代:長原成樹
  • 2代目:島田まさし
  • 3代目:野呂祐介
  • 4代目:山口理恵(スプモーニ)

※タックルながい。が島田紳助により一時期隊長に任命されたが、当の紳助がそれを忘れていた。そのため改めて実施された隊員による投票の結果、山口が4代目隊長となった。

スタッフ[編集]

過去のスタッフ[編集]

  • チーフプロデューサー:秋山利謙(ABC、2008年~2009年12月まで)
  • プロデューサー:小林慎一郎(番組開始~1999年5月)→石原康男(1999年6月~不明)
    • 吉本興業→よしもとクリエイティブ・エージェンシー側プロデューサー:原川大→岡部宏秋→阪口知里→石井英亮
  • 構成:藤田智信、儀賀保秀、香椎貴子、日沢伸哉(~2009年10月)
  • ディレクター:大幸雅弘・板井昭浩・清水雄一郎・内片輝・芝聡(ABC)・河村成仁(ABC)
  • 取材ディレクター:池田成男(東通企画創太)、小山青志・佐々木進(JAWS

エピソード[編集]

  • 2001年、突撃隊のメンバーだった西科孝仁が長野でのロケで両手の親指以外の指全てが凍傷という重傷を負う。そのロケに帯同していたディレクターと所属の制作会社はこの責任を問われ制作を外された。

2004年の紳助謹慎時の対応[編集]

  • この番組の収録前に起こった紳助の吉本興業の女性マネージャーに対する暴行事件により謹慎処分中の2004年11月1日放送分は通常通り放送したがその後の録画ストックがなかったため、11月8日放送分は休止し代って『笑いの金メダル』夏のネタ祭り(同年8月放送)を再放送した。15日放送は板東英二が代理司会を務めた(板東にとってはクイズ番組司会担当は日本テレビ放送網のかつての人気クイズ番組『マジカル頭脳パワー!!』(1999年9月終了)以来であり、5年ぶりのクイズ番組司会担当は代理という形での実現となった)。それ以後も番組レギュラーパネラーを中心に交代で担当したが12月6日東野幸治13日福本豊20日トミーズ雅2005年1月17日東野幸治がそれぞれ担当した。そして新聞のテレビ欄は『クイズ!』のみの表記となった。
  • 2005年1月24日放送分より紳助が司会復帰。また、新聞のテレビ欄の表記も通常通り『クイズ!紳助くん』(もしくは『紳助くん』)に戻った。
  • CS放送のスカイ・エーでは紳助が復帰するまでの間、番組を一旦打ち切り別の番組に差し替えられていた(テレビ東京開運!なんでも鑑定団』のBSジャパンでの遅れ放送の際も同様の対応をとっていた)。

特番など[編集]

  • スタジオを飛び出しロケで様々な企画をしたり、また同局で放送されている『パネルクイズ アタック25』を紳助が司会、番組レギュラー陣が解答者(問題読みは本家同様・沢木美佳子)という形で行っている。後者のとき、うまくボケれば正解扱い(逆に言えば正解したり、ボケがすべれば不正解扱い)問題も出題されていた[注 2]
  • ほぼ毎年、年末には『探偵!ナイトスクープ』と両番組の傑作VTRを流し合って対決する合体特番を放送している。2010年年末現在の通算対戦成績は『紳助くん』側が7勝2敗3引き分けである(2006年の年末対決でナイトスクープが初勝利)。

トーク!紳助くん[編集]

放送時間の関係でトークバトルは大部分がカットされる。場合によっては、オープニングからVTRが始まるまで1時間近くトークすることもよくある。そのために非公開のネタも多く、数ヶ月に1回程度(主に改編期)は「トーク!紳助くん」と題したトークバトル総集編が放送される。この回はクイズは一切流れない。1994年にはじめて放送したところ、深夜にも関わらず17%もの視聴率をたたき出したため継続的にトーク総集編を放送するようになった。たいがいCMをはさみながらのテーマ別トーク(紳助の友人・恋愛・青春・アシスタントなど)コーナーにわかれている。また、「トーク!紳助くん」の際は通常放送よりも視聴率は高い傾向にある。

熱血!なにわ突撃隊スペシャル[編集]

2011年8月29日放送分より、タイトルの改題及び内容の変更を行い、レポーター集団『なにわ突撃隊』を前面に出し『熱血!なにわ突撃隊スペシャル』として、同年9月26日放送分まで放送されていた。

収録済みの8月29日から9月12日までの回はスタジオパートとクイズ出題部分をカットして放送した。また未収録の9月19日・26日放送分についても継続して放送した[12][13]

各地の放送時間とネット局[編集]

2011年8月の島田紳助引退直前時点で放送していた局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日及び放送時間 放送日の遅れ 備考
近畿広域圏 朝日放送(ABC) テレビ朝日系列 毎週月曜 23:17〜24:17 制作局
秋田県 秋田朝日放送 毎週木曜 25:15〜26:10 38日遅れ
山形県 山形テレビ 毎週土曜 13:00〜13:55 40日遅れ 2010年4月3日より放送開始
静岡県 静岡朝日テレビ 毎週水曜 25:15〜26:15 16日遅れ
石川県 北陸朝日放送 毎週火曜 24:20〜25:20 1ヶ月遅れ 2009年10月6日より放送開始
中京広域圏 メ〜テレ 毎週月曜 24:55〜25:55 14日遅れ 2008年3月24日からネット再開
山口県 山口朝日放送 最終金曜除く毎週金曜 25:34〜26:29 18日遅れ 2009年3月31日からネット開始[注 3]
香川県
岡山県
瀬戸内海放送 毎週月曜 24:20〜25:15 14日遅れ 大晦日特番は同時ネット
福岡県 九州朝日放送 毎週木曜 25:50〜26:45 38日遅れ 2009年9月までは土曜15:00~15:55に放送
大分県 大分朝日放送 毎週日曜 24:55〜25:50[注 4] 13日遅れ 2009年9月26日より放送開始[注 5]
鹿児島県 鹿児島放送 毎週月曜 25:15〜26:15 42日遅れ 2009年10月26日より放送開始
沖縄県 琉球朝日放送 毎週土曜 16:00〜16:55 3か月遅れ 過去に、土曜日12:00〜12:55、木曜24:20~25:15に放送
日本全国 Sky・A sports+ CS(ABC系) 水曜 13:05〜14:00ほか 4か月遅れ ABC HOUR枠
内容によっては放送されない回あり
以前放送していた局
単発放送のみの局

テレビ朝日系列局の中で単発を含め1度もネットされたことがないのは熊本朝日放送のみである[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2011年7月24日以前のアナログ音声はモノラルであった。また、年末特番『クイズ!紳助くんVS探偵!ナイトスクープ』放送時はアナログ・デジタルともステレオ放送を実施した。
  2. ^ 2001年の特番において「オーストラリアにある、世界最大といわれる一枚岩の名前は何でしょう?」という問題(正解:エアーズロック)が出題された際に山田花子が「絶壁」と答えて正解扱いとなったが、紳助に本来の正解を聞かれた時に「エッチな岩」と答えて紳助に「ボケというのは、答えを知っててボケるからボケだ」と言われてしまう。
  3. ^ ただし大晦日特番は本放送開始以前から放送してはいる。また夏の高校野球中継のレインコート番組として設定されたことがあったが、実際には放送されていない。ネット開始から2009年10月13日までは火曜24:45〜25:40に、同年10月20日から2010年3月末までは火曜24:15〜25:10に放送されていた。同年4月2日から該当日時に変更。なお最終金曜は「朝まで生テレビ!」放送のためこの番組は返上される。
  4. ^ 2011年4月10日よりこの時間に移動。それ以前は、26日遅れで毎週土曜 25:00〜25:55に放送されていた。
  5. ^ ただし大晦日特番は本放送開始以前から放送していた。また、番組開始当初には土曜15:00~半年遅れで放送していたが1年ほどで打ち切り。

出典[編集]

  1. ^ 紳助冠番組打ち切り第1号が内定 (2/2ページ) - 芸能 - SANSPO.COM 2011年8月28日(2011年8月28日時点のウェブ魚拓
  2. ^ フジ「遺憾」ヘキサゴン休止 TV各局、対応に苦慮…紳助さん引退スポーツ報知 2011年8月25日
  3. ^ 紳助ありきの番組ではない テレ東「鑑定団」は司会替えて継続スポニチアネックス 2011年8月24日
  4. ^ 苦肉のカットと編集 「クイズ!紳助くん」番組名と内容差し替え 存続は… ― スポニチ Sponichi Annex 芸能 2011年8月30日
  5. ^ 「クイズ!紳助くん」3本目の打ち切りへ SANSPO.COM 2011年9月20日(2011年9月23日時点のアーカイブ
  6. ^ 品川・千鳥のラブリー芸人家族公式サイト(2011年9月30日時点のアーカイブ
  7. ^ 深夜の人気番組、ゴールデンでアツ~い対決 SANSPO.COM 2011年10月21日(2011年10月23日時点のアーカイブ
  8. ^ 朝日放送:「クイズ!紳助くん」を打ち切り 毎日新聞 2011年9月20日(2011年9月24日時点のアーカイブ
  9. ^ 「クイズ!紳助くん」終了、“後任”決まるデイリースポーツ 2011年9月21日
  10. ^ 8月、9月「クイズ!紳助くん」放送休止のお知らせスカイ・A sports+ 2011年8月24日
  11. ^ 2009年4月7日の放送での発言より。[出典無効]
  12. ^ 苦肉のカットと編集 「クイズ!紳助くん」番組名と内容差し替え 存続は…スポニチアネックス 2011年8月31日
  13. ^ ABCテレビ「クイズ!紳助くん」内容差し替え放送…9・12、19、26日分 おおさか報知 2011年9月3日(2011年9月3日時点のアーカイブ


朝日放送 土曜24時台
前番組 番組名 次番組
クイズ!紳助くん
ざこば・鶴瓶らくごのご
【木曜24:35枠から移動】
朝日放送 ナイトinナイト月曜日
クイズ!紳助くん
品川・千鳥のラブリー芸人家族

ごきげん!ブランニュ
【ナイトinナイト火曜日から移動】