藤波怜於南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤波 怜於南
プロフィール
リングネーム LEONA
本名 藤波 怜於南
ニックネーム ドラゴン二世
身長 173cm
体重 87kg
誕生日 (1993-07-07) 1993年7月7日(25歳)
出身地 東京都
所属 ドラディション
カートプロモーション
スポーツ歴 ゴルフ
トレーナー 藤波辰爾
ロイ・ウッド
デビュー 2013年11月19日
テンプレートを表示

藤波 怜於南(ふじなみ れおな、1993年7月7日 - )は、日本男性プロレスラードラディション及びカートプロモーション所属[1]東京都出身。リングネームLEONA(レオナ)。

現在は立教大学法学部法学科在学。

来歴[編集]

プロレスラー藤波辰爾の長男。2012年4月20日の大会終了直前に父親の辰爾にプロレス入りを直訴したが、直ぐには結論を出せないと承諾を保留にされた[2]。その後承諾され、ランカシャースタイルを習得する為に旧ビリー・ライレージムことアスプルオリンピック・レスリングクラブに武者修行に出て[3]、帰国後はデビューを目指しU.W.F.スネークピットジャパンで修行[4]。その後は2013年5月29日のドラディション後楽園ホール大会のエキシビジョンマッチでプレデビュー戦を行った。

11月19日、辰爾かつての付き人だった船木誠勝を相手にデビュー[5]。その本格デビューを前に、怜於南は自らのリングネームを『LEONA』とすることを発表。将来的には本名の藤波怜於南で戦う意思があることも明らかにしている[6]

エピソード[編集]

2017年8月のプロレスリング・ノアのツアーの初戦で丸藤正道からいきなり「0点」と突き付けられ、その悔しさを胸にツアーを完走に漕ぎ着けた。最終戦の8月26日後楽園大会では火祭りで敗れ、ノア参戦のきっかけとなった拳王ともシングルで対戦。ドラゴンスクリューからの足4の字固め、各種丸め込みを見せたLEONAであったが、結果は完敗。拳王は蹴暴からのフォールをあえてカウント2でやめて、ダイビング・フットスタンプを投下し、圧倒的実力差を満天下に知らしめた。試合後、拳王は「オレを倒して、その先に進む?テメーなんてこんなもんなんだよ。テメーが本当にその先に進みたかったら、今以上に必死に死にもの狂いでプロレスに励め」と言い、LEONAは「絶対強くなります!」と誓った[7]

入場テーマ曲[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]