松浪健四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
松浪 健四郎
まつなみ けんしろう
Kenshiro Matsunami-20061120.jpg
生年月日 1946年10月14日(69歳)
出生地 大阪府泉佐野市
出身校 日本体育大学体育学部
日本大学大学院文学研究科
前職 専修大学教授[1]
現職 日本大学客員教授
明治大学講師
麻布大学講師
日本体育大学大学院講師
日本レスリング協会副会長
日本アフガニスタン協会理事長
学校法人日本体育大学理事長
所属政党 新進党→)
自由党→)
保守党→)
自由民主党
称号 教育学修士日本大学
親族 兄・松浪啓一(元大阪府議会議員
甥・松浪健太衆議院議員

選挙区 比例近畿ブロック
当選回数 1回
在任期間 2005年9月12日 - 2009年7月21日

日本の旗 衆議院議員
選挙区 大阪19区
当選回数 2回
在任期間 1996年10月21日 - 2003年10月10日
テンプレートを表示

松浪 健四郎(まつなみ けんしろう、1946年10月14日 - )は、日本政治家衆議院議員(3期)、自由民主党副幹事長を歴任。

大阪府立佐野高等学校日本体育大学日本大学大学院文学研究科修了。元レスリング選手[2]で、現在は日本レスリング協会副会長を務める。また日本アフガニスタン協会理事長、学校法人日本体育大学理事長[3]

実甥の松浪健太も衆議院議員。また、実兄の松浪啓一は大阪府議会議員であったが、収賄事件により辞職している[4]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

大阪府出身。大阪府立佐野高等学校で学ぶ[注釈 1]

1965年日本体育大学体育学部武道学科(第一期生)に入学する。大学でレスリングを始める[2][注釈 2]1968年メキシコシティオリンピックのレスリング種目の候補選手に選出されたが[2]、最終予選で敗退した[2]

その後、日本体育大学を休学し、東ミシガン大学に留学した[2]。日本体育大学に復学後、1970年に卒業する[2]

レスリング選手を続けながら勉強できるという理由から、日本大学大学院文学研究科に進学した[5]。大学院では浜田靖一に従事し[6]1975年に日本大学文学研究科博士課程を単位取得退学[6]

レスリング指導者・教育者時代[編集]

1975年、国際交流基金の支援により、アフガニスタンカーブル大学にレスリングおよび体育の指導者として派遣される[7]。そして3年間にわたり、レスリングの指導とスポーツ文化の研究を行った[5]

帰国後の1979年、専修大学社会体育研究所に専任講師として採用される[1]。大学ではレスリングの指導にあたり[5]馳浩を発掘指導した[5]1988年から専修大学教授を務める[1][5]

政治家時代[編集]

1996年新進党から衆議院議員に初当選し、同党解党後は自由党の結党に参加。さらに自由党が分裂すると、自由民主党との連立継続派で結成された保守党に加わった。

2000年11月加藤の乱で揺れていた森内閣不信任決議案で保守党を代表して反対討論を行っている最中、民主党議員から野次られたことを理由に、国会の壇上から当時民主党の議員であった永田寿康に目掛けてコップの水を浴びせた。水かけの直後、抗議する野党議員が一斉に演壇に押しかけ大騒ぎとなり、あまりの音量に松浪は耳をふさぎながら早口で草稿を読み上げ演壇から降りた。松浪はこの場では議場からの退場処分を下された。この行為は当時大きな話題となり、後日懲罰委員会より25日間の登院停止を受けた。ただし、馳浩は「水は撒いたが誰にもかかってはおらず、コップ自体は投げていない(投げれば除名となる)」ことを理由に、計算されたパフォーマンスであったと推測している[8]

2002年、保守党から改称した保守新党にそのまま参加。

2003年11月9日第43回衆議院議員総選挙で落選。

2004年3月30日、前年の選挙での公職選挙法違反の疑いで当時の私設秘書3名と共に書類送検された(下記参照)。

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙では再び髷(まげ)を結い直し、自民党の公認と公明党の支援を受けて小選挙区と比例代表区に重複立候補した結果、小選挙区では前職の長安豊に及ばず落選したが、比例近畿ブロックで当選し、国政に復帰した。派閥は二階グループに所属し、自民党副幹事長を務めた。

また、2007年5月9日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日)で、国民投票法案をめぐる自民党衆議院議員・葉梨康弘の国会答弁を恣意(しい)的に編集したとして、訂正放送を求めた。これに対しテレビ朝日側はいったんは「虚偽報道ではない」と反論していたが、14日放送の同番組で、「(報道の)表現が不適切で、視聴者に誤った印象を与えかねないところがあった。おわびします」と謝罪した。

2007年8月29日文部科学副大臣に任命される。

2008年8月から、自民党外交部会長に就任[要出典]

2008年11月、泉佐野市内に貼られていた松浪の選挙用ポスターに落書きをしていた82歳の男を松浪自身が羽交い絞めにして、泉佐野署員に引き渡したと報じられた[9]。男性は6年間、選挙区内で松浪のポスターに差別的な落書きを繰り返していた。

2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙に自民党の公認と公明党の推薦を受けて[10]小選挙区と比例代表区に重複立候補した結果、小選挙区では前職の長安豊に惨敗し、さらに惜敗率も低かったために比例代表区でも落選、議席を失った。

2010年6月26日、毎日新聞の参院選候補者アンケートでは「選択的夫婦別姓制度」に対し「反対」と回答した[11]

2010年7月11日に行われた第22回参議院議員通常選挙に自民党の比例区から出馬するも落選。

2011年6月8日、学校法人日本体育会理事長に就任。

2012年11月、日本体育大学北朝鮮スポーツ交流の団長となり、北朝鮮に渡航[12][13]

2013年11月、再度スポーツ交流団の団長として北朝鮮に渡航。北朝鮮の張成沢国家体育指導委員会委員長らと会談した[14]。張は12月12日死刑となり、松浪は同時期に訪朝したアントニオ猪木と共に、生前に張と公的に接触した最後の日本人の一人となった。張とは2012年にも会談しており、処刑の報を聞いて「温厚なやさしい人だった。日本に好感を持っていただき、お互いスポーツ交流を進めていただけに残念です。今後、張氏に代わる(日朝の交流を進められる)人が出てくるのか。今の時点では全く分かりません」と言った[15]

政策[編集]

教育方針[編集]

体罰[編集]

自著によれば、アフガニスタンのカブール大学で学生を指導する際に、「私はヘタクソな現地語で注意しても効き目のないことを知った時点より、ビシビシ体罰をもってのぞむことにした[16]」「訛りのある私の英語も通じにくいので、イザというここ一番のときは体罰にたよらざるをえない。はずかしい話だけれど[17]」と体罰を用いたことを告白している。

また、この体罰について学生が反発し、自著によれば「ある日、学生たちが直談判にやってきた『先生はすぐにヒステリックになって、学生に手をかけます。これでは囚人と同じ扱いですから改めて欲しいのです』[18]」と抗議を受けたが、「『囚人扱いを受けるのも君たちの経験です。誰が君たちにこの貴重な経験をさせてくれるかねえ、ヒステリーを起こさせるのは君たちの責任だ。私に情熱があって、君たちに情熱がなければ、ヒステリーを起こして当然だろう。だが、講義の時間には私は手を出したことはないはずだ』[18]」と抗議を跳ね除けたとしている。

人物[編集]

不祥事[編集]

秘書給与肩代わり問題[編集]

1997年から1998年の11ヶ月間、暴力団組員が会長として実質的に経営する大阪府貝塚市建設会社に、松浪が私設秘書の給与275万円を肩代わりさせていたとして問題になった[19](しんぶん赤旗、毎日新聞では献金額は250万円となっている)。秘書給与の供与が始まった経緯について、松浪は「応援してほしいと言われ甘えてしまった」、会長は「秘書一人面倒を見てほしいと頼まれた」としている[19]

この問題について松浪は、会長が暴力団関係者とは知らなかったと主張している。しかし、会長が暴力団組員だと認識した後も2ヶ月間給与を肩代わりさせていた事実[19]や、その後も、1998年3月に府営住宅解体工事を巡る談合容疑で会長が逮捕された直後まで、暴力団関係者と認識しながら関係が続いていた事実[19]が判明している。

また、この秘書給与は政治資金規正法上「寄付」として届けなければならないが、松浪は届け出の義務を知りながら、会長との間に公表しないという約束があったので届け出なかったと説明している[20]。更に、秘書給与275万円の他に、この建設会社などの呼びかけで開かれた地元業界団体の当選祝賀会で200万円の寄付を受け取っており、この寄付も秘書給与同様、政治資金収支報告書へ記載していなかった[21]

この問題は大きく報道され、松浪に辞職を求める声が高まった。これに対し、トレードマークの後ろ髪を切り、オールバックにすることで責任を果たした事をアピールしたが、辞職については拒否した。

この問題について、松浪はのちに自身のホームページで「元暴力団員が人間でないかのような報道ぶりは人権問題」「元暴力団員の妻だった人(注・大平光代)が大阪市助役に就任すると賛辞を贈るのに、自分への献金は犯罪行為のように扱う」と怒りをあらわにしている。

  • 松浪は、1997年末頃に知人を通じてこの会長が暴力団関係者だと認識したとしている[19]
  • この会長は、1998年7月まで指定暴力団酒梅組系組員。1998年3月、府営住宅解体工事を巡る談合容疑で逮捕され、有罪となっている[19]

公職選挙法違反[編集]

2003年の衆議院選挙で、選挙区内の有権者に線香を贈ったとして、松浪と私設秘書ら計4人が公職選挙法違反容疑(寄付行為の禁止)で書類送検された[22]

主な所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

  • 学術関係
  • その他
    • 「もっとワルになれ―やりたいこともやれないで男といえるか」ごま書房 1992年10月 ISBN 4341015281
    • 「ワル」は女でデカくなる―男なら、死ぬ気になって女のケツを追ってみろ ごま書房 1992年12月 ISBN 4341015362
    • 「ワル」の行動学―おまえたち、何もできないブタのままで終わっていいのか ごま書房 1993年5月 ISBN 4341015656
    • 「冒険しなけりゃ「ワル」じゃない―人と違った道を歩くのが「ワル」流男の鍛え方だ」 ごま書房 1994年11月 ISBN 4341016393
    • 「松浪健四郎先生のワルの法則―彼女や上役に一目おかれる“強い男”への道標」 ごま書房 1997年2月 ISBN 4341160478
    • 「アフガン褐色の日々」中央公論新社・改版版 2001年5月 ISBN 4122038359
  • 共著
    • 松浪健四郎・荒木祐次著「身体観の研究 美しい身体と健康(新版)」専修大学出版局 1995年7月 ISBN 4881250744

出演[編集]

バラエティ[編集]

ドラマ[編集]

  • あすなろ白書」第1話(1993年10月11日、フジテレビ)大学教授役
    • 松浪の大学での講義風景からドラマが始まる。出番は1分程だったが撮影に丸1日もかかり、監督から続けて出演して欲しいと言われたが断っている。
  • 土曜ワイド劇場温泉 (秘) 大作戦PART6」(2008年8月16日、朝日放送)農夫役・友情出演

映画[編集]

  • 修羅の抗争 極道はクリスチャン(2000年 哀川翔主演・小澤啓一監督 洋服店主役)

CM[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 高校時代には柔道選手であった[2]
  2. ^ 東京オリンピックでレスリング競技の日本選手が活躍する姿をみて、レスリングを始めることを決意した[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c 専修大学社会体育研究所報2011年度版 (2012, pp. 3)
  2. ^ a b c d e f g h 日本体育大学の底力 (2014, pp. 60)
  3. ^ 理事長挨拶”. 学校法人日本体育大学. 2012年6月7日閲覧。
  4. ^ 毎日新聞 2000年11月14日
  5. ^ a b c d e 日本体育大学の底力 (2014, pp. 61)
  6. ^ a b アフガン褐色の日々 (1983, pp. 44)
  7. ^ アフガン褐色の日々 (1983, pp. 45)
  8. ^ 永田町通信 馳浩 連載第6回”. アパグループ. 2009年12月3日閲覧。
  9. ^ 82歳に得意の関節技、松浪議員がポスター落書き男“御用”2008年11月8日、読売新聞
  10. ^ 比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦(2009年7月30日20時25分 読売新聞)
  11. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。
  12. ^ [1]
  13. ^ [2]
  14. ^ (2013/11/06-22:39) - 時事通信社
  15. ^ (2013年12月14日06時03分 スポーツ報知) - 『スポーツ報知
  16. ^ アフガン褐色の日々 (1983, pp. 46)
  17. ^ アフガン褐色の日々 (1983, pp. 48)
  18. ^ a b アフガン褐色の日々 (1983, pp. 49)
  19. ^ a b c d e f 2003.04.15読売新聞朝刊一面
  20. ^ 2003.04.16読売東京朝刊35頁
  21. ^ 2003.04.15読売新聞朝刊39頁
  22. ^ 読売新聞、2004年3月30日

参考文献[編集]

関連項目[編集]

学職
先代:
(新設)
日本体育大学理事長
初代:2012年 -
次代:
(現職)
先代:
塔尾武夫
日本体育会理事長
第8代:2011年 - 2012年
次代:
(廃止)