脇固め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
腕挫腋固から転送)
移動先: 案内検索

脇固め(わきがため、腋固め)は、柔道合気道柔術プロレス総合格闘技などにおける技の一種である。

基本的には肘を極める技であり、寝技立ち関節技で使用される。

合気道において脇固めのほかに肘締め肘極めの名称も使用される。

合気道では第六教(六ヶ条)とも呼ばれる。

柔道では腕挫腋固とも呼ばれる。

掛けかた[編集]

本来は、敵の腕を捕り、スタンドポジション(立った状態)から肘関節を決める戦術だが、武道や格闘技の種類によりさまざまであり、一概に論ずることはできない。

柔道では、相手の右の袖を右手で持って引きつけるなどして相手の背後に廻る。

左手でも右袖の肘部分内側を掴み、相手の腕を一直線にするようにして最終的には両手で相手の手首を極め、力点とする。

自分の脇のあたりを支点として体重をかける。

自分の脇で相手を捉えている、その形から脇固めと呼ばれる。

支点をどこに設定するかによって肩、もしくは肘関節、あるいは、その両方を極めることができる(以上は右腕にかける場合。左腕にかける場合は逆となる)。

プロレスにおいては腕を取りながら倒れこむというパターンが知られている。

この形で入る脇固めは体重が一点にかかりやすく、怪我を誘発するために柔道においては講道館ルール、IJFルールのどちらでも反則技として扱われている。

講道館ルールではかけた時点、IJFルールではかけようとした時点で反則負けとなる[1]

寝技でかける、もしくは立ち関節としてかける場合は反則ではない。

また、寝技等のスタンスでも肩関節に対して極めようとする場合は反則を取られることがある。

プロレスでは藤原喜明が名手として知られておりラリアットをかいくぐっての脇固め、ブレーンバスターをかけられようとするところからの脇固めなど返し技としても用いている(フェイント的に自分からブレーンバスターをしかけて移行することもある)。

海外ではフジワラ・アームバーと呼ばれることもある。

なお、脇固めをかけられたレスラーが前転して技から逃げようとする場合があるが、藤原喜明は、そうして逃げようとするレスラーを「バカな奴」と批判している。

理由は「腕を取られていることに変わりはないので、そのままアームロックに移行されるから」。

近年の格闘技での脇固め[編集]

  • 総合格闘技ではアマチュアは立っての関節技がほとんど禁止されているが、プロでは合法としているケースが多い。
立ち技での関節技は決まりづらいが、かけたまま倒れこむと関節に過度の負担がかかり、重症になるケースがあるため、これを防いでいる。
  • 組み技のみの格闘技ではないが、投げ技が認められているシュートボクシングでは立ち技での関節技、絞め技がプロのみ認められているが、ボクシンググローブを使用するため極まるのは、まれである。
  • 青木真也修斗のデビュー戦(対キース・ウィスニエフスキー戦)でスタンド状態のまま脇固めを極めて対戦相手の腕を破壊して勝利。

主な使用者[編集]

藤原とマードックはプロフェッショナルレスリング藤原組のリングでシングルマッチをしており、脇固めの熾烈な凌ぎあいを見せた名勝負とうたわれている。

派生技[編集]

羽根折り脇固め
うつ伏せに倒れている相手の真横に腰を下ろして両足で相手の片腕を挟み込んだ後、もう片腕を両腕で掴み取りながら極める脇固め。
タイガーマスク(4代目)がリバース・ダブル・アームバーの名称で使用。
獣神サンダー・ライガーがオリジナル技「鬼殺し」の名称で使用。
ジム・ブレイクス・アームバー
変型羽根折り脇固め。うつぶせに倒れている相手の腕をオモプラッタの要領で固定して腰を下ろして空いている相手の手首を自分の両手で掴みながら自分の方へ引き寄せて肩や肘の関節を痛めつける。ザック・セイバー・ジュニアが代表的な使い手。三角絞めの体勢から相手を引き倒して極めるなど入り方は様々あり、相手の負傷箇所によって逆サイドに腰を下ろして腕を極めることもある。
ザックが使用する以前にMIKAMIが開発していてオルフェーヴルの名称で使用。
ラ・ミスティカ
人工衛星ヘッドシザーズの要領で飛び付いた後に身体を旋回させて相手の左腕を空中で脇固めに捕らえながら足のロックを外して、さらに旋回してマットに叩きつけ脇固めに移行する。
主な使い手はカリスティコミスティコ(2代目)
元々の開発者はコマンド・ボリショイであり、メキシコ遠征時にタッグを組んだミスティコ(2代目)が見て覚えて使い始めた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]