マイク・カーシュナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイク・カーシュナー
プロフィール
リングネーム "コーポラル" マイク・カーシュナー
コーポラル・カーシュナー
レザーフェイス(初代)
スーパー・レザー
R・T・レイノルズ
本名 マイケル・ペンゼル
(マイケル・カーシュナー)
ニックネーム 空爆伍長
猟奇殺人犯
身長 190cm
体重 115kg - 125kg
誕生日 1957年9月7日(58歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州の旗 イリノイ州シカゴ[1]
デビュー 1980年
テンプレートを表示

マイク・カーシュナーMike Kirchner、本名:Michael Penzel1957年9月7日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーイリノイ州シカゴ出身[1]

軍人ギミックコーポラル・カーシュナーCpl. Kirchner)および怪奇派覆面レスラーレザーフェイスLeatherface)としての活躍で知られる[2]

来歴[編集]

アメリカ空軍パラシュート部隊を除隊後、1980年R・T・レイノルズR.T. Reynolds)のリングネームNWAフロリダ地区(エディ・グラハム主宰のCWF)にてデビュー[3]1984年よりテレビマッチ要員としてWWFに出場し、ブラックジャック・マリガンバリー・ウインダムマイク・ロトンドなどのメインイベンターのジョバーを務めた[4][5]

1985年下期、前年にWWFを離脱したサージェント・スローターの愛国者キャラクターを引き継ぎ[6]コーポラル・カーシュナーCorporal Kirchner)と改名してコンバット・スタイルの軍人ギミックに変身。11月7日に地元シカゴローズモント・ホライズンで行われたPPVザ・レスリング・クラシック』のワンナイト・トーナメントでは、1回戦でアドリアン・アドニスと対戦した[7]。以降はアイアン・シーク&ニコライ・ボルコフ反米ヒールと抗争を展開、1986年4月7日に開催の『レッスルマニア2』シカゴ大会ではボルコフからピンフォールを奪っている[8]

ロディ・パイパーのインタビューコーナー『パイパーズ・ピット』にも出演し、キングコング・バンディビッグ・ジョン・スタッドカウボーイ・ボブ・オートンマグニフィセント・ムラコとも対戦したが[9][10]、ドラッグ検査に違反してWWFを解雇され、1987年からはカナダカルガリースタンピード・レスリングなどを転戦した[6]1989年6月には新日本プロレスに初来日。1990年3月の再来日ではスコット・ホールと組んで坂口征二の引退試合の相手を務めた(坂口のパートナーは木村健悟[3]

1991年テネシー地区にて映画『悪魔のいけにえ』に登場する殺人鬼と同じネーミングおよびキャラクターのレザーフェイスLeatherface)に再変身し、プエルトリコを経て1992年7月にW★INGプロモーションに来日[11]。劇中のレザーフェイスと同様のマスクを被り、チェーンソーを振りかざして観客を追い回す狂気的な入場パフォーマンスでセンセーショナルな存在となる。同年12月20日には松永光弘を相手に、日本では1978年アントニオ猪木上田馬之助戦以来となる釘板デスマッチを行い、松永を釘板上に転落させて勝利を収めた[11]

その後もW★INGの主力外国人ヒールとなって活躍したが、来日中に傷害事件を起こして6カ月間の禁固刑を科せられる[6]。その間、W★INGの後継団体IWAジャパンではリック・パターソンが2代目のレザーフェイスを名乗っていたことから[12]、復帰後はスーパー・レザーSuper Leather)と改名し、1995年6月よりFMWを主戦場に活動[11]ハヤブサザ・グラジエーターらとハードコア・レスリングを繰り広げ、1996年2月23日には大矢剛功から世界ブラスナックル王座を奪取した[13]

2002年の引退後、2006年10月にWWE.comにて死去が報じられ、日本のインディー団体では追悼セレモニーの10カウントゴングまで鳴らされたが、後に誤報と判明[2]。トラックドライバーに転じて健在であることが明らかになった[2]。この誤報は結果として彼の存在を再びクローズアップさせることとなり、2007年より本業の合間を縫ってインディー団体へのスポット出場を開始。レザーフェイスのギミックを復活させ、ヒップホップデュオインセイン・クラウン・ポッシーが主宰するJCWなどに登場した。

日本にも、2010年1月26日に新木場1stRINGで行われたスーパーFMWの第2弾興行に来襲。ミスター・ポーゴ&ジ・ウィンガーとW★ING軍を結成し、ターザン後藤、大矢剛功、リッキー・フジのFMW軍と対戦した。2カ月後の3月26日には新宿FACEにおけるSMASHの旗揚げ戦『SMASH.1』に参戦し、コーポラル・カーシュナー時代からの得意技であるダイビング・フィスト・ドロップ小路晃に勝利[14]。同年11月22日にJCBホールにて開催の『SMASH.10』にも出場し、キム・ナンプンと組んで女子プロレスラーのリン・バイロンとのハンディキャップ・マッチを行った[14]

得意技[編集]

コーポラル・カーシュナー
レザーフェイス / スーパー・レザー

獲得タイトル[編集]

W★INGプロモーション
FMW

脚注[編集]

  1. ^ a b ギミック上の出身地は、コーポラル・カーシュナーは実際の居住地でもあるノースカロライナ、レザーフェイスおよびスーパー・レザーは映画の設定に合わせテキサスとされていた。
  2. ^ a b c Cpl. Kirchner speaks: "I'm not dead!"”. SLAM! Wrestling (October 21, 2006). 2011年1月19日閲覧。
  3. ^ a b 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P25(2002年、日本スポーツ出版社
  4. ^ WWE Yearly Results 1984”. The History of WWE. 2011年1月19日閲覧。
  5. ^ WWE Yearly Results 1985”. The History of WWE. 2011年1月19日閲覧。
  6. ^ a b c Cpl. Kirchner sets things straight”. SLAM! Wrestling (October 25, 2006). 2011年1月19日閲覧。
  7. ^ The Wrestling Classic Results”. Pro Wrestling History. 2010年1月19日閲覧。
  8. ^ WrestleMania 2 Results”. pWw-Everything Wrestling. 2011年1月19日閲覧。
  9. ^ WWE Yearly Results 1986”. The History of WWE. 2011年1月19日閲覧。
  10. ^ WWE Yearly Results 1987”. The History of WWE. 2011年1月19日閲覧。
  11. ^ a b c 『THE WRESTLER BEST 1000』P235(1996年、日本スポーツ出版社)
  12. ^ Rick Patterson”. Online World of Wrestling. 2011年1月19日閲覧。
  13. ^ World Brass Knuckles Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年1月19日閲覧。
  14. ^ a b SMASH 対戦カード”. SMASH Official Website. 2011年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]