宮本和志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮本 和志
プロフィール
リングネーム 宮本 和志
ザ・グレート・カズシ
カズシ
本名 宮本 和志
ニックネーム ジャパニーズ・ミリオンダラーマン
身長 182cm
体重 115kg
誕生日 (1979-02-22) 1979年2月22日(38歳)
出身地 福島県双葉郡富岡町
所属 和志組
スポーツ歴 相撲
アームレスリング
ボディビル
トレーナー 川田利明
馳浩
ジョニー・スミス
デビュー 2001年8月19日
テンプレートを表示

宮本 和志(みやもと かずし、1979年2月22日 - )は、日本男性プロレスラー福島県双葉郡富岡町出身[1]

所属[編集]

経歴[編集]

地元では不良として鳴らし、高校時代に子分を引き連れてジャイアント馬場の元へ面会に行ったものの、態度をたしなめられ、心を入れ替えてトレーニングに励むようになった。

学生時代は相撲を、プロレスラーになる前はアームレスリングおよびボディビルを行っていた。相撲部では主将を務め福島県100kg未満級で2年連続優勝、アームレスリングでは全日本ジュニア選手権優勝、無差別級「南波杯」でベスト4入り、肉体改造のために始めたボディビルでは全日本クラス選手権で準優勝を果たした。

1997年高校3年の1月に全日本プロレスに入門するがわずか1ヶ月で退団し、後に身体づくりをする。

2001年に全日本プロレス主力選手大量離脱後に初の入門者として再入門する。

2001年8月19日、後楽園ホール興行での対馳浩戦でデビュー。

2003年には本間朋晃タッグチームターメリック・ストームを結成。

2003年12月9日、U-STYLEのリングで越後隆に勝利。

2004年5月にターメリックストームを解散し、無期限のアメリカ海外修行に出された。アメリカでは、ギミックザ・グレート・ムタの息子という設定の「ザ・グレート・カズシ」に扮して各インディ団体を転戦した。海外遠征中にはAPWテレビジョン王座、HIWヘビー級王座、TWEテキサスヘビー級王座の3つのベルトを獲得。

2005年7月には一時帰国並びに全日本プロレスの興行に参戦。上記の王座を合わせて「三冠王者」として注目される。凱旋試合の雷陣明戦では海外で開発したというテキサスシリーズのひとつ、テキサスバスターで5分足らずで勝利。試合後、師匠の川田利明のハッスルでの姿を痛烈に批判、最終戦で一騎討ちが実現。その後アメリカに戻り、同年10月5日にはWWERAWダーク・マッチへ出場も果たした。また、RCW王座決定トーナメントで優勝し自身4つ目のベルトRCW王座を獲得。

2005年11月に全日本プロレスを退団してキングスロードに移籍。同団体のエースとなった。

2006年1月15日、後楽園ホール大会でキングスロード旗揚げ戦を行い、天龍源一郎と対戦。大健闘するも最後は天龍の53歳で敗れた。同年7月1日、北沢大会を最後に活動停止。

以後フリーで活動し、新日本プロレスZERO1-MAXにスポット参戦。

2007年 突如大阪プロレスにてGAINA率いるバッドフォースの刺客のカズシとして参戦。バッドフォースのキャラのままUWAI STATIONにも参戦。マスクド・グランシャリオと対戦し引き分け、月1ペースで自主興行「和志組」を続けザ・グレート・サスケとも対戦する。その際ザ・グレート・カズシのキャラを復活。

2008年5月にプロレスリング・ノアのSEM大会にて太田一平平柳玄藩とシングルで対戦しいずれも勝利。

2008年5月17日 ディファ有明にて丸藤正道とシングルで対戦。コブラクラッチ式三角絞めで敗れた。

2011年3月 およそ5年半ぶりに、古巣・全日本プロレスへ参戦した。

2012年 再び本間が全日本プロレスに参戦したことで、ターメリックストームを再結成。アジアタッグ挑戦を視野にいれる。

2012年10月 直訴していた天龍プロジェクトへ正式入団。

2013年10月 天龍プロジェクト退団。

2014年1月 全日本からWRESTLE-1に主戦場を移す。また、この時から入場時に付き人のスーツの男とボディーガードのムスタファを同伴させ、大量の札束が入ったアタッシュケースを持参するという金持ちキャラに転身し定期的にフリーとして参戦中。またここまでバラモン兄弟とがばいじいちゃんが現金で釣られて宮本の代わりに勝負している。

2014年5月9日 ジャパニーズ・ミリオンダラーマンとなったあと初めて自主興行「和志組」を行う。自身はメインで本間朋晃と対戦する。

2014年11月3日 ユニオンプロレスに参戦。

2015年6月12日 超硬派武闘集団和志組自主興行を開催。

2015年10月26日 いわき市総合体育館にて、東日本大震災復興チャリティープロレスを開催。

2015年11月15日 いわき市長より感謝状授与。

2016年4月20日 の王道にレギュラーメンバーとして参戦。

2016年8月2日 DDT酒場プロレスにて、「カズシスタイナー」として参戦。

2016年8月4日 の王道弘前大会参戦。

2016年11月3日 福島県 楢葉町中学校体育館にて、第二回東日本大震災復興チャリティープロレスを開催。

2016年12月18日 ドイツEWPヨーロピアン・レスリング・プロモーションハノーファー大会にて王者ショーン・ヘルナンデスを破り日本人初のヨーロピアンヘビー級王座となる。

2016年12月27日 後楽園ホールでの金村キンタロー引退興行に参戦し、大谷晋二郎とタッグを組み佐野直と翔太を破り勝者となる。

2017年2月23日 コアのプロレスファンを中心に大きな話題となっているジミー鈴木プロデュースのダイアモンド・スターズ・レスリング新木場1stRING大会にて、ロブ・テリーと日英最強筋肉コンビを結成。セコンドにはロード・ウォリアー・アニマルがついた。新木場大会にて400人近い超満員札止めほ観客が見守る中NWA世界タッグ王座組のアイアン・エンバイア(ロブ・コンウェイ&マット・リビラ)を破り王座を獲得。アニマル&テリーと共に伝説の興行の主役を見事に務め世界への飛躍への第一ステップを踏んだ。

2017年6月 アメリカ遠征にて、NWA首脳人にその試合内容を高く評価されNWA世界ヘビー級王座挑戦権を獲得。

入場曲[編集]

得意技[編集]

ミリオンダラードライバー
相手をゴッチ式パイルドライバーの体制で抱え上げ、前方にうつ伏せに倒れこみながら相手の顔面をフェイスバスターで叩きつける。金持ちキャラになってからの主なフィニッシュ・ホールド
ターメリックボンバー
垂直落下式ブレーンバスター
ムーンサルトプレス
パワーボム
スワントーンボム
若手時代のフィニッシュ。ヘビー級に転向してから使用していない。
テキサスシリーズ
海外遠征中に開発。様々なパターンがある。現在は使用していない。
スタイナーリクライナー

獲得タイトル[編集]

  • TWEテキサス・ヘビー級王座
  • APW TV王座
  • HIWヘビー級王座
  • RCWヘビー級王座
  • WEWタッグ王座
  • ミリオンダラーマンチャンピオンシップ王座
  • EWPヨーロピアンヘビー級王座
  • 第83代NWA世界タッグ王座(パートナーはロブ・テリー)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日号 86-87頁 公園にある「汚染土の山」を見て大ショック「これがある限りは戻れないと思いました」