ジ・ウィンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジ・ウィンガー
ジ・ウィンガーの画像
プロフィール
リングネーム ジ・ウィンガー
岡野 隆史
本名 岡野 隆史
ニックネーム 流浪の堕天使
身長 180cm
体重 90kg
誕生日 (1973-05-05) 1973年5月5日(44歳)
出身地 茨城県つくば市
所属 フリー
デビュー 1992年8月2日
テンプレートを表示

ジ・ウィンガー1973年5月5日 - )は、日本プロレスラー[1]。本名:岡野 隆史(おかの たかし)。

来歴[編集]

1992年8月2日千葉県船橋市船橋オートレース場で開催されたW★INGの大会でプロレスラーとしてのデビューを飾った。そのデビュー戦はタッグの試合で、組んだ相手はジ・アイスマン、その対戦相手はヘッドハンターズであった[2]

やがてW★INGを離脱して1994年にIWA・JAPANのマットにデビュー。それからおおよそ2年間をIWAジャパンに活動したのち、1997年から大日本プロレスに参戦し始めた[1]、その間に数年間だけ素顔・本名でリングに上がっていた。

その後シャドウ・ウィンガーとして、1998年にBJW認定タッグ王座を獲得[3]、99年にはBJW認定ジュニアヘビー級王座を獲得[4]すると、更にその翌年大日本プロレスとの抗争下にあったコンバット・ゾーン・レスリングのタイトルCZW世界ジュニアヘビー級王座を賭けてトレント・アシッドと対戦し、勝利した。[5]

2002年には横浜でBJW認定ジュニアヘビー級王座を再び獲得[4]。やがて大日本プロレスを退団したうえで2005年からフリーへ。2006年よりアパッチプロレス軍、その後プロレスリングFREEDOMSの所属となった[1]。なお古巣の大日本にもスポット参戦の形で出場し続けている。

また2006年に設立されたBRAVES(ブレイヴス)というプロレス団体ではゼネラルマネージャーを務めている[2]

2012年11月23日には新木場1stRingでレスラー生活20周年記念興行『自由人バンザイ』を開催。2014年1月13日には横浜にぎわい座で自身プロデュースの興行を開催する[6]。2014年のKFCタッグ王座戦では以前所属していた大日本のグレート小鹿会長と『チーム省エネ』としてタッグを組み、優勝して初代王座を獲得している。2016年11月17日には自身のデビュー25周年記念大会が行われた。

2017年年頭より、ウインガー本人と連絡が取れず、3月末の契約更改に応じなかったため、FREEDOMSを自由契約となる。

人物[編集]

学習院中・高等科出身[7]。最後に3カウントさえ取れれば、相手を痛めつける必要性はないという頭脳的省エネ殺法は、俗に学習院スタイルと言われる[8]

得意技[編集]

  • オキャノンボム

タイトル歴[編集]

入場曲[編集]

エピソード[編集]

  • マスクは特定のデザインがなく、試合ごとにデザインを変えたものを使用している。ただ試合中にマスクを脱ぐことが稀にあり、その際には過去素顔でリングに上がっていた頃の名前でファンにコールされている。
  • 2013年に大日本プロレスで結成されたユニット『奥羽越列藩同盟』に加わっていたが、スポット参戦のため「4人目」の扱いになっていた。
  • 女子プロレスラーに対しては危ないファイトスタイルで戦い、自身がプロデュースする興行では2012年米山香織2014年豊田真奈美と対戦している。
  • 須山浩継曰く「会場には絶対遅刻をする」と言う。

脚注[編集]